暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

会計暗記

問題数15


No.1

企業の財政状態及び①に関して、②な報告をするものでなければならない

No.2

企業会計は、すべての取引につき ①に従って、②を作成しなけれはならない

No.3

資本取引と損益取引とを明瞭に区別し、特に①と②とを混同してはならない。

No.4

企業会計は、①によって、利害関係者に対し、必要な②を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせないようにしなければならない。

No.5

①や②は一定の様式による ①や②は一定の区分に分けて表示する ①や②には、総額で表示する

No.6

重要な①の注記 重要な②の注記

No.7

企業会計は、その処理の原則及び手続を①して適用し、みだりにこれを変更してはならない。

No.8

資産の帳簿価額は取得したときに支払った金額_で把握しなければならないという考え方

No.9

当期において最後に仕入れたときの単価を期未商品の単価とし、 差額で売上原価を算走する方法。

No.10

棚卸資産ごとに取得原価がわかる よ う に区別しておき、 それぞれの棚卸資産 を払い出した時にそれぞれの取得原価を払出原価とする方法をいいます。

No.11

①との②を識別

No.12

②における③を識別

No.13

④を算定

No.14

②におくる③に④を配分

No.15

③を⑤にまたは充足するにつれて収益を認識

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta