暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経理

問題数13


No.1

普通為替証明書、(1)、(2)は現金勘定で処理される

No.2

減価償却の記帳方法には(1)と(2)がある

No.3

完成工事未収入金の回収可能見積り額は、その期末残高から(1)を差し引いた額である

No.4

固定資産の補習において、当該資産の能率を増進させるような性質の支出は(1)と呼ばれ、現状を回復させるような性質の支出は(2)と呼ばれる

No.5

(1)は、工事毎に発生した原価を集計できるように工夫された帳簿であり、未成工事支出金の補助元帳としての昨日を果たす

No.6

材料の(1)を把握する方法として、(2)と棚卸計算方法がある

No.7

他人振出小切手、(1)、配当金領収証は、現金勘定で処理される

No.8

通貨代用証券には、普通為替証書、送金小切手、(1)、配当金領収証などがある

No.9

材料の(1)を把握する方法として、(2)と棚卸計算法がある

No.10

材料の(1)の決定方法には(2)、移動平均法などがある

No.11

回収不能となった売上債権は簿記上、(1)勘定で処理をする

No.12

当期の収益として既に発生しているがまだ収入となっていないものを未収収益といい、これを追加計上する手続きを(1)という

No.13

未収利息は(1)の勘定に属し、未払い利息は(2)の勘定に属する

No.14

前受利息は(1)の勘定に属し、前払利息は(2)の勘定に属する勘定科目である

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta