暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営学

問題数20


No.1

経営戦略に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.2

経営戦略に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.3

経営戦略論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.4

経営戦略論に関する記述として、妥当なのはどれか。

No.5

M&Aに関する次の記述のうち、妥当なのはどれか

No.6

製品ライフサイクルに関する次の記述のうち、妥当なのはどれか

No.7

企業の競争戦略に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.8

経営戦略に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.9

企業の戦略に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.10

動機付け理論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.11

動機づけ理論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.12

動機づけ理論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.13

経営組織論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.14

組織行動に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか

No.15

意思決定論に関するア~エの記述のうち、妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。 ア H.A.サイモンは、人間は意思決定を行う際に、完全情報・完全知識の下で完全合理的な行動ができるものではなく、限られた情報や知識の下で合理的に行動するものであるとした。こうした人間観を「経営人」と呼んだ。 イ J.G.マーチ、J.P.オルセンらは現実の組織的意思決定を分析する枠組みとして、ゴミ箱モデルを提唱した。現実の意思決定状況は、①あやふやな選好、②不明確な技術、③流動的な参加という三つの特徴があると指摘し、意思決定は、選択機会と問題・解・意思決定者が偶然のタイミングで結びついて行われるものであるとした。 ウ H.I.アンゾフは、企業において行われる意思決定のうち、経営トップ層が担当する企業の長期的な成長と発展に関わる意思決定を管理的意思決定、経営ミドル層が担当する戦術を組み立てる意思決定を戦略的意思決定とした。 エ C.I.バーナードは、組織を「意識的に調整された人間の活動ないし諸力のシステム」と捉え、こうした組織が成立する条件として、「共通の目的」「コミュニケーション」「統制」「有効性」の4点を挙げた。また、組織が存続する条件として、目的の達成のための自発的な「協働意欲」と個人的貢献を引き出すのに足りるだけの誘因を提供する能力を表す「能率」の充足を挙げた。

No.16

経営管理に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.17

経営組織に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.18

コンティンジェンシー理論に関するA~Cの記述のうち、妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか A コンティンジェンシー理論では、あらゆる環境に対して唯一最善の組織は存在しないという立場をとり、環境条件が異なる場合には有効な組織も異なると考えた。また、組織の有効性は、技術や市場などの環境条件との適合性に依存するという条件性を明確にした。 B C.アージリスは、リーダーシップのスタイルを参加型、指示型、自由放任型に類型化し、高い業績をあげている工場では自由放任型のスタイルをとるリーダーの比率が高く、高い業績をあげている研究所では支持方のスタイルを取るリーダーの比率が高いとして、職場における仕事の性質によって望ましい最適なリーダーシップのスタイルが異なることを明らかにした。 C P.ローレンスとJ.ローシュは組織における「分化と統合」と環境適応の関係を分析した。分析の結果、変化が激しい不確実な環境で事業を行っている企業は部門間の分化の程度が低く、統合の程度が高いのに対し、変化が少ない安定的な環境で事業を行っている企業は部門間の分化の程度が高く、統合の程度は低いことなどを明らかにされた。

No.19

リーダーシップ論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

No.20

リーダーシップ論に関する次の記述のうち、妥当なのはどれか。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta