暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営学

問題数37


No.1

最適資本構成において、資本関係とは無関係に存在し、営業利益の変動、つまり事業活動が本来有しているリスクは?

No.2

最適資本構成において、資本構成割合の変化によって発生し、負債利用の増大に伴って株主が追加的に負担するリスクは?

No.3

1963年、従来のMM理論の批判を受け法人税等の税金が存在すると主張する修正MM理論において、負債コストは税法上、損金として扱われることにより発生する効果を何というか?

No.4

ポートフォリオ理論において、複数の証券を組み合わせた時、ポートフォリオのリスクが各証券のリスクの加重平均値よりも小さくなる効果を何というか。

No.5

ポートフォリオ理論において、危険資産が2つの場合、投資家が実際に選択可能なリスクとリターンの集合を何というか。

No.6

ポートフォリオ理論において、危険資産が3つ以上の場合、投資機会集合の別名を何というか。

No.7

ポートフォリオ理論において、危険資産が3つ以上の場合、投資機会集合の中で、同一のリターンで最小のリスクとなり、同一のリスクで最大のリターンとなるリスク回避的投資家が選択可能な投資機会集合を何というか。

No.8

ポートフォリオ理論において、危険資産が3つ以上の場合、投資機会集合の中で最もリスクが小さいポートフォリオを何というか。

No.9

ポートフォリオ理論において、危険資産が3つ以上の場合、投資機会集合の中で、同一のリターンのうち、最も小さいポートフォリオの集合を何というか。

No.10

証券投資論において、投資家に同じ期待効用(満足度)を与えてくれるリスクとリターンの組み合わせの軌跡を何というか。

No.11

証券投資において、投資家の行動を考慮する際、リターンが同じ投資先においてはリスクが小さい投資先を選択し、リスクが同じ投資先においてはリターンが大きい投資先を選択する投資家を何というか。

No.12

リスク回避的投資家にとって選択可能なポートフォリオである、効率的フロンティアにおいて、最大の期待効用(満足度)が得られるポートフォリオを何というか。

No.13

安全資産と危険資産のポートフォリオの場合、ポートフォリオに含まれる資産の投資割合の決定について、危険資産のみのポートフォリオにおける投資割合の決定と安全資産と接点ポートフォリオの投資割合の決定は互いに独立して行われると提唱された定理を何というか。

No.14

投資家が多数集まり、資本市場が形成される場合の最適ポートフォリオの決定において、需要と供給が、ある価格水準において等しくなるという考え方を何というか。

No.15

市場の均衡を前提として、資本市場におけるすべての危険資産が含まれ、個々の危険資産は、市場全体に占める時価総額の割合で組み込まれるポートフォリオを何というか。

No.16

資本市場における、すべての投資家に共通するリスクとリターンを示す、安全資産と市場ポートフォリオを結ぶ直線を何というか。

No.17

資本市場を構成する個々の証券のリスクとリターンの関係性において、分散投資によって消去できず、全ての銘柄に共通する経済的要因に起因する個別証券のリスクを何というか。

No.18

資本市場を構成する個々の証券のリスクとリターンの関係性において、分散投資によって消去することができ、個々の銘柄に固有の要因に起因する個別証券のリスクを何というか。

No.19

均衡理論において、市場の均衡を前提とした、個別の危険資産のリターンをリスク指標たるベータとの関係で示す直線を何というか。

No.20

CAPMにおける市場ポートフォリオにおいて使用される東京証券取引所のプライム市場に上場する株式の中から、日本経済新聞社が選んだ我が国を代表する企業の225銘柄から計算される株価を何というか。

No.21

次のうち、全ての銘柄に共通する経済的要因に起因し、十分な分散投資を行なっても消去することができない個別証券のリスクをすべて答えなさい。

No.22

最適資本構成において、依頼人(プリンシパル)が自己の利益の最大化を図るために、専門家である代理人(エージェント)に業務を依頼し、業務の効率化を図る関係を何というか。

No.23

最適資本構成において、依頼人(プリンシパル)が自己の利益の最大化を図るために、専門家である代理人(エージェント)に業務を依頼する際、代理人が依頼人の利益を犠牲にして、自己の利益を追求する問題を何というか。【カタカナで】

No.24

最適資本構成において、依頼人(プリンシパル)が自己の利益の最大化を図るために、専門家である代理人(エージェント)に業務を依頼する際、エージェンシー問題を解決するために発生するコストのうち依頼人(プリンシパル)が情報の非対称性を解消するために、代理人の行動を監視するために生じるコストを何というか。

No.25

最適資本構成において、依頼人(プリンシパル)が自己の利益の最大化を図るために、専門家である代理人(エージェント)に業務を依頼する際、代理人(エージェント)が依頼人から不信を抱かれないように、自らの行動を保証するために生じるコストを何というか。

No.26

最適資本構成において、依頼人(プリンシパル)が自己の利益の最大化を図るために、専門家である代理人(エージェント)に業務を依頼する際、依頼人が代理人の行動を監視し、代理人が自らの行動を保証するために生じるコストをもってしてもなお企業価値が減少する損失を何というか。

No.27

最適資本構成において、マイヤーズによって提唱され情報の非対称性を前提とした資金調達における選好順序を何というか。

No.28

内部情報を保有し、企業の将来の見通しにおいて外部の投資家よりも情報優位にある企業の経営者が、情報の非対称性によって経営者の意思決定の選択を断念せざるをえ得ないことによることを何というか。【カタカナで】

No.29

ペッキング・オーダー仮説において、情報の非対称性から生じる問題を考慮して資金調達の優先順位を考える際、優先順位の高い資金調達を答えなさい。

No.30

債券投資論において、短期金利と長期金利の関係における金利の期間構造を考慮する際、債券の残存期間とスポットレート(割引債の複利最終利回り)との関係を示す曲線を何というか。

No.31

金利の期間構造の決定要因において、将来の金利は投資家がどのように予想するかでイールド・カーブの形状は決まるとする仮説を何というか。

No.32

金利の期間構造の決定要因において、満期までの期間が長い債券は、換金が難しくなる流動性リスクが高くなり、リスクに見合った分だけ利回りが高くないと投資家が投資をしないとする仮説を何というか。

No.33

金利の期間構造の決定要因において、債券市場は短期と長期の2つに分かれており、短期金利と長期金利のそれぞれの市場の資金需給によって決まるとする仮説を何というか。

No.34

修正デュレーションを用いた債券価格の変化の計算は、利回りが大きく変化した場合、実際の債券価格の変化との間に誤差が大きくなる問題があり、その補正のための指標を何というか。

No.35

債券ポートフォリオの投資期間をマコーレ・デュレーションと一致させるように調整し、その投資成果をほぼ確定させる債券投資戦略を何というか。

No.36

マルチファクターモデルを具体化した理論は何ですか?

No.37

裁定価格理論を提唱した人物は誰ですか?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta