暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学
表紙画像

中小企業の価値創出、共通基盤

問題数15


No.1

売上高増加率の水準が高い中小企業が工夫したこと ・(a) ・(b) ・価値提供方法 これらを明確にしたこと

No.2

経営者からの権限委譲を進めたことによる効果を見ると(a)な社員が増加したが約8割の企業、社員からの(b)が増加したが約7割の企業が効果を実感している

No.3

デジタル化の取組段階 段階4→(a) 段階3→(b)

No.4

デジタル化の取組に関する支援機関への相談状況 ・全体では約(a)割の企業が支援機関に相談経験あり ・従業員規模が(b)企業ほど相談経験がある企業の割合が高い傾向にある

No.5

支援機関同士の連携があまり行われていない経営課題

No.6

経営戦略策定時にターゲットとする市場の分析を進めた際の視点 1位→(a) 2位→(b)

No.7

売上高成長率の高い企業が創業時に実施した差別化の取組内容 ・EC等の新たな(a)の導入 ・価格帯で(b)された製品やサービスの販売 ・(c)向け製品やサービスの開発 ・用途デザインや操作性で差別化された製品の開発

No.8

従業員規模別に2017年から2019年までの3年間におけるイノベーション活動の実行状況を確認すると、大規模企業では約(a)割、中規模企業では約6割、小規模企業では約(b)割の企業がイノベーション活動に取り組んでいる。

No.9

経営戦略を策定した際に、競合他社が多い市場を選定した理由 ・「(a)」、「競合他社にない製品・商品・サー ビスが提供でき、差別化を図ることが可能」について「当てはまる」、「どちらかといえば当てはまる」と回答した企業が(b)割以上存在する

No.10

競合他社が多い市場を選定した理由別に見た、付加価値額増加率の水準を見ると、競合他社の多い市場に参入し成長を実現するためには、(a)を通じた(b)が重要である可能性が示唆される

No.11

ターゲットとする市場を選定した際の、必要な経営資源の確保状況を見ると、「確保できていた」、 「どちらかといえば確保できていた」と回答した企業が約(a)割となっている。 ターゲットとする市場の選定時には、自社の経営資源の状況を確認し、(b)も重要と言える。

No.12

■成長企業における経営戦略の策定プロセス ・優れた経営戦略の策定のためには、ターゲットとする市場と(a)の両方を分析することが重要 ■ターゲットとする市場の分析 ・競合他社が少ない市場への参入や(b)が、企業の成長につながる ■自社の経営資源の分析 ・他社が保有していない経営資源を確保するとともに、ターゲットとする市場で経営資源をどのように活用するかを(c)していくこと

No.13

直近 10年間における既存事業拡大と新規事業創出の取組状況をを見ると、成長企業のうち、既存事業拡大に取り組んだ企業が約(a)割、新規事業創出に取 り組んだ企業は約5割存在することが分かる

No.14

新規事業創出に取り組んだ際に、既存事業で培った経営資源の活用状況を見ると、「大いに活用した」、「ある程度活用した」 企業が約(a)割となっていることが分かる。成長企業は、(b)を活用しなが ら、新規事業創出に取り組んでいる様子がうかが える。

No.15

既存事業拡大と比較して不確実性が高く、困難を伴うものであると考えられる新規事業創出を成功させるためには、(a)の業績が(b)なうちに新規事業創出に取り組むことや、(a)で培った経営資源を活用し て新規事業創出に取り組むことが重要である

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta