暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学

問題数43


No.1

原因不明のパーキンソン病

No.2

原因が明らかなパーキンソン病

No.3

パーキンソン病とにた症状を現すドパミン神経毒

No.4

血液脳関門を通過し、ドパミン作動せい神経でドパミンとなるパーキンソン病治療薬

No.5

レボドパの副作用で次第に薬効持続時間が短縮し、レボドパ服用時間がたつと効果が消退する現象

No.6

レボドパ服用時間に関係なく症状がよくなったり突然悪くなったりする現象

No.7

レボドパを服用しても効果発現が見られない現象

No.8

レボドパの副作用で、効果発現に時間を要する現象

No.9

パーキンソン病治療薬で、AADCを阻害し、レボドパがドパミンになるのを防ぐ薬

No.10

パーキンソン病治療薬で、COMT阻害薬でレボドパがメチルドパに代謝されるのを防ぐ wearing-on現象改善する

No.11

パーキンソン病治療薬で、D2受容体を直接刺激して、抗パーキンソン病作用を示す

No.12

パーキンソン病治療薬で、ドパミン作動性神経からドパミンの遊離を促進

No.13

MAOBを阻害し、線条体シナプス間隙でのドパミン濃度を高める

No.14

パーキンソン病治療薬で、中枢性抗コリン薬で、筋固縮、振戰に有効性が高い

No.15

パーキンソン病治療薬で、ノルアドレナリンの直接の前駆体で中枢内で、ノルアドレナリンに変換される

No.16

MAOBを阻害することで、脳内のドパミン濃度を保ったり、電位依存性Na,Caチャネルを阻害し、グルタミン酸の放出を阻害するパーキンソン病治療薬

No.17

画像

No.18

画像

No.19

画像

No.20

進行性の知的機能の低下や人格障害を伴う認知症の一種

No.21

パーキンソン病の症状

No.22

アルツハイマー病の発症機構

No.23

アミロイドAβが凝集するのを抑制する抗体

No.24

中枢性アセチルコリンエステラーゼを可逆的に阻害して、アセチルコリン量を増加させ、脳内コリン作動性神経系を賦活する。

No.25

中枢性アセチルコリンエステラーゼを選択的かつ可逆的に阻害して、脳内アセチルコリン量を増加させ、脳内アセチルコリン作動性神経系を賦活する

No.26

中枢性アセチルコリンエステラーゼ及びブチリルコリンエステラーゼ阻害して、脳内アセチルコリン量を増加させ、脳内アセチルコリン作動性神経系を賦活する

No.27

NMDAグルタミン酸受容体に対して、非競合的遮断作用を介して、中等度および高度アルツハイマー型認知症の治療薬

No.28

躁と鬱気分を交互にくりかえす

No.29

鬱気分だけ

No.30

躁気分だけ

No.31

躁病の治療薬で、イノシトール1-リン酸分解酵素を阻害して細胞内イノシトール濃度を低下させる

No.32

三環系抗うつ薬第一世代[3級アミン]

No.33

第一世代抗うつ薬[三環系抗うつ薬]二級アミン

No.34

統合失調症の治療薬で、フェノチアジン骨格を持ち、D2受容体遮断作用を持つ

No.35

統合失調症の治療薬で、ブチロフェノン誘導体の、D2受容体遮断作用を持つ定型抗精神薬

No.36

統合失調症の治療薬で、ベンズアミド誘導体D2遮断作用を持つ定型抗精神薬

No.37

統合失調症の治療薬で、セロトニン・ドパミン受容体遮断作用を持つ非定型抗精神薬

No.38

統合失調症の治療薬で、多言受容体標的化抗精神病薬で、錐体外路障害を起こしにくい非定型抗精神病薬

No.39

治療抵抗性統合失調症に適応がある非定型抗精神病薬

No.40

統合失調症の治療薬で、ドパミン部分刺激薬の非定型抗精神病薬

No.41

統合失調症の陽性症状は ○○○○の増加により発現していると考えられている

No.42

統合失調症の陰性症状の改善には○○○○○作動性神経の関与が考えられている

No.43

脳内のアミントランスポーターを阻害し、シナプス間隙でのNAや5-HTの濃度を高めることにより発現する

No.44

三環形抗うつ薬の特徴

No.45

第二世代抗うつ薬、三環系、NA,5-HT再取り込み阻害作用

No.46

第二世代抗うつ薬、四環系、NA再取り込み阻害作用

No.47

第二世代抗うつ薬、四環系、シナプス前膜α2受容体を遮断し、シナプス間隙でのNA遊離を促進

No.48

第二世代抗うつ薬、非三環系、5-HT再取り込み阻害作用

No.49

セロトニン再取り込みを選択的に阻害する抗うつ薬SSRI

No.50

セロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害する抗うつ薬、SNRI

No.51

ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬

No.52

中等、高度アルツハイマー型認知症の治療薬で、グルタミン酸受容体拮抗薬

No.53

単極性躁病の治療薬で、イノシトール1-リン酸分解酵素を阻害することで、細胞内イノシトール濃度を低下させる

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta