暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

医療情報

問題数63


No.1

電子カルテシステムは 400床以上で()% 200床未満で()% 一般診療所で()%普及している

No.2

オーダリングシステムは 400床以上で()% 200床未満で()%普及している

No.3

日本の電子化は 2012年は()%、2021年で()%と遅れている

No.4

医療DXとは()()()の各階で()された基盤を通して業務やシステムデータ保存の()()()を図り生活の形を変えること

No.5

医療DXの骨格は 1、() 2、()の標準化、()の検討 3、()

No.6

データとは()こと

No.7

情報は()

No.8

知識は()

No.9

信号の一つ一つの色々は()、合わせると()になる

No.10

38.9は()、38.9℃は()

No.11

医療ではITC化が()

No.12

医療情報の特性は()()()

No.13

プライバシーは()、個人情報は()

No.14

脳の記憶容量は()=()=()=()

No.15

医療機関は知識が豊富で患者は情報を持っていない→()

No.16

昔の消費者行動は() ()と()がそのうち無くなる

No.17

今の消費者行動は() ()()()に ()と()が加わる

No.18

情報漏洩の2005年の原因は 1番が()、2番が()

No.19

情報漏洩の2017年の原因は 1番が()、2番が()で()が多い

No.20

情報漏洩の媒体は2005年は()が多く、20017年は()が多い

No.21

情報漏洩した個人情報は()()()が多い

No.22

刑法()条によると ()()()が業務で知り得た個人情報を漏らしたら罰が与えられる

No.23

保健師、看護師、准看護師の守秘義務は()条

No.24

放射線技師の守秘義務の法律は()条

No.25

臨床検査技師、衛生検査技師の守秘義務の法律は()

No.26

理学療法士、作業療法士の守秘義務の法律は()条

No.27

一般職員は守秘義務に関しての法律は()

No.28

診療記録の電子保存に関するガイドラインは()()()()の作成

No.29

真正性は

No.30

見読性は

No.31

保存性は

No.32

保存性は最低()

No.33

個人情報は氏名、生年月日に加え()()で()してても含まれる。 ()も対象なので注意

No.34

()は特定の個人情報を検索できるように体系化したもので、コンピュータ化()。

No.35

保有個人データは()以内に消去するものは含まれない

No.36

個人情報取り扱い事業者は()関係事業者 ()や()は除外される

No.37

第三者提供の例外規定は ⑴()場合 ⑵(1)場合※生命身体財産保護 ⑶(1)場合※公衆衛生、児童保護

No.38

行政機関の保有する情報の公開に関する法律は()

No.39

医学研究論理指針改正は各省庁で()して運用。()→()

No.40

診療は()が適用される

No.41

個人識別符号は 顔写真、声、歩行の動画→() 静脈、虹彩の画像、指紋→()

No.42

個人識別符号は()で決められる

No.43

本人気 に差別や偏見など不利益が生じないように配慮を要するのは() ()も含まれる 第三者提供する時は()が必要

No.44

自機関の既存情報のみを用いた研究には必ずしも()が必要でない

No.45

既存資料・情報とは()、()、()資料

No.46

相互に決められた約束事の集まりは()

No.47

マスタは()された()を使うための基本の手段

No.48

疾病分類のマスタは()

No.49

C15 2は()を表す

No.50

医療情報システムへの期待は 社会に対して() 患者に対して() 医療機関に対して()

No.51

診療情報の1時利用は()のための()

No.52

診療情報の二次利用は()()()

No.53

医療情報とは 1.()で発生した()の情報 2.施設、国レベルでの()に関する情報 3.()

No.54

病院情報システムは()()()()などがある

No.55

遠隔医療は()を除き()に違反しない

No.56

アドバイス
画像

No.57

離れたところから記録する

No.58

外科手術中
画像

No.59

緊急事態に反応できる

No.60

患者の生活場所の近くで検査・治療できる

No.61

スマートフォンアプリ
画像

No.62

遠隔医療の普及が遅いのは ・()の遅れと()の問題 ・() ・()

No.63

医療機関の役割分担をすれば情報の()を担保できる

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta