暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

福祉サービスの組織と経営1

問題数11


No.1

我が国の社会福祉制度は、社会福祉基礎構造改革によって市場原理が取り入れられ、企業やNPO法人が福祉サービスに参入しサービス供給主体が増加していった。

No.2

社会福祉法人はその経営する社会福祉事業に支障のない限りにおいて、「公共事業」は行えるが、駐車場経営などの「収益事業」は行えない。

No.3

法令・規則を守るという法令遵守だけを尊重すれば、コンプライアンスに従っているといえる。

No.4

「利用者への影響が大きいため、経営安定を通じた利用者の保護の必要性が高い授業(主として入所施設サービス)」については第1種社会福祉事業と位置付けられ、経営者、行政および社会福祉法人(一部医療法人)が原則となっている。

No.5

社会福祉法人は公的な資金を手の財源として運営されており、かつ優遇税制もなされているため、これに対する役割を果たしているか(=イコールフィッティング)が問われる。

No.6

へき地医療や救急医療などを担うことが要件となっている社会医療法人は、全ての事業に対し、法人税は課税される。

No.7

SWOT分析では、自組織の課題を、内部環境と外部環境の軸と、有利な点と不利な点を軸に分類し、内部環境の有利な点を「強み」、不利な点を「弱み」、外部環境に有利な点を「機会」、不利な点を「脅威」として分類する。

No.8

ドメインとは、事業活動を行う領域のことで、顧客軸、機能軸、サービス軸の三つの軸に基づいて設定される。

No.9

事業計画の策定にあたっては、現状を分析することから始めることが必要である。その際、経営実現に必要な経営資源など内部環境の分析は重要であるが、外部環境(地域の実情、家族、ボランティア、行政などからの現状把握)の分析は必要ではない。

No.10

ベンチマーク分析とは、自組織において過去と現在の水準を様々な項目について主観的に比較することを通じての課題を明確にする手法である。

No.11

PDCAサイクルの考え方は生産ラインで開発された概念であるため、福祉サービスにおける業務改善には適用できない。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta