暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

ビジネス会計試験2級

問題数51


No.1

決算短信は、金融商品取引法によって開示が要求されている書類である。

No.2

会社法上、大会社は、損益計算書の公告は不要である。

No.3

非連結子会社は、持分法による会計処理の適用対象とはならない。

No.4

固定資産について、減損損失を認識する場合、固定資産の帳簿価格を正味売却価額まで切り下げる処理を行う。

No.5

投資評価引当金は、負債性引当金の一種である。

No.6

自己株式の貸借対照表価格は、決算日の時価である。

No.7

その他有価証券を売却した際の売却益は、その他資本剰余金に含まれる。

No.8

連結キャッシュ・フロー計算書における現金には、償還期限が1ヶ月以内のコマーシャル・ペーパーが含まれる。

No.9

負債比率が50%の会社の自己資本比率は、50%である。

No.10

利益を計上している場合、損益分岐点比率は、100%以上となる。

No.11

有価証券報告書の記載内容に該当しないものを選びなさい。

No.12

連結貸借対照表に特有のものを選びなさい。

No.13

所有権移転外ファイナンス・リース取引において、リース取引の貸手側に生じる資産の項目は?

No.14

所有権移転ファイナンス・リース取引において、リースの貸手側に生じる資産の項目は?

No.15

資産、負債、収益および費用などの金額に不確実性がある場合に、それらの合理的な金額を算定することを会計上の見積りという。会計上の見積りの変更が行われた場合、( )。なお、会計上の見積りの変更が行われた場合、一定の注記が行われる。

No.16

連結株主資本等変動計算書において、「株主資本の各項目の変動事由」に該当しないものを選びなさい

No.17

金融商品取引法上、連結キャッシュ・フロー計算書を開示する場合、キャッシュ・フロー計算書を開示する必要はない

No.18

連結キャッシュ・フロー計算書の作成において、原則法とは、連結貸借対照表と連結損益計算書をもとにして作成する方法をいう。

No.19

連結キャッシュ・フロー計算書において、営業活動によるキャッシュ・フローの原則的な表示方法は、直接法である。

No.20

現金の当座預金への預入れは、連結キャッシュ・フロー計算書において、投資活動によるキャッシュ・フローの区分に記載される。

No.21

現金及び現金同等物に係る換算差額は、連結キャッシュ・フロー計算書において、財務活動によるキャッシュ・フローの区分に記載される。

No.22

包括利益について説明しているものを選びなさい。

No.23

有価証券報告書を提出しなければならない会社は、計算書類の公告義務はない。

No.24

繰延税金負債は、流動負債または固定負債に分類される。

No.25

損益計算書上で法人税等調整額が減算されている場合、税法上の課税額より会計上の利益にもとづき計算される税額の方が大きいことを示す。

No.26

その他の包括利益累計額は、連結貸借対照表の純資産の部に税効果を適用した後の金額で表示される。

No.27

有形固定資産等明細書には、有形固定資産と無形固定資産のそれぞれについて、資産の種類ごとに、当期首残高、当期増加額、当期減少額、当期末残高、当期償却額および減価償却累計額が記載される。

No.28

借入金等明細書には、借入金の区分ごとに、当期首残高、当期増加額、当期減少額および当期末残高が記載される。

No.29

P社の子会社が議決権の35%を所有する会社は、P社の子会社に該当する。

No.30

P社が取締役会の構成員の過半数を継続して派遣している会社は、P社の子会社に該当する。

No.31

P社が議決権の40%を所有しており、かつ、重要な財務および営業の方針決定を支配する契約が存在する会社は、P社の子会社に該当する。

No.32

P社が議決権の40%を所有しており、かつ、議決権を行使しない株主が10%存在する会社は、P社の子会社に該当する。

No.33

P社が議決権の30%を所有しており、かつ、P社が資金の貸し付けを行っている会社は、P社の子会社に該当する。

No.34

投資その他の資産の項目は?

No.35

株主資本の区分に表示されるのは?

No.36

持分法による投資損益とは、非連結子会社と関連会社の純資産および損益のうち、親会社に帰属する部分の変動に応じて、親会社の投資の金額を毎期修正する方法を適用して生じた損益をいう。

No.37

連結株主資本等変動計算書の株主資本の各項目の金額に影響を及ぼさないものは?

No.38

正味運転資本は?

No.39

ネットキャッシュは?

No.40

当座比率は?

No.41

インタレスト・カバレッジ・レシオは?

No.42

負債比率は?

No.43

自己資本比率は?

No.44

経営資本営業利益率は?

No.45

自己資本当期純利益率(ROE)は?

No.46

無形固定資産に対して、償却は行われない。

No.47

会社を設立するために要した費用は、貸借対照表上、無形固定資産に記載される。

No.48

前受収益は、貸借対照表上、流動負債の区分に記載される。

No.49

総資本経常利益率は、売上高経常利益率と財務レバレッジの2つに分解することができる。

No.50

経営資本は?

No.51

キャッシュ・コンバージョン・サイクルは?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta