暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

メディカル

問題数38


No.1

濃硫酸は、酸化力、酸性力それぞれ強いか弱いか

No.2

アンモニアの配位子の名前

No.3

石灰石の化学式

No.4

生石灰(石灰石に熱を加える)

No.5

消石灰(生石灰に水を加える)の化学式

No.6

消石灰に二酸化窒素を過剰に加えると

No.7

何と何は、濃硫酸や希硫酸との式があるか

No.8

赤褐色の、物質はなにか

No.9

炭酸ナトリウムの精製法は

No.10

酸性の乾燥剤は

No.11

塩基性の乾燥剤

No.12

中性の乾燥剤

No.13

二酸化炭素は、〜物である。アルカンの中で液体であるのはーである。

No.14

C2H6Oは、〜式であり、C2H5OHは、〜式である

No.15

環状の、CnH2nは、ーという。

No.16

ー反応は飽和炭化水素で行われ、ー反応は不飽和炭化水素で行われる

No.17

メタンのうち、3つの水素が塩素に置き変わったものを

No.18

4つになると

No.19

エチレンの化学式

No.20

エチレンにバリウムを加えると

No.21

エタノールは、160から170の間では分子ー脱水が行われ〜になる。130から140では、分子〜脱水が行われーになる。

No.22

濃硫酸は、ーい液体で粘性がーい。 多量のーを発生する。

No.23

酸化作用がつよい濃硫酸は、イオン化傾向が小さいイオンを溶かし、この時濃硫酸はーされて―を発生する

No.24

希硫酸は、イオン化傾向が大きいイオンと反応し、ーを発生する

No.25

窒素はーによって得られる。常温では化学反応がーい。高温高圧では色々なーをつくる。

No.26

リンは、ーを主成分とする鉱石にーと、ーを混ぜて強熱して作られる。この時得られるのはーと呼ばれ長時間加熱するとーになる。

No.27

ーは、空気中で自然発火するため水中に保管する。黄リンはーが強く、火傷を起こす。

No.28

アンモニアは、ーとーの混合物を加熱。 ハーバーボッシュ方では、ーを触媒として、 ーとーをかねつする。

No.29

一酸化窒素は、水にーい。ーとーを反応させる。 空気中ではすぐ酸化され、ーになる。

No.30

二酸化窒素は、水にーい。ーな気体。ーとーを反応させる。水と反応してーとーになる。

No.31

オストワルトは、ーを触媒とする。

No.32

濃硫酸は、ーい液体で粘性がーい。 多量のーを発生する。

No.33

酸化作用がつよい濃硫酸は、イオン化傾向が小さいイオンを溶かし、この時濃硫酸はーされて―を発生する

No.34

希硫酸は、イオン化傾向が大きいイオンと反応し、ーを発生する

No.35

窒素はーによって得られる。常温では化学反応がーい。高温高圧では色々なーをつくる。

No.36

リンは、ーを主成分とする鉱石にーと、ーを混ぜて強熱して作られる。この時得られるのはーと呼ばれ長時間加熱するとーになる。

No.37

ーは、空気中で自然発火するため水中に保管する。黄リンはーが強く、火傷を起こす。

No.38

アンモニアは、ーとーの混合物を加熱。 ハーバーボッシュ方では、ーを触媒として、 ーとーをかねつする。

No.39

一酸化窒素は、水にーい。ーとーを反応させる。 空気中ではすぐ酸化され、ーになる。

No.40

二酸化窒素は、水にーい。ーな気体。ーとーを反応させる。水と反応してーとーになる。

No.41

オストワルトは、ーを触媒とする。

No.42

沈殿しないイオン

No.43

水に溶けるのは塩化銀、酸化鉛どちらか

No.44

構造異性体は分子式はー、構造式はー。

No.45

C3H6とは

No.46

付加反応で、エチレンに臭素を加えると

No.47

第一級アルコールでは、1段階め2段階めでそれぞれなににへんかするか

No.48

第2級アルコールでは何に変化する

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta