暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学

問題数50


No.1

「病傷の原因そのものを治すための治療」を表す記述

No.2

医薬品の有用性はAとBのバランスで評価される

No.3

セルフメディケーションとは「自分自身のaに責任を持ち軽度な身体のbは自分で手当すること」と定義されている

No.4

次のうち処方箋なしでも購入出来るものはどれか

No.5

次の説明で誤っているのはどれか

No.6

毒薬の表示に関して正しいのはどれか

No.7

次の説明で正しいのはどれか

No.8

副作用の意味はどれか

No.9

お薬手帳の目的で正しいのはどれか

No.10

薬物を2種類以上作用した場合に認められる薬物相互作用で、薬物の併用により共通の作用が増強させる現象をA作用という。そのうちでそれぞれの薬剤の薬効をたした総和となる作用をB作用といい、それぞれの薬物の総和よりも大きくなる作用をC作用という

No.11

拮抗作用とは薬物の併用により、それぞれを単独で用いたときよりも作用が減弱する場合をいう。そのうち、作用薬物の薬理作用が相互するもので、かつ作用点の異なる場合に起こる拮抗作用をなんというか

No.12

次のうちレゼプターを表す語句はどれ

No.13

次のうち作動薬を表す語句はどれ

No.14

一般的に安静・休息時に意識することなく活動が亢進する神経系はどれか

No.15

アドレナリンの薬理作用について正しいのはどれか

No.16

アドレナリンの血管収縮作用に関与する主たる受容体はどれか

No.17

コリン作動薬の作用として誤っているのはどれか

No.18

A神経と骨格筋との接合部をBという

No.19

A薬は神経筋接合部に作用して筋の反射をBさせて手術などの処置に備える

No.20

受容体を構成する主要物質はどれか

No.21

神経筋接合部において情報伝達を担う受容体はどれか

No.22

ED50を示す語句はどれか

No.23

LD50を示す語句はどれか

No.24

治療係数(安全城)を示す正しい式はどれか

No.25

長期の連用により薬物の感受性が減弱することをなんというか

No.26

長期の連用により薬物が止めにくくなることをなんというか

No.27

薬物動態を総称してADME に含まれない語句はどれか

No.28

静脈内注射について正しいのはどれか

No.29

経口投与された薬物が小腸で吸収された後に最初に通過する臓器はどれか

No.30

次のうち初回通過効果を受ける投与経路はどれか

No.31

次のうち初回通過効果を回避出来る剤形はどれか

No.32

次のうち吸収の過程を持たない投与経路はどれか

No.33

薬物の腎排泄に関与するのはどれか

No.34

投与された薬物が糞便中に排泄される場合、経由する排泄経路はどれか

No.35

薬物の主消失経路であり体内動態の変動に最も影響を及ぼす排泄経路はどれか

No.36

転倒、転落を起こすリスクを高める薬はどれか

No.37

インシデントレポートの目的は何か

No.38

次の図の()内の語句の正しい組み合わせはどれか

No.39

全身麻酔薬における不規則的下行性麻痺の順番で次の組み合わせのうちで正しいのはどれか

No.40

全身麻酔の時間的経過について誤っているのはどれ

No.41

自分の意志とは無関係に身体が動いてしまう運動をなんというか

No.42

迷走神経反射(血管迷走神経反射)とは、長時間の立位や座位、強い痛み、疲れ、ストレスなどをきっかけとしてAの減少やBの低下などが引き起こされ、結果として脳の貧血からめまい、冷や汗などが引き起こされる現象

No.43

交感神経系の興奮による作用はなにか

No.44

「向精神薬」とは一般的にはA神経系に作用し、感情や気持ちなどのB機能に影響する医薬品の総称である

No.45

抗精神病薬は発売時期によってA抗精神病薬とB抗精神病薬に分けられ、B抗精神薬はA抗精神病薬の重篤な副作用が軽減されている

No.46

副交感神経の興奮による作用はどれか

No.47

うつ病の患者に対する対応として正しいのはどれか

No.48

睡眠はその深度と性質によって2種類の睡眠に分けられています。その2種類の睡眠は浅い睡眠Aと深い睡眠B睡眠である

No.49

不眠症の中で寝付きが悪い状態を示す語句はどれか

No.50

不安障害の治療薬として第1選択薬として推奨されているのはどれか

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta