暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

管理会計論_実力養成問題集

問題数8


No.1

部門別計算 部門共通費の配賦基準は、配賦部門に( ①  )であること、配賦すべき費目と配賦基準とが( ② )こと、及び配賦基準の( ③ )であること、の諸点を考慮して決定することが必要である。

No.2

部門別計算 相互配賦法とは、補助部門間相互の用役授受の事実を( ① )、補助部門が他の補助部門へ用役を提供するときは、その補助部門費を、用役を消費する補助部門に対しても配賦( ② )方法である。 相互配賦法のうち要綱の相互配賦法とは第1回目の配賦計算では各補助部門費を相互に配賦( ③ )が、配賦された他の補助部門費を配賦する第2回目には、( ④ )によって製造部門のみに配賦する方法である。

No.3

製品別原価計算 単純個別原価計算は、部門別個別原価計算とすると比較どのような利点、欠点があるのかを述べなさい。 利点 ( ① )。 欠点 ( ② )がなされない。 ( ③ )目的、( ④ )目的に役立ちにくいものとなっている。

No.4

製品別原価計算 原価の( ① )とは、( ② )において把握された原価要素を、( ③ )に分類集計する手続きをいい、原価計算における第二次の集計段階である。 製造部門とは、( ④ )の行われる部門をいい、製品の種類別、製品生成の段階、製造活動の種類別等にしたがって、これを各種の( ⑤ )又は( ⑥ )に分ける。たとえば機械製作工場における鋳造、鍛造、機械加工、組立等の各部門はその例である。 副産物の加工、包装品の製造等を行ういわゆる( ⑦ )は、これを( ⑧ )とする。 製造に関する諸部門は、必要ある場合には、さらに機械設備の種類、作業区分等にしたがって、これを小工程または各作業単位に細分する。

No.5

製品別原価計算 原価計算基準に即して、原価部門を設定する意義を述べなさい。 ( ① )は、( ② )の( ③ )を( ④ )、( ⑤ )に( ⑥ )するとともに、( ⑦ )の計算を( ⑧ )にするために設定される。

No.6

製品別原価計算 個別原価計算において、作業くずは、これを( ① )の場合に準じて評価し、その( ② )の( ③ )から控除する。ただし、必要ある場合には、これを( ④ )の( ⑤ )又は( ⑥ )から控除することができる。 作業くず、仕損品等の処理及び評価は、( ⑦ )に準ずる。

No.7

直接原価計算 直接原価計算の長所を述べなさい。 ( ① )に役立つ。  原価を( ② )と( ③ )に分類することは、( ④ )を編成するための有効な資料を提供する。また、( ② )は( ⑤ )によって管理するという( ① )ができるようになる。つまり、原価の性質に応じて分類するので( ① )の構造に合致した分析が可能となる。 ( ⑥ )に有用な情報を提供することができる。  ( ⑥ )に必要な原価・営業量・利益(CVP)に関する資料が入手しやすく、限界利益(貢献利益)の大小でセグメントの業績評価が可能となる。( ⑦ )に関し有用な情報を提供することができる。 ( ⑦ )に関し有用な情報を提供することができる。  原価が変動費と固定費に分類されるため、( ⑦ )に関する有用な情報である( ⑧ )、( ⑨ )の資料が入手しやすい。

No.8

直接原価計算 全部原価計算と直接原価計算で営業利益が異なるのはなぜか。 全部原価計算では、( ① )が( ② )とされるのに対して、直接原価計算では( ③ )として扱われるため、両者の営業利益は異なることになる。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta