暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

公認心理師の職責

問題数29


No.1

公認心理師の業務として不適切なものを1つ選べ。

No.2

心理に関する支援を要する者に対して、公認心理師が行う行為として公認心理師法に規定されていないものを1つ選べ。

No.3

公認心理師法に定める内容について、誤っているものを1つ選べ。

No.4

公認心理師法に規定されている内容として、正しいものを2つ選べ。

No.5

公認心理師の業務や資格について、正しいものを1つ選べ。

No.6

公認心理師法について、誤っているものを選べ。

No.7

公認心理師法について、正しいものを2つ選べ。

No.8

公認心理師の業務として、公認心理師法 第2条に定められていないものを1つ選べ。

No.9

公認心理師が他の職種と連携して業務を行う際の秘密保持に関する留意点として、不適切なものを1つ選べ。

No.10

要支援者等の個人情報とプライバシーの保護について、最も適切なものを1つ選べ。

No.11

公認心理師の秘密保持義務違反になる行為として、正しいものを1つ選べ。

No.12

クライエントに関する個人情報の扱いについて、適切なものを2つ選べ。

No.13

公認心理師が心理相談での記録や報告を行う際に留意することとして、最も適切なものを1つ選べ。

No.14

公認心理師の業務について、不適切なものを1つ選べ。

No.15

ケース・アドボカシーの説明として正しいものを1つ選べ。

No.16

病院において、公認心理師が医師から心理検査を含むアセスメントを依頼された場合、その結果を報告する際の留意点として、不適切なものを1つ選べ。

No.17

公認心理師が、成人のクライエントの心理に関する情報を医療チームに提供する場合に事前に必要なものとして、正しいものを1つ選べ。

No.18

公認心理師の地域連携の在り方として、最も適切なものを1つ選べ。

No.19

専門職連携を行う際の実践能力として、不適切なものを1つ選べ。

No.20

心理職の行動として、不適切なものを1つ選べ。

No.21

公認心理師の対応として、不適切なものを1つ選べ。

No.22

公認心理師がクライエントに対して心理的支援を続行できないときの対応として、最も適切なものを1つ選

No.23

要支援者と公認心理師の関係について、適切なものを1つ選べ。

No.24

公認心理師が留意すべき職責や倫理について、不適切なものを1つ選べ。

No.25

公認心理師であるスーパーバイザーが、クライエントとの間に行き詰まりを経験しているスーパーバイジーに対応するにあたって、不適切なものを1つ選べ。

No.26

公認心理師に求められるスーパービジョンについて、最も適切なものを1つ選べ。

No.27

心理臨床の現場で働く公認心理師の成長モデルとスーパービジョンについて、不適切なものを1つ選べ。

No.28

心理的支援活動を概念化、理論化し、体系立てていくために必要となる公認心理師の姿勢として、最も適切なものを1つ選べ。

No.29

公認心理師の責務と職業倫理とに基づく相談業務の対応として、不適切なものを1つ選べ。

No.30

公認心理師を構成するための実習で学ぶ際に重視すべき事項として、適切なものを2つ選べ。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta