暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

神経系理学療法学Ⅱ(多発性筋炎・皮膚筋炎)

問題数20


No.1

• 骨格筋の炎症性変化を主とする①で② • 主に体幹・四肢近位筋の③がある

No.2

•(  )を伴う時 →皮膚筋炎 • 男女比は( : )で(  )に多い

No.3

• 好発年齢:( ~ )歳代 • 皮膚筋炎は小児にも認められる •(  )、(  )、(  )を合併する場合があり、生命予後に影響する

No.4

• 多発性筋炎の筋線維組織像 (  )となり、 (  )・(  )・(  )がみられる

No.5

• 間質や血管周囲にリンパ球を主とする(  )が認められる • 筋線維の萎縮・破壊に伴い、筋線維の絶対数の減少 と減少、筋線維の萎縮が起こり、運動単位の単収縮で出力される(  ) • 筋電図の(  )

No.6

• 多発性筋炎、皮膚筋炎の病型により治療法、予後は 異なる •(  )分類が比較的使われる • PM,DM,小児のDM,悪性腫瘍を合併する筋炎、他の 膠原病を合併する筋炎、封入体筋炎6つに分類されている

No.7

皮膚筋炎の症状

No.8

3)呼吸器症状 間質性肺炎および呼吸筋力低下による (  ) 4)循環器症状 進行例:心筋炎により(  ) 5)消化器症状 咽頭周囲筋の筋力低下により(  ) 6)動作障害:(  ) 歩行:伸展位が保持できず頚部体幹は屈曲位 起き上がり:頚部、体幹、肩関節周囲の筋力低下により 起こすことが困難

No.9

7)関節症状 多発関節痛・関節炎がみられるが軽症 8)(  )現象 蒼白(青白い) チアノーゼ(皮膚や粘膜が青紫色) 紅潮(赤み)

No.10

9)その他注意すべき症状 (  )と(  ) 特に(  )期!

No.11

1)血液検査 1血中酵素 クレアチンキナーゼ(CK) 乳酸脱水素酵素(LDH) ミオグロビン(Mg) などが増加 →筋細胞内にある酵素(筋原性酵素)で、 →細胞破壊により血中に放出され、 →(  )する 2炎症所見 C反応性蛋白(CRP)、白血球増加、血沈上昇 などの炎症所見 ⇒(  )多い

No.12

ステロイド治療の副作用を7つ答えよ。 なお、答えられたら解答欄に「覚えられた」と入力し、解説を参照せよ。

No.13

1)情報収集時の要点 ・いつ発症し、今は症状の(  )にあるのか、(  )にあるのか確認 ・再燃を繰り返す例では現在までの治療、筋力を中心とした症状の経過について把握する ・治療内容(薬物の種類、投与量)および(  )を確認する ・現在の薬物などの治療によく反応し、今後筋力回復が十分に 望めるのか確認する

No.14

理学療法評価を4つ答えよ。

No.15

・過用性筋力低下を予防 ⇒適切な指標で負荷量設定 ・最も適切な指標は(  ) ・運動療法中、後、翌日に頻回に筋力評価を行い、筋力低下が 持続的に認められる場合は過用性筋力低下が生じている可能 性が高いと考える ・運動療法を行った翌日の(  )や運動後(多くは翌日)にみられる(  )は過負荷の生体反応 ⇒負荷量を下げ、症状の変化を観察

No.16

PM,DMでは(  )が負荷上の指標

No.17

対象者が練習中に(  )のトレーニングを処方する

No.18

開始後1~2日続く疲労感、翌日の強い筋痛、明らかな筋力低下がなければ負荷を漸増し、ある場合は過負荷の可能性があると判断し、負荷量を減少もしくは負荷を中止する。(  )

No.19

筋力増強トレーニング 遠心性収縮や高強度の筋トレは避けるべき (  )の筋トレが原則 筋収縮様式は(  ) 週(  )回実施し、(  )をはさむ

No.20

筋持久力トレーニング 実施項目: (  ) 頻度:週(  )回 1日(  )分

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta