暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

簿記の基礎

基本用語など

問題数18


No.1

簿記とは、日々の〇〇を記録する手段のこと。簿記によって最終的な〇〇(もうけ)や〇〇を計算する。

No.2

会社の利益(損失)の状況を明らかにした表を〇〇〇〇〇、 会社の現金や預金、借金などの財産の状況を明らかにした表を〇〇〇〇〇という

No.3

仕訳の時、記入欄の左側を〇〇、右側を〇〇という

No.4

簿記で記録するために必要なのは、用語(〇〇〇〇)と金額。

No.5

勘定科目と金額を使って取引を記録する手段を〇〇という

No.6

仕訳は「〜が増え、〜が減った」のように、一つの〇〇を二つに分けて記入するルールがある

No.7

勘定科目を構成する5つの要素

No.8

仕訳時、資産が増えたら仕訳を〇〇、減ったら〇〇に記入

No.9

現金、預金、土地、建物など、一般的に〇〇といわれるものは、簿記上、資産に分類される

No.10

仕訳時、負債が増えたら〇〇に、減ったら〇〇に記入する

No.11

仕訳時、資本(純資産)が増えたら〇〇、減ったら〇〇に記入

No.12

資本(純資産)=〇〇−〇〇

No.13

仕訳時、収益は増え(発生し)たら〇〇、減っ(なくなっ)たら〇〇に記入

No.14

仕訳時、費用は増え(発生し)たら〇〇、減っ(なくなっ)たら〇〇に記入

No.15

〇〇−〇〇=収益 ※マイナスの場合は損失

No.16

仕訳時、5つの要素のうち増えたら、借方(左)に書くのは〇〇と〇〇、貸方(右)に書くのは〇〇と〇〇と〇〇

No.17

仕訳のルールその3:左側の合計金額と右側の合計金額は必ず〇〇する

No.18

仕訳されたものを、勘定科目ごとにまとめて金額を集計する表を〇〇〇〇という。 また、仕訳からその表に記入することを〇〇という。

No.19

受取手形

No.20

備品減価償却累計額

No.21

未収入金

No.22

差入保証金

No.23

未収収益

No.24

支払手形

No.25

前受金

No.26

借入金

No.27

役員借入金

No.28

手形借入金

No.29

当座借越

No.30

未払金

No.31

仮受金

No.32

未払費用

No.33

前受収益

No.34

未払法人税等

No.35

繰越利益剰余金

No.36

利益準備金

No.37

給料

No.38

支払手数料

No.39

貸倒引当金繰入

No.40

支払家賃

No.41

保険料

No.42

雑損

No.43

固定資産売却損

No.44

受取家賃

No.45

受取地代

No.46

受取手数料

No.47

受取利息

No.48

雑益

No.49

貸倒引当金戻入

No.50

現金過不足

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta