暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

放射線医学

問題数17


No.1

宇宙線なのどの放射線を(①)放射線といい、原子炉など人工的に発生させるのを(②)放射線という。

No.2

答えんさい
画像

No.3

X線の性質は五感で感じなく、通過する際にあらゆる方向に(①)する。波長が(②)。 1グレイGy=(③)Sv

No.4

放射線を出す能力を(①)、受けた量を(②)人体が受けた量を(③)

No.5

放射線の影響をうけやすいのは (①)細胞→(②)→(③)→(④)

No.6

放射線の確定的影響には白内障や(①)、皮膚炎、不妊などがある 確率的影響には癌、(②)、遺伝的影響がある

No.7

放射線従事者の義務として、ルクセルバッジの着用、(①)の使用、健康診断、教育訓練 放射線防護の三原則には(②)(③)(④)

No.8

X線を利用した画像検査には単純X線、消化管X線、(③)、核医学検査がある

No.9

各臓器のもつX線吸収度の差を利用して撮影する方法を(①)撮影 造影剤を使う撮影を(②)撮影

No.10

造影剤はCT、(①)で使われ病変を目立たせる役割、透視、血管造影で(②)で観察する役割をもつ

No.11

核医学検査は放射線同位元素を含んだ薬を投与し(①)を用いて体外から観察する。血流代謝などの(②)を得ることができる。(③)が極めて少ない

No.12

身体の中の水素の原子核の動きを画像化したものを(①)検査といい大きな磁場を発生する 被曝はなく、病気を非常にみつけやすく時間は20から30分間 禁忌の患者は(②)装着患者、人工内耳装着、脳動脈瘤クリップ後の患者 人工関節、マスカラアイシャドー刺青閉所恐怖症は注意が必要

No.13

CTは被曝(①)、病気はみつけやすく時間は(②)分間と短い

No.14

体内に超音波を照射し反射エコーを画像化する検査を(①)検査という メリットは体のどの部分でも行うことができ(②)に観察でき移動が可能で人体の影響が少ない デメリットは詳細な画像でなく、検査する人の能力に依存する

No.15

手術と比較して低侵襲なのが特徴である(①) 画像診断やカテーテルで行う

No.16

癌治療には大きく分けて(①)、(②)(③) 根治治療では放射線の持っているエネルギーで細胞の(④)を切断して、(⑤)できなくする

No.17

放射線治療よメリットは体の負担の少ない治療で、(①)が困難な部位でもできる(②)しながら治療もでき、①や(③)と併用できる デメリットは治療期間が(④)、(⑤)があり (⑥の人は不可能

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta