暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

地域理学療法

期末試験対策

問題数85


No.1

住み慣れた地域とは何か また何と何があるものでしょうか

No.2

生活モデルの対象者は誰か

No.3

介護者・家族に関して「生計をともにする家族」や「介護を担う介護者」の暮らしは(   )の状態に大きな影響を受ける。介護者・家族も(   )の対象者となることがある。

No.4

地域理学療法のPTの役割は何か

No.5

マネジメントとは何か?

No.6

脳血管障害後片麻痺の障害像として右大脳半球の障害と左大脳半球の障害による症状を答えなさい。ただし「右大脳半球の障害による症状は〜」のように答えなさい。

No.7

PDの概要、症候・障害、治療を答えよ

No.8

高齢者の定義とは何か分類と答えなさい

No.9

医学的情報には1つ目に発症日、重傷日、(  )・(  )の経過、2つ目に治療過程、(   )、手術歴、(    )がある。3つ目は全身状態、(   )、(   )で4つ目は運動の中止基準、禁忌といった(    )に必要な情報、5つ目は急性期および回復期理学療法の経過・ADL・(   )である。

No.10

老年症候群とは何か、特徴も含めて答えよ

No.11

生活期における評価は(   )の評価、(  )の評価、(   )の評価、(   )の評価の4つである。

No.12

フレイルとは何か

No.13

復職が視野に入った人々にはもう1段階上の就労支援における(    )と呼ばれるものがある。これには土台となる(     )と(    )が必要になり、この2つをないがしろにすると就労継続が難しくなる。

No.14

サルコペニアとは何か

No.15

生活に関する指導内容として1つ目は(  )・立ち上がり動作、2つ目は座位・立位・(  )・(  )の耐久性向上、3つ目は横歩きや不整地に対応する(   )がある。4つ目は(   )などの自己管理、5つ目は友の会等の(  )、6つ目は住宅改修に関するアドバイス、7つ目は必要時に(     )が相談支援事業所へつなげるの計7つがある。

No.16

就労に関する指導内容として1つ目は(  )方法に関するアドバイス、2つ目は就労中の作業姿勢・職場特有の移動方法のチェック、(   )からくる筋疲労などへの指導、3つ目は(   )等の紹介、4つ目は就労上のトラブル発生時に(   )につなげるがある。

No.17

脳血管障害の日常の実用的移動手段は何で決定するか

No.18

難病には4条件があるがそれは何か?

No.19

脳血管障害のエスカレーター利用時の指導は何か

No.20

難病のうち神経系に原因を持つ疾患は(   )と言い、理学療法の対象となる代表的なものは(    )、略して ( )である。

No.21

補装具の自己管理の指導は何か

No.22

神経難病のリスク管理はどれか?記号で全て答えろ ①高血圧 ②頻脈 ③転倒 ④起立性低血圧 ⑤嚥下障害

No.23

PDの起居動作で困難な動きは何か

No.24

パーキンソン病(PD)は中脳黒質の変性脱落に伴う線条体の(    )を起因とする(    )の神経変性疾患である。PDには4大徴候があり、(①   )と(②  )、(③ ・  )、(④   )があり、治療法として(    )が第1選択になる。

No.25

健康寿命とは何か

No.26

老年期の身体機能低下を軽減するにはどうすればいいか

No.27

高齢者は( )歳以上のことをいい前期と後期に分けられ前期は( ~ )歳、後期は( )歳以上のことである。

No.28

老年症候群は加齢に伴う(    )が複合して引き起こす高齢者特有の症状や(    )のことである。症状は(  )、筋力低下、(   )、転倒、めまいなど(  )種類以上ある。早期(  )・早期(  )が求められる。

No.29

地域リハビリテーションの定義とは

No.30

地域リハビリの推進課題は何か

No.31

老年症候群の特徴は何か4つ答えなさい。

No.32

福祉の対象となるのはどのような人か

No.33

老年症候群の分類として①加齢変化に影響を受けない症候群と②前期高齢者で増加する症候群、③後期高齢者で増加する症候群に分かれる。①は(   )に付随する症候群で(  )や不眠などである。②は(   )に付随する症候群で、(   )、転倒などである。③は(   )と関連する症候群で、(   )、嚥下困難、尿失禁、褥瘡などである。

No.34

フレイルは加齢に伴う(    )の低下によりストレスに対する(   )が低下した状態で生活障害、(    )、死亡などのリスクが高まった状態である。また(   )と(    )の中間的な状態であり、複数の慢性疾患、(   )、(    )が相互に影響し合い引き起こされる。

No.35

社会福祉士が働く場所は何処か

No.36

フレイルの種類は①(   )フレイル、②(  ・ )フレイル、③(   )フレイル、④(   )がある。①はサルコペニアやロコモティブシンドロームなどで②は認知機能低下やうつなど、③は独居、貧困、閉じこもりなど、④は咀嚼、嚥下機能低下などである。

No.37

多職種が1つのチームとしてまとまるには何を共有するしますか

No.38

対象者の社会生活にかかわるさまざまな問題の解決にあたる場合はDOSとPOSどちらか

No.39

フレイルの診断・評価項目は何か?5つ答えなさい

No.40

サルコペニアは加齢に伴う(①     )と筋力もしくは(    )が低下した状態である。①は(  )で低下しやすい。また(  )、(   )、死亡等のリスクが高まる。

No.41

チームが理解していくためには何を理解しておく必要があるか

No.42

カンファレンスとは何か

No.43

サルコペニアの要因の一次性と二次性はどういうものか説明してください。

No.44

病院連携の担い手は誰か

No.45

活動低下によるサルコペニアは(    )と同義といえ、予防として(  )と(  )の併用療法が推奨されている。

No.46

脳血管障害にはさまざまなゴールがあり、軽い順に(①  )と(②  )、(③  )の三つに分かれ①は(  )を②は(    )、③は(    )をゴールとしている。

No.47

国民皆保険制度の特徴は何か

No.48

DPCとは何か

No.49

復職をゴールとしているものは移動手段は(   )で10m10秒切るスピードが必要である。日常の実用的移動手段は、(      )で判断するのではなく、(  )や(  )との関係性のなかで決定する。

No.50

クリティカルパスの効果とは

No.51

復職をゴールとしているものは階段は(   )をしようし昇降すること、雨天は、(    )を落とすこと、滑りやすい(  )・鉄板に注意することを指導する。

No.52

介護保険制度の経緯は

No.53

復職をゴールとしているものはエスカレーターは杖からベルトへ持ち替えるため立ち止まる。そのため、(    )して後ろの人と(   )をとるよう、指導する。自動車運転の許可は (      )が決めシミュレーション検査を実施する。物理的な装置は(      )で可能である。

No.54

介護保険の被保険者は

No.55

復職をゴールとしているものはビジネスシューズに関して、(   )装具を装着し、その上から履く靴に制約を受ける。ただし補装具の自己管理に関して感覚障害があり、(   )に気づかない。目視で(  )を確認する習慣をつける。

No.56

障害者総合支援法の自立支援給付の2給付は?

No.57

福祉的就労をゴールとしているものは受傷から6ヶ月経過した段階で片麻痺は(     )、高次脳機能障害のみは(     )を申請することができる。原則(  )を取得する必要があり障害者雇用枠で就労する時も(  )は必須である。

No.58

地域包括ケアシステムとは何か

No.59

PDは疾患特異的検査で(      )の重症度分類、(     )―スケール略語で(    )の2つがある。動作指導は、(     )に分解して、具体的な指標を与えて指導をする。起居動作は(    )が困難なため、それを促す。歩行指導は(    )になるので聴覚的手掛かり、視覚的手掛かりを利用する。

No.60

老年期(高齢者)は(        )という実り多い満足すべき人生を送り、天寿を全うすることである。健康寿命とは(  )で(        )を送れる(   )のことである。

No.61

訪問リハの対象はどんな人か、またどこで実施するか

No.62

老年期ては退職や子どもの独立で(  )や (    )が減少し、趣味や休息などの時間が増加する。そのため(    )や(    )が身体機能の低下や死亡リスクを軽減するため注目されている。

No.63

トイレ動作にはどんな動作が含まれますか

No.64

訪問リハのPTの役割は何か

No.65

次のうち、社会参加の種類に含まれるのはどれか?1つ選べ 1.有償労働 2.無償労働 3.ボランティア活動 4.無償の支援提供 5.ネットワークや団体・サンクルへの参加

No.66

国民皆保険制度とはどういうものか?

No.67

通所リハの対象は誰か

No.68

国民皆保険制度の特徴は①国民全員を (    )で保障している、②(    )を自由に選べる。③(     )で高度な医療が受けられる。④維持するため(  )が投入されているの4つになる。

No.69

通所リハはどこで実施するか

No.70

診療報酬とは(    )に対して支払われる報酬のことであり、2003年より診療報酬制度に(      )略して(  )が導入された。

No.71

PTの配置が義務付けされているのは介護保険施設は何処か

No.72

DPCとは治療した疾病の中で最も(   )を投入した一疾病のみに対して国が治めた(    )+手術やリハなど(    )を組み合わせて計算する方式で(    )や (    )、(    )質向上につながる。

No.73

廃用症候群を防ぐためのポイントは

No.74

クリティカルパスとは(  )や(  )の標準的な経過をまとめた入院診療計画書であり、医療スタッフだけでなく、(  )や(  )と計画を共有することで(     )、 (      )(EBM)、(       )、業務改善、チーム医療の向上などの効果が期待される。

No.75

リハマネジメントの流れは何をもとに行っているか

No.76

高齢者が退院できるか否かは何が大きく影響するか

No.77

リハに係る診療報酬は(  ・  )の種類によって分類されている。また疾患ごとに(      )が設けられている。回復期リハ病棟は(    )を目標とした集中的なリハを提供する。地域包括ケア病棟は (   )を支援などを行う。

No.78

患者が再入院を行う原因は

No.79

介護保険の特徴を3つ答えよ。1つ目は〜、2つ目は〜、3つ目は〜であるという形で答えよ。

No.80

介護保険制度の基本的な仕組みに関して介護保険の被保険者(利用者)は年齢によって (①    )と(②    )の2つに分かれている。①は( )歳以上の者で②は( 〜 )歳の者である。特に②は(    )になった原因疾患により(  )の可否が判断される。

No.81

入退院を繰り返さないようPTが着目すべき問題点は何か4つ答えよ

No.82

移動支援で寝返り〜起居ではどんな支援が必要か

No.83

介護保険で使えるサービスは要支援1・2と要介護1〜5に分かれる。要支援は(   )、要介護は(   )が介護保険で使えるサービスである。都道府県・政令市・中核市が指定・監督を行うサービスとして要介護は(    )と(    )、(    )である。要支援は(    )である。

No.84

障害者総合支援法のサービスは(①    )と(②     )で構成されている。①は(    )と(    )、(    )、(  )である。

No.85

屋内外移動の住環境を3つ挙げよ

No.86

地域包括ケアシステムの定義は「ニーズに応じた住宅が提供されることを基本としたうえで生活の(  )・(  )・(  )を確保するために、医療や介護のみならず(     )を含めた様々な生活支援サービスが、日常生活の場で適切に提供できるような地域での体制」で(  )により異なる。

No.87

整容に関するセルフケア補助具は何か

No.88

訪問リハについて対象者は(    )をしており、(  )が困難な人である。医師の指示に基づいて(①    )による訪問リハと(②    )による訪問リハに分かれる。また対象の病態・病期・ライフステージ、主訴・希望などと合わせてリハ目的と内容を検討する。①は病院・診療所・ (       )に所属するPTが行い、②は(     )に所属するPTが行う。

No.89

外出支援評価項目にはどんな種別があるか

No.90

訪問リハに関して場所は対象者の(  )、一部の(    )である。目的に応じて(  )を基点とした屋外を含めて実施する。

No.91

バリアフリーとは何か

No.92

バリアフリーと関連する制度は何か

No.93

訪問リハの評価の時期は初回と前回から (   )以内に定期的に理学療法評価を実施する。回復期の時期は(   )、活動や社会参加の実用性を高める視点を持つこと、慢性期の時期は(  )・(   )の維持・向上、(      )を見る。進行性の疾患は病期に合わせた(    )な対応、予後を想定した準備等である。

No.94

以下のケアマネジメントの種類の支援計画は何か 1.ケアマネジメント(要介護1〜5対象) 2.介護予防ケアマネジメント (要支援1・2、および事業対象者が対象) 3.施設ケアマネジメント(施設入居者対象)

No.95

訪問リハの理学療法評価に関して場所は (     )で①(        )も生じること、②事前に入手できる(    )が限られるの2つが起きる。対策として①は片付けを要したり来客、電話対応などを行う。②は(     )しら精査へつなげ、リスク管理し続ける。

No.96

自立支援は何を目標にしているか

No.97

訪問リハの理学療法評価の内容は対象者が居住する自宅を中心とした(    )における(    )を評価する。目標設定は (   )、(   )、(    )を進め、目標設定をする。

No.98

訪問リハの介入に関してADL練習には (       )に沿って練習と②必要とされる(    )となる基本動作を練習、③運動学習を考慮した(        )の3つがある。①は食事動作と(    )、入浴動作、基本動作があり、②は基本動作/(    )と日常生活活動 /(    )の2つがある。

No.99

リハビリテーションマネジメントは何処と何処において導入されたか

No.100

通所の理学療法は在宅生活中に(   )低下や(    )の危険のある人、病院から (     )の人が対象に(      )、病院、診療所に設置された通所(       )で行う。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta