暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

18 総合内科

問題数100


No.1

胃の粘膜下腫瘍で頻度の高い疾患3つ答えよ

No.2

胃間葉系腫瘍の鑑別方法を答えよ

No.3

胃GISTは基本的には悪性として扱う

No.4

胃GISTの治療について述べよ

No.5

胃MALTリンパ腫の治療を述べよ

No.6

セツキシマブは上皮成長因子受容体拮抗薬で、上皮由来の癌(結腸癌など)に用いられる

No.7

ラムシルマブは胃がんの2ndline 以降にもちちられる。

No.8

食道静脈瘤に対して、結紮術の方が硬化薬注入療法より利用される

No.9

食道静脈瘤破裂では待てる症例であれば脾静脈塞栓術(IVR)も適応である。

No.10

慢性型偽性腸閉塞は、絞扼などなければ経過観察可能である

No.11

慢性偽性腸閉塞の続発疾患に、強皮症が多い

No.12

アカラシア治療は薬物療法は短時間しか効かないため、内視鏡的バルーン拡張術、外科的治療(Heller筋層切開術+噴門形成術が行われる

No.13

アカラシアは食道がんの合併率が高く5%、内視鏡検査による定期的フォローが必要

No.14

メッケル憩室meckel憩室は10代の小腸出血の原因で最も多い

No.15

meckel憩室は臍腸管遺残によるもので異所性胃粘膜の迷入を伴うことが多い

No.16

meckel憩室は腸管膜対側に存在し、テクネシウムシンチで胃粘膜と同様に取り込まれる

No.17

胃酸分泌作用のある物質は?

No.18

胃酸分泌抑制に働く消化管ホルモンは?

No.19

グレリンは胃から分泌され摂食促進に働くが胃酸分泌には関与しない

No.20

吸虫症の治療は総じてブラジカンテル。

No.21

日本住血吸虫症はミヤイリガイが宿主。経皮感染。

No.22

日本住血吸虫症は慢性期には門脈に虫卵塞栓がおこり肝硬変の原因となる

No.23

B型肝炎抗体陽性、DNA陰性患者に化学療法を行う場合は、B型肝炎再活性化に注意する。リツキシマブ使用の場合は1-3ヶ月ごとに定量検査を行い、終了後も12ヶ月間はHBV-DNAのモニタリングが必要である

No.24

肝硬変患者では握力と、生存率が相関するため、サルコペニアのスクリーニングは必ず行う

No.25

NASH の定義にアルコール摂取量が男性では40g/day未満、女性では20g/day未満がある

No.26

薬剤性肝障害が疑われた場合、原因薬剤を中止し、他に変更可能な薬剤がある場合は変更する。一般に再投与は行わない

No.27

糖尿病はHCCの、リスクである

No.28

肝細胞癌では門脈腫瘍塞栓を伴うものもある

No.29

HCCは肝原発性悪性腫瘍の中で最多

No.30

HCCのうち、HCV感染は60%程度である。

No.31

nonBNonCの肝癌では、進行がんで見つかることが多く腫瘍破裂が初発症状であることも稀ではない

No.32

腸管内ガス大量貯留では腹水穿刺は禁忌である

No.33

進行肝癌例に急性腹症様の症状が見られ、血性腹水が採取された場合は肝癌の腹腔内破裂が強く疑われる

No.34

糖尿病に膵癌を合併すると急激に糖尿病のコントロールが悪化することがある

No.35

イマチニブはCMLの急性転化や胃GISTの治療薬である

No.36

エベロリムスはmTOR阻害薬であり、腎臓移植後の拒絶反応予防、腎癌、乳癌に症される

No.37

印刷業における1,2ジクロロプロパン、ジクロロメタンは胆管癌のリスクとされる

No.38

四塩化炭素は脱脂溶剤、ドライクリーニングの溶剤として使用されていたが、肝障害などを惹起するため使用禁止となった。

No.39

パラジクロルベンゼンはシックハウス症候群の原因となる

No.40

膵管拡張をきたす疾患を3つ答えよ

No.41

膵管内乳頭粘液性腫瘍では通常型膵癌が合併しうるため、膵管狭窄が新に出現した場合は膵癌の精査をする

No.42

インスリノーマで見られる、Whippleの3主徴を答えよ

No.43

インスリノーマの治療は?

No.44

切除不能胆嚢がんの1st lineはゲムシタビン+シスプラチンである

No.45

イリノテカンはトポイソメラーぜ阻害薬で抗悪性腫瘍薬であるが、単独で用いられることはない

No.46

ゲムシタビンが1st lineになるしっかん

No.47

自己免疫性膵炎では膵外病変で涙腺、唾液腺炎を生じる

No.48

自己免疫膵炎では閉塞性黄疸が初発で見つかる症例も多い

No.49

自己免疫性膵炎を見たらIgG4関連疾患の関与を考える

No.50

自己免疫膵炎では口渇感で受信する例も多い

No.51

急性大動脈解離でステントグラフト挿入術を検討するのはStanfordB型解離である

No.52

StanfordA型解離はステントグラフトの適応にならない

No.53

Debeky分類はエントリーが上行大動脈にある場合は1or2型、下行大動脈にある場合は3型となる

No.54

徐脈頻脈症候群で最も頻度が高い頻脈は心房細動である

No.55

無症候性の持続性洞徐脈はペースメーカー治療の適応である。まるかバツか

No.56

Wenckebach2型の房室ブロックは迷走神経過緊張に起因することが多い。まるかバツか

No.57

AFの抗凝固薬適応のためのCHADS2スコアの項目を述べよ

No.58

CHA2DS2-VAScスコアも2010年から提唱されている

No.59

ABCD2スコアはなんのスコアか、項目も述べよ

No.60

well’sスコアは何のスコアか

No.61

左主幹部や多枝病変では左室心内膜側に広範な虚血を生じ、これは12誘導例では広範なST降下とaVR誘導のST上昇として反映される。まるかバツか

No.62

MI 、心電図カンペ
画像

No.63

迅速ACTH付加試験の適応疾患は?

No.64

GHRH負荷試験の適応疾患は?

No.65

先端巨大症の診断基準は?

No.66

インスリン低血糖試験

No.67

デキサメタゾン抑制試験の適応疾患は?

No.68

身長168cmの標準体重を述べよ

No.69

事務職の標準1日摂取カロリーを答えよ

No.70

糖尿病の診断基準は?

No.71

糖尿病の診断に、必要なHbA1cの基準は?

No.72

目の所見がでてくる代謝疾患は?

No.73

FH ヘテロ接合体の診断基準は?

No.74

FHホモ接合体の診断にLDL-Cは含まれない

No.75

OGTTでの糖尿病の診断基準は?

No.76

妊娠糖尿病の概念を述べよ

No.77

妊娠糖尿病の診断基準は?

No.78

妊娠糖尿病の初期対応を述べよ

No.79

膜性増殖性糸球体腎炎ではIFでC3の、沈着が強く、低補体血症を呈する

No.80

膜性増殖性糸球体腎炎ではHAV感染によるものが多い

No.81

補体が低下する腎炎疾患は?

No.82

PDKのトルバプタン(バソプレシンV2受容体拮抗薬)の治療適応を述べよ

No.83

発症したら悪性腫瘍検索が必要な全身疾患

No.84

IgG4関連疾患の概念を述べよ

No.85

IgG4の腎病変の表現型は?

No.86

IgG4関連疾患の包括診断基準は?

No.87

医療介護関連肺炎の定義を述べよ

No.88

ΔHCO3を求める理由を述べよ

No.89

嚥下機能障害のスクリーニング検査の方法は?

No.90

回復期リハビリテーション病棟への入院要件として定められているのは?

No.91

日常生活動作の尺度として使われるBarthel Indexの10項目を答えよ

No.92

Cornett徴候について述べよ

No.93

腸腰筋徴候とはどのような徴候か述べよ

No.94

閉鎖筋徴候とはどのような徴候か。述べよ。

No.95

腹壁前皮神経絞扼症候群の治療を述べよ

No.96

Centorスコアの項目、6つ述べよ

No.97

伝染性単核球症の原因を5つ述べよ

No.98

伝染性単核症の3大主徴を述べよ

No.99

EBウイルスが関連する疾患3つ答えよ

No.100

SBARとは

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta