暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬物治療学

問題数78


No.1

正確度の管理法はどれか

No.2

パラメトリック法での基準範囲

No.3

アスコルビン酸によって低値化することのある尿試験紙項目

No.4

尿試験紙法で潜血反応(2+)、かつ、沈査で赤血球1-4/HPFを呈するもの2つ

No.5

尿沈渣に見られる病的成分

No.6

尿中成分と疾患・病態の組み合わせとして誤っているもの

No.7

免疫学的便潜血検査で正しいもの

No.8

結核菌を検出するのに最も適切なもの2つはどれか

No.9

イムノクロマトグラフィによるインフルエンザウイルス検査用材料

No.10

喀痰のGram染色標本の鏡検所見で、培養検査の検体として適していると考えられるもの

No.11

正しい組み合わせ2つ

No.12

eGFRの計算式で用いられるパラメーター

No.13

成人ネフローゼ症候群の診断基準項目

No.14

慢性腎不全の末期に見られる所見

No.15

尿細管でほとんど再吸収されないのはどれか

No.16

腎糸球体障害の指標となる検査項目2つ

No.17

疾患と有用な酵素変動との組み合わせで誤っているもの

No.18

血清LD高値が500U/Lの検体でLDアイソザイム分析を行ったらLD5が優位となった

No.19

酵素の分類の組み合わせで正しいもの

No.20

ICG試験の15分停滞率が40%であった

No.21

肝硬変の原因で最も多い

No.22

閉塞性黄疸でみられる検査所見2つ

No.23

急性炎症型の血清タンパク電気泳動像の特徴に関与するもの2つ

No.24

高コレステロール血症をきたすもの2つ

No.25

基準範囲内にあるもの

No.26

メタボリックシンドロームの診断基準項目ではないもの

No.27

二次性の脂質異常症をきたす疾患

No.28

インスリンで正しいもの

No.29

HPLC法によりHbA1cが血糖値の予測より低値を示した。考えられる症例2つ

No.30

甲状腺刺激ホルモンが高値

No.31

正しい組み合わせ

No.32

橋本病とバセドウ病に共通しているもの

No.33

検査結果と解釈の組み合わせとして正しい

No.34

自己免疫疾患と自己抗体の組み合わせ

No.35

リウマトイド因子で正しいもの2つ

No.36

26歳の女性、3度の流産、下肢に深部静脈血栓、有用な検査2つ

No.37

腫瘍マーカーと癌の組み合わせ

No.38

臓器特異性の高い腫瘍マーカー2つ

No.39

婦人科悪性腫瘍について誤っているもの

No.40

PCR法で使用しないもの

No.41

がん抑制遺伝子

No.42

トラスツズマブの適応判定のために使用される免疫組織化学染色用の抗体

No.43

一次止血に重要な役割を果たすもの2つ

No.44

凝固因子やその検査

No.45

凝固・線溶検査に関する記載のうち誤っているもの

No.46

凝固因子以上に関する記載のうち、誤っているもの

No.47

フィブリノーゲンが減少する疾患

No.48

FDPやDダイマーに関する記載のうち正しいもの2つ

No.49

末梢血

No.50

赤血球

No.51

赤沈亢進およびCRP上昇の両方をきたす病態2つ

No.52

白血球

No.53

白血球数が増加するもの

No.54

骨髄検査

No.55

血清蛋白質分画で最も陰極に移動されるもの

No.56

炎症で血中濃度が増加する

No.57

糖尿病患者の血糖管理

No.58

血中でP型アミラーゼが上昇するもの

No.59

LCATにより生じる変化

No.60

食事中の脂質から合成されるリポ蛋白

No.61

脂肪酸およびアポリポ蛋白

No.62

血清LDが優位に上昇するもの

No.63

血清酵素

No.64

自己免疫疾患と自己抗体の組み合わせで誤っているもの

No.65

抗核抗体検査で誤っているもの

No.66

検査結果と解釈の組み合わせ

No.67

腫瘍マーカーの説明のうち誤っているもの

No.68

カリウムについて誤っているもの

No.69

代謝性アシドーシスについて誤っているもの

No.70

心筋梗塞で最も早期に増加する

No.71

血液成分に関する記述のうち正しいもの2つ

No.72

心電図
画像

No.73

心電図
画像

No.74

心電図
画像

No.75

心電図
画像

No.76

Na利尿ペプチドは心房で産生される

No.77

血小板の基準値

No.78

血清鉄基準値

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta