暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

臨床分析化学

臨床分析化学 平常試験

問題数31


No.1

紫外部の測定には重水素放電感が、可視部の測定にはキノセンランプを使用する。

No.2

吸収スペクトルの縦軸は電子遷移が起こる確率、横軸は、その遷移が起こるエネルギーの大きさを示す

No.3

吸収スペクトルが幅広い吸収帯となるのは、分子の電子エネルギー変化に加え、振動エネルギーと回転エネルギーの変化も反映されるから

No.4

光路長を1cm.濃度を1vol%の溶液に換算した時の吸光度を比吸光度という。

No.5

分子の共役系が延長するほど吸収スペクトルは長波長側に移動する。

No.6

通例、波長200-800nmの光が物質により吸収される度合いを測定し、物質の確認、純度の試験および定量などを行う

No.7

吸光度の値は、溶媒の種類に関係なく一定である。

No.8

紫外部の吸光度測定には、石英製セルが用いられる。

No.9

層長1cm.物質濃度1mol/lの溶液に換算した時の吸光度を比吸光度という。

No.10

紫外可視吸光度測定法 定量に際して、必ずしも標準品を必要としない。

No.11

蛍光分光光度計の光源には、通常タングステンランプが用いられ、測定には四面透明の石英製セルが用いられる。

No.12

励起スペクトルは、蛍光波長を固定し、励起光の波長を変化させて試料溶液の蛍光強度を測定することより得られる。

No.13

蛍光強度は溶液の濃度が十分に小さい時、モル吸光係数に反比例する。

No.14

を蛍光強度は相対値であり、測定に用いる装置の励起光強度により強度が異なる。

No.15

蛍光を消失させる作用のある物質を一般的にスカベンジャーと呼ぶ

No.16

蛍光は分子が基底状態から励起状態に遷移する際に観測される

No.17

芳香族化合物でかつ共役系が長く平面性であるものは、蛍光を発するのに理想的である。

No.18

蛍光の波長は励起光の波長より長い

No.19

蛍光光度法より紫外可視測定法の方が感度が高い

No.20

蛍光強度は、一般的に温度が高いほど大きくなる。

No.21

原子吸光度法は、光が原子蒸気層を通過する時、励起状態の原子が特定の波長の光を吸収する現象を、利用し、試料中の元素量を測定する方法である。

No.22

試料原子化法には、フレーム方式、電気加熱方式、冷蒸気方式がある。

No.23

原子スペクトルは、紫外可視吸収スペクトルと同様に連続スペクトルである。

No.24

定量には、絶対検量線法、標準添加法、内標準法が用いられるが、干渉やバックグラウンドの補正はほとんど必要ない

No.25

ICP発光分光分析法では、試料原子が基底状態から励起状態に遷移する際の発光を観察する。

No.26

ICP発光分光分析法では、高周波誘導結合法により得られたアルゴンプラズマ中に試料を導入する。

No.27

原子吸光光度法の光源には、中空陰極ランプが用いられる。

No.28

原子吸光光度計では、抗原の光を回折格子、干渉フィルターなどを用いて分光した後に、原子蒸気層に入射させる

No.29

原子吸光光度法において、銀イオンは冷蒸気方式により原子化される

No.30

原子吸光光度法における分光干渉は、共存元素と被検元素の吸収带が重なることで起こり、プラス誤差の要因となる。

No.31

イオン化干渉は、被検元素の種類によって異なり、マイナス誤差の要因となる。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta