暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

看護方法論

問題数10


No.1

主観的情報はO情報という

No.2

コミュニケーションやカルテから情報収集するのは、検査データなどのO情報のみである

No.3

情報収集する時には、必ずS情報とO 情報の両方を収集して分析する必要がある

No.4

カルテに書いてあることは正しいのでカルテに書いてある情報については患者さんと話して確認しなくても良い

No.5

情報を解釈するという意味は、情報を収集したあと、その情報が患者さんの病態生理や疾患過程にあっているのかを確認して意味づけすることである

No.6

痛みのアセスメントをする場合は、患者に痛みの有無を聞くだけで良い

No.7

患者のバイタルサインを測定することは、血圧、脈拍、体温、SpO2を測定することである

No.8

患者の状態を観察するという意味は、バイタルサイン測定をするという意味である

No.9

患者のS情報とO情報を収集し、その意味を解釈し、分析することをアセスメントという

No.10

50代男性、バスの運転手。健康診断でRBCの値が低く、精密検査のために受信した患者を、受け持つことになった。バイタルサイン値は、T=36.7℃、P=110、R=24、BP=110/68、担当した看護学生としてあなたはどうしますか? 適切なもの全てを選択してください

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta