暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

介護保険②

問題数30


No.1

地域支援事業は(      )(         )(         )に分けられる。

No.2

2045年には稼働年齢層(20~64歳)(   )人で一人の後期高齢者を支える社会になると予測されている。

No.3

厚生労働省の推計では2025年には高齢者人口の約(   )割700万人が認知症高齢者になると予測されている

No.4

介護保険制度では利用者が自ら(     )し、直接、居宅サービス事業者や施設と契約する(       )の制度である

No.5

介護保険制度は国民の(      )の理念に基づいた制度であることが、介護保険法第(    )条に明記されている

No.6

介護給付等審査委員会の委員は(      )が委託し、任期は(    )年である

No.7

地域密着型サービス事業者は介護サービス情報を(        )に報告する義務がある

No.8

居宅給付費の公費負担割合は、国が(    )%、都道府県が(     )%、市町村は(      )%である

No.9

第一号被保険者の保険料率は原則として市町村が(     )によって(   )年ごとに設定する

No.10

正常圧水頭症の三大症状は、(        )、すり足で小股に歩く(       )、(      )である

No.11

緊急短期入所受入加算は原則として(    )日を限度とするが、利用者家族の疾病などやむを得ない事情がある場合には(     )日を限度とされる

No.12

看護小規模多機能型居宅介護事業所の登録定員は(    )人以下とする

No.13

ユニット型の施設では、昼間は1つのユニットごとに常時(  )人以上の(      )職員又は、(      )職員を配置しなければならない。

No.14

2025年(令和7年)には団塊世代1947年~1949年に生まれの方が、(   )歳に達する

No.15

65歳以上の者のいる世帯で最も多いのは、(         )、次いで(        )、(          )が多くなっている

No.16

国立社会保障・人口問題研究所の「日本の世帯数の将来推計 (全国推計)」(平成30年推計)よると、世帯主が65歳以上の世帯数は2040(令和22)年まで(     )し続ける

No.17

2019(令和元)年度末における85歳以上の介護保険の被保険者に占める要介護又は要支援と認定された者の割合は、(     )%を超えている

No.18

介護保険法第74条 要介護者・要支援者の人格を(     )するとともに、介護保険法又はそれに基づく命令を(     )し、要介護者・要支援者のため(     )にその職務を遂行しなければならないと規定されている

No.19

介護保険法第115条 介護サービス事業者には、法令遵守等の業務管理体制の整備が(    )付けられていると規定されている

No.20

市町村は、市町村地域福祉計画を策定することについて(     )とされる

No.21

共生型サービスは(          )の実現を趣旨としており、(      )法や(       )法などに位置づけられている

No.22

児童福祉法の障害児通所支援や障害者総合支援法の障害福祉サービスの指定を受けている事業所から訪問介護、通所介護、短期入所生活介護、地域密着型通所介護の指定申請があった場合、指定基準の緩和が図られており、(       )として指定が受けやすい

No.23

都道府県が指定する事業所をすべて選べ

No.24

指定介護老人福祉施設は(      )により指定を受け、指定は施設ごとに受ける。申請者は老人福祉法上の設置認可を得た入所定員(   )人以上であって都道府県の条例で定める数の(         )。

No.25

介護老人保健施設は(      )の指定を受けるもので、許可は施設ごとととなる。いわゆる(     )と呼ばれる施設で、病院での入院治療を終えた高齢者の方が、リハビリによって家庭復帰することを目的とした施設である。入所定員などの変更を行う際にも許可が必要となる。申請者は地方公共団体や医療法人、社会福祉法人などの非営利団体

No.26

地域密着型介護老人福祉施設入居者生活介護にかかる申請については、申請者は(      )上の設置認可を得た入所定員(   )人以下であって市町村の条例で定める数の(         )を指す。

No.27

介護保険制度における住所地特例の適応があるものをすべて選べ

No.28

地域支援事業のうち、包括的支援事業に当たるものをすべて選べ

No.29

地域支援事業のうち、必須ではない業務はどれか

No.30

地域ケア会議は、市町村が設置するよう努める(     )がある。その機能は(       )を通じて、(        )の構築、地域高齢者の自立支援に資する(        )支援、(       )の把握を行う。これらをもとに、地域の(        )や必要な(      )に反映していく。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta