暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

情報セキュリティ③

小テスト勉強用

問題数26


No.1

情報セキュリティの3要素を全て選べ

No.2

資源にアクセスできる権限のあるものだけがアクセスでき、それ以外のものには公開されないこと

No.3

資源の正確さを維持すること。破壊、改ざん、消去されていない状態を確保すること。

No.4

アクセス権限のある者が要求した時には、いつでもその資産にアクセスできること。

No.5

動作の主体や資産が、そのものであることを確実にすること。 なりすまし防止

No.6

責任の所在を追求することが可能となっていること。

No.7

行った処理について後から否認されないようにすること。

No.8

意図した動作と結果が一致すること。

No.9

資産の機密性・可用性などを脅かす存在、脆弱性を利用してリスクを現実化させる手段

No.10

資産が持つ弱み、弱点

No.11

脅威が現れ、脆弱性が攻撃されることにより発生する事象

No.12

脅威が現れ、脆弱性が攻撃されることにより発生する事象

No.13

正しいパスワードを持つ利用者のみが利用出来る。

No.14

管理者のみにファイルやデータベースの操作権限を与える

No.15

通信データを暗号化し、盗聴されないようにする。

No.16

電子署名によってデータの改ざんが行われていないことを保証する

No.17

誤り訂正符号で信頼性確保

No.18

ウイルス対策ソフトをインストールしてウイルスによる破壊・改ざん・消去を予防する

No.19

適切な処理時間で認証・暗号化などを可能にする

No.20

障害が発生した時でも稼働可能なシステムを構築する

No.21

認証局の電子証明書により、なりすましが行われていないことを保証する

No.22

生体認証技術を導入して、対象が本人であることを認証する

No.23

ログを保存することで処理を行った主体・日時などを明確にしておく

No.24

電子署名によって、送信者がメッセージの作成を否認できないようにする

No.25

利用者の認証についてログを採取し、行った処理について、後から否認されないようにする

No.26

文書にタイムスタンプを付け、作成日付について、後で否認されないようにする

No.27

システムを冗長化し、誤り訂正機能を持たせる

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta