暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

相続税

問題数60


No.1

婚姻届が提出されてない○○や○○の人は、相続人になれない。

No.2

キャッシュフロー表の作成においては、○○に基づいて計上する

No.3

相続開始時で○○であったものは、すでに生まれたものと見なされるが、○○となった場合は相続人とならない。

No.4

代襲相続人は法定相続分は、○○が受けるべきであった法定相続分と○○である。

No.5

代襲相続は、兄弟姉妹が死亡してる場合は、○○までしか認められない。

No.6

代襲相続が発生しない人は、○○や○○のあった場合である

No.7

相続の○○前には相続の○○をすることが出来ない

No.8

共同相続された預貯金は、相続財産に含まれるため、○○の対象となる

No.9

不動産を遺産分割するために譲渡して換価した時、譲渡による所得は○○の課税対象となる。

No.10

代償分割は、○○への申し立ては不要である。

No.11

遺産分割協議書に○○はない。

No.12

遺産分割協議書は、○○・○○をしてないと無効になるが、 ○○に決まりは無い

No.13

共同相続人全員の合意があれば、○○協議を行うことができる

No.14

遺産分割について、協議が調わない時は○○の○○により分割が行われる。調停によってもダメな場合は○○によって行われる。

No.15

公正証書遺言を作成した場合でも、○○によって撤回することができる。

No.16

公正証書遺言の証人になれない人は○○と○○、推定相続人の○○や○○である

No.17

自筆証書遺言に財産目録を添付する場合には、○○・○○をすれば、その目録は自筆不要となる

No.18

自筆証書遺言の内容を変更する場合は、遺言者が変更箇所を○○し、変更した○○を付記した上で○○し、変更箇所に○○しなければ効力を生まない。

No.19

相続税の課税対象は、 生前に所有していた預貯金・株式・土地・建物・債権 ○○や○○などのみなし相続財産。 ○○課税制度 相続開始前○○以内の贈与財産

No.20

相続を放棄した者が受け取った死亡保険金は○○が課税対象となる

No.21

相続開始前3年以内に被相続人からか贈与を受けていても、相続または遺贈により財産を取得していない場合は、○○となる

No.22

死亡保険金の非課税限度額で、相続の放棄した場合は、○○には含まれるが○○として適用されない

No.23

債務控除の対象は、○○・ 未払い○○・未払い○○で 対象外は、○○等の未払金や遺言執行費用である。

No.24

葬式費用で控除対象外となるものは○○返戻費用・○○(初七日、四十九日)となる

No.25

遺産に係る基礎控除額で、法定相続人がいない場合は○○万円となる

No.26

「養子でも実子と見なされる場合」 ○○養子縁組 配偶者の○○で被相続人の 養子となった人、 ○○で被相続人の養子となった人

No.27

被相続人の子の代襲相続人である孫は、○○の対象外となる

No.28

配偶者に対する相続税額の軽減に、○○の要件は無い

No.29

「配偶者に対する相続税額の軽減」の規定を受ける時は、納付額がゼロの場合でも○○の申告書を提出しなければならない。

No.30

相続税は金銭一括納付が困難で、一定の要件を満たす場合は○○が認められる

No.31

相続時精算課税制度の適用を受けた贈与財産は○○に当てることが出来ない

No.32

負担付贈与で、 受像者が義務を履行しない場合⋯相当の期間を定めて履行の○○をする。 期間内に履行がない場合⋯契約を○○できる

No.33

負担付贈与契約の贈与者は、売主と同様の○○を負う

No.34

資力を喪失して債務弁済が困難になった場合、○○のうち債務を弁済することが困難である部分は○○の課税対象とならない

No.35

無償で土地の名義変更をした場合、○○で取得したものとして○○の課税対象となる

No.36

贈与税の非課税財産は、 ①扶養義務者から受け取った○○費や○○費 ②祝い金、香典、見舞い金 ③○○から贈与された財産 ④○○の年に被相続人が受け取った贈与財産

No.37

暦年課税に係る贈与税の税率は○○税率である

No.38

贈与税の配偶者控除は○○の配偶者からの贈与につき○回のみ適用することができる

No.39

贈与税の配偶者控除は、○○(土地)の贈与があった場合に適用を受けることができる

No.40

贈与税の配偶者控除の適用を受けた部分については、○○の対象外

No.41

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の非課税」を受ける場合、受像者は○歳以上で、贈与者に関しては○○要件がない

No.42

「直系尊属から住宅資金等〜」は、 敷地として○○を取得する場合、適用を受けることが○○

No.43

「直系尊属から住宅取得等資金⋯」を受けて贈与税が非課税となった場合、いかなる場合でも○○の課税価格に加算されない

No.44

相続時精算課税制度を選択した場合、財産の価額の合計額が○○以下であっても贈与税の申告書を提出しなければならない。

No.45

相続時精算課税制度を受けた場合の特別控除額は○○万円である

No.46

路線価は、○○が面する道路ごとに付された○㎡あたりの価額である。

No.47

倍率方式の場合、○○を用いない

No.48

2筆の宅地であっても一体として利用している場合、○○として評価する

No.49

土地を無償で貸した場合の土地は、○○として評価する

No.50

特定同族会社事業用宅地等は 減額割合○%で限度面積は○㎡

No.51

「小規模宅地等について相続税の課税価格の計算の特例」は、○○により取得した場合には適用を受けることが出来ない

No.52

貸家の評価方法は、自用家屋×(○-借家権割合×○○割合)

No.53

構築物の評価方法は、(再構築価格-建築時から課税期間までの償却額の合計額・減価の額)×○%

No.54

利付公社債の価額は○○の最終価額と源泉徴収控除後の既経過利息との合計額により評価する。

No.55

取引相場のあるゴルフ会員権はら「○○時期の取引価格×70%」

No.56

ゴルフ会員権のうち、○○を所有せず、譲渡不可で返還される○○等がなく単にプレーできるだけのものは、評価しない。

No.57

相続により取得した土地は、○○の担保とすることができる

No.58

相続税を納付するために譲渡益が発生した時は、○○税が発生する。 しかし○年以内に取得した資産を売却した場合○○費に加算できる

No.59

「相続人になれない人」 死亡・欠格・廃除の場合は○○がある 放棄をした場合は""がない

No.60

相続開始前に遺留分を放棄⋯○○の許可が必要 相続開始後に遺留分を放棄⋯意思表示のみでOK!(許可いらない)

No.61

弔慰金の非課税限度額 業務上の死亡⋯○年 業務外の死亡⋯○年

No.62

「2割加算」 対象 ⇒ 被相続人の○○及び○○ (1親等) 対象外 ⇒ 子の代襲相続人である○○

No.63

延納の○○は、取得した相続財産でも それ以外でもOKです!

No.64

「直系尊属から住宅取得等資金⋯」 贈与者は○○ 受贈者は満○○以上で所得が○○万円以下であること 床面積が40~○○㎡以下であること (所得が1000万円以下の場合は40~50㎡) 床面積の2分の1が○○用であること

No.65

「相続時精算課税制度」と「直系尊属から住宅取得等資金」は○○できる。

No.66

遺留分の対象外 ○○・子のいない○○尊属

No.67

「贈与契約」 書面⇒契約を○○できない 口頭⇒○○が終わってない部分のみ契 約を解除できる。 「財産の取得時期」 書面⇒贈与の○○があった時 口頭⇒贈与契約の○○が生じた時 (交わしたとき)

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta