暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

秘書検定

問題数100


No.1

貸金を年齢、勤続年数で決め、役職なども年功に応じて決められるという人事制度

No.2

一度就職したらよほどのことがない限り、定年まで雇用を保証するという慣行

No.3

企業が従業員に社宅を提供したり、社員食堂や保育施設、診療施設を整備するなど、共同体的結び付きの意識が強いこと

No.4

会社全体を管理する最高管理機能(会長、社長、副社長、専務、常務など)

No.5

中間管理層(部長、課長、支店長、工場長など)

No.6

現場管理者層(係長、主任など)

No.7

製造部や仕入部、営業部など企業の収益に直接つながっている部門

No.8

経理部や総務部などライン部門を支援する部門

No.9

一定期間における従業員の業務遂行の程度や能力、功績などを分析・評価し、一定の基準で査定すること。一定期間ごとに再評価する。

No.10

従業員自身がこれまでの職務に関する満足度を述べるほか、資格取得など今後の能力開発に関する意欲や希望職種、勤務地など人事異動等に関する能を会社に申告する制度

No.11

雇用関係は会社に籍を置いたままで、子会社などの関連会社に長期間勤務すること。業務指揮命令は移動先に移る。

No.12

No.13

総務部員が人事部員に転任するなど、役職などが変化しないままの人事異動(ジョブローテーションが目的)

No.14

今より高い地位に転任すること(地方の支店長→重要な中央の支店長も)

No.15

職務給を決める際に、会社内の各職務を重要度、困難度、責任の度合いなどに応じて評価し、序列化すること。

No.16

職場内での具体的な仕事を通して従業員の訓練を行うこと

No.17

研修所など職場外で行う訓練のこと

No.18

従業員に計画的に各種分野の職務を経験させ、能力開発をする人材育成法のこと

No.19

人間が行動を起こすときの動機、意欲を引き出す動機付けのことで、組織の中では特に仕事への意欲のこと

No.20

従業員の労働意欲や土気のこと(集団)

No.21

2ヶ月に1回発行される刊行物

No.22

定期刊行物の発行済みの号のこと

No.23

雑誌などの半年分や1年分の目次を集めたもの

No.24

売り切れた後、印刷・販売をしていない刊行物

No.25

雑誌など定期刊行物の発行を開始すること

No.26

1月の時候

No.27

2月の時候

No.28

3月の時候

No.29

4月の時候

No.30

5月の時候

No.31

6月の時候

No.32

7月の時候

No.33

8月の時候

No.34

9月の時候

No.35

10月の時候

No.36

11月の時候

No.37

12月の時候

No.38

個人では転任や就任を知らせるとき、会社では新規開店や営業所移転などを通知するときに出す文書

No.39

個人では栄転や昇進に対して、会社では新規開店や新社屋落成などに対して、祝意を表するための文書

No.40

新製品展示発表会や式典、パーティーなどに招待する際に出す文書(「招待」の場合の費用は全て主催者持ち)

No.41

式典、パーティーなどの開催を知らせるときに出す文書(会費制とする場合は「案内状」として出す)

No.42

火災や震災にあったり、けがや病気で入院したときなどに、相手の安否を気遣って出す文書(「署中見舞い」や「寒中見舞い」も見舞状の一種)

No.43

相手の厚意に対して感謝の意を示すための文書

No.44

人の死を惜しんで慰めの言葉を述べる文書

No.45

知人などを、自分がよく知っている人に紹介するときに書く文書。通常、権限のある人が書き、秘書は代筆する。上司が自分より目下の人宛てに紹介する場合は、名刺に紹介文を書き、押印して紹介を依頼してきた人に渡す場合もある。上司が目上の人宛てに書く場合は、簡略化せず体裁を整えて丁寧に書き、封をしないで渡すのが一般的。 紹介状を書いた後は、電話で相手先にそのことを告げてお願いしておくのが礼儀。

No.46

互いに約束などをしたときに、後で反故にされたりしないように、念のため証拠として作成しておく文書

No.47

何かを始めようとするときの考えや目的を記した文書

No.48

決裁や承認を仰ぐための文書

No.49

出張した成果や経過などを報告する

No.50

調査したこと事実関係や明らかになったことを報告する

No.51

研修を受けて習得したことを報告

No.52

研修を実施した成果を報告

No.53

定期的な報告書

No.54

経営幹部が、関係する社員に命令や指示を伝えるための文書

No.55

「お知らせ」や「案内」など情報を伝えるための文書。研修会の参加を呼び掛けたり、健康診断の案内をするときなどの文書。社員の便宜を図るためのもので、強制力なし

No.56

自分や部下に重大な過失があったとき辞職すべきかどうか伺う文書

No.57

関係部署に順次回していく文書

No.58

上役に事実や意見を申し述べる文書

No.59

自分や部下が処した過失などに対して謝罪する文書

No.60

会議を開催するときなど、相手に必要な情報を伝えるための文書。営業所の移転や人事異動、機構改革などのときにも出す。

No.61

不明点や疑問点を問い合わせるための文書。在庫の問い合わせや商品についての問い合わせなどがある。

No.62

入金や納品などを催促する文書

No.63

贅成反対が同数のときは、議長の決定投票によって可否を決定

No.64

議事進行で予定されている議案以外に、議題を出すこと。またその議題のこと。

No.65

上級者や組織が,下級者や組織、あるいは学識経験者などに意見を求めること

No.66

諮問に対して答えること

No.67

全体会議の下に設定された専門分野ごとの小さな会議体のこと

No.68

一度会議で決定したことは、その会議の期間中に再度会議にかけて議論することはないという原則

No.69

会議に出席を許されていて発言することはできるが、会議の正規のメンバーではないために議決権を有していない人(座る位置は会場の後方)

No.70

局外者・部外者

No.71

評価・査定

No.72

能力・技量

No.73

主導権

No.74

現状を変革し新しくすること

No.75

権威・権威者

No.76

申し込み・申し入れ

No.77

政策などの基本指針

No.78

資本利得・株などの値上がりで得た利益

No.79

品質・性質・品位

No.80

縁故・連絡・接続

No.81

企業の経営や管理について診断や指導をする専門家

No.82

政府や団体の意見などを報道関係に発表する担当者

No.83

販売業者、卸・小売業者

No.84

勢力圏・分野・領域

No.85

交渉・商議

No.86

個性・人柄

No.87

柔軟性があるさま

No.88

新規事業・革新的な新事業を展開する企業

No.89

保留

No.90

欠陥のある製品を生産者が回収し、無料で修理すること

No.91

特許権、著作権などの使用料・忠誠心

No.92

葬儀に参列する人のこと

No.93

死去した人の翌年の命日やそのときに執り行う法事のこと

No.94

死後7日目のこと、またはそのときに執り行う法事のこと

No.95

死者を葬る前に、家族や親戚など親しい人が一晩過ごして死者を見守ること。

No.96

死者が葬られる前に、故人と関係があった人たちが集まって最後の別れをする儀式

No.97

人の死を悲しむ気持ちを表現するために着ける黒いリボンや布

No.98

遺族を訪問して悔やみを言うこと

No.99

故人を惜しんで葬儀のときに述べる悔やみの言葉

No.100

喪に服すること(死者の親族がある一定期間、公的な交際を避けたり派手な振る舞いを慎むこと)

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta