暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

放射線2回

問題数27


No.1

核医学検査はCTとくらべて被曝量に大きな差はない

No.2

MRIは放射線の被爆があるため頻回に検査をすることは控えるのが望ましい。

No.3

MRIはCTとくらべて検査時間が長い

No.4

脳梗塞の超急性期ではMRIよりもCTの方が診断能が高い。

No.5

MRIでは造影剤を用いることなく血管の画像を得ることができる

No.6

髄液や腸液などの水分はT1強調画像では白く、T2強調画像では黒く描出される

No.7

MRIでは脂肪が多い部分では詳細な画像を得ることができない

No.8

急性期脳梗塞を最も鋭敏に描出するシークエンスはDWI拡散強調画像である

No.9

MRIは検査を行う時に強力な磁場が発生する

No.10

MRI室にはいる際は磁性体を持ち込まないように注意する

No.11

チタン製の動脈瘤クリップがあるためMRIを中止した

No.12

MRI検査の前には暗い所や狭い所が苦手ではないかを確認する必要がある

No.13

造影MRIでは主にヨード造影剤を使用する

No.14

刺青が入った患者にMRIは施行できない

No.15

MRIと比較してCTの方が検査中の音が大きい

No.16

超音波検査は検者によって画像の制度が異なる

No.17

看護師は超音波検査を行ってはならない

No.18

超音波の表示法には動きのある反射体の経時的変化を捉えるBモードと位置や形を画像化するMモードがある

No.19

高エコーとは画像で黒く描出されることを言う

No.20

全ての超音波検査手の食事制限が必要である

No.21

胆石などの超音波の反射が強い構造物の後方は高エコーとなる

No.22

PETとSPECTのうち主に癌診断に用いられるのはSPECTである

No.23

生体で行う検査をin vivo 検査といい、試験管内で行う検査をin vitro 検査という

No.24

PETやSPECTで投与する核種の多くは経口で投与する

No.25

授乳婦に対して核医学検査は禁忌である

No.26

核医学検査の時は患者の被曝にのみ注意を集中させるべきであり、自分(看護師)や医療スタッフの被爆を気にするべきでは無い

No.27

核医学検査の後は水分摂取を制限する

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta