暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営戦略2級 ③

問題数80


No.1

コーポレートガバナンスの理念に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.2

企業と組織の概念に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.3

経営戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.4

分析型戦略論において使用される手法やフレームワークとして不適切なものは、次のうちどれか。

No.5

ドメインを定義する際に考慮すべき点に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.6

経営戦略の内容に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.7

経営戦略の階層構造に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.8

企業全体の方向性の明確化に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.9

経営戦略と組織に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.10

分析型戦略の短所に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.11

経営戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.12

戦略的提携に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.13

コスト・リーダーシップ戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.14

競争優位性の決定に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.15

経営戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.16

企業が持つ経営資源(人的資源、物的資源、財務資源及び情報的資源)に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.17

PPMの問題点に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.18

以下に示す<事例>において、A社の社長となったB氏が行ったドメインの再定義に関する記述として最も不適切なものは、次のうちどれか。 <事例> 新たにA社の社長となったB氏は、経営企画部門に対してドメインを再定義するよう指示した。A社のドメインは、昨年、前社長によって設定されたばかりであった。 この1年、A社が行う事業に大きな変化はなかったが、A社を取り巻く経営環境に変化のきざしがあり、B社長は、A社の成長の可能性を考えて、ドメインを再定義することにした。ドメインの再定義に当たりB社長は、経営企画部門に対し、個々の社員の努力が分散しないように、全社員の関心が主要事業に集中するようドメインの検討を求めた。

No.19

ドメインを定義することによって得られる効果に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.20

受発注処理業務のIT化がもたらす経済性に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.21

事業の融業化戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.22

事業システム戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.23

マイルズ&スノーの経営戦略における組織の環境適応に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.24

C社では、かまぼこを含む練り製品を扱っている。工場や販売所が観光名所に近いため、土産品として利用されており、全国的にも知名度が高い。C社の成長戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.25

競争地位による類型モデルに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.26

大手コンビニエンスストアチェーンD社は、アメリカで生まれた「コンビニエンスストア」モデルを日本で定着させるため、1970年代から継続的に取組を続けてきた。 フランチャイズチェーンの特性を活かしつつ、新たな事業モデルで成功するために、日本とアメリカの消費行動並びに流通構造の違いを踏まえた成功モデルを作り上げた。 D社が経営戦略を戦略的計画にブレイクダウンさせた取組に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.27

戦略的計画の策定に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.28

職能別組織のメリットに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.29

マグレガーのX理論・Y理論のうち、Y理論の適用例として適切なものは、次のうちどれか。

No.30

企業の意思決定プロセスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.31

経営戦略のマネジメント・プロセスにおける統制システムの設計で検討すべき課題として不適切なものは、次のうちどれか。

No.32

経営戦略とマネジメント・プロセスに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.33

トップ・マネジメントの役割に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.34

コンフリクトに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.35

経営戦略の実施に当たって、経営トップや管理者は従業員の人間的側面にも配慮する必要がある。これに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.36

BSC(バランスド・スコア・カード)を戦略の実行・評価という視点で導入する場合、その留意事項に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.37

家庭雑貨業界に属する中堅メーカーE社は、生産拠点として東南アジアを選定し、EU市場や北米市場等をターゲットに多国間貿易を主体としたオペレーションを計画している。 E社がグローバル事業を展開する上で、留意すべき事項に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.38

パソコンメーカーにおけるBTO(Build To Order)の特徴に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.39

バートレット&ゴシャールが提唱した「トランスナショナル企業」に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.40

外部組織の活用の1つとしてのM&Aに関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

No.41

企業の概念に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.42

コーポレートガバナンス(企業統治)に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.43

経営戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.44

経営戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.45

経営戦略立案に関する記述として最も適切なものは、次のうちどれか。

No.46

ドメインに関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.47

経営理念に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.48

オープンイノベーションに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.49

分析型戦略論に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.50

組織構造に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.51

外部戦略に関するa~eの記述のうち適切なものは、いくつあるか。 a.戦略的提携の形態の1つとして、生産委託があげられる。 b.戦略的提携のメリットとして、合併とは異なり、お互いが完全な保証がない関係によって健全な緊張感の中で知識や資源の共有が図れる点があげられる。 c.部品の製造や製品の販売といった事業活動の垂直的なプロセスのいくつかの機能を分離し、その機能を事業目的とする子会社を設立することは、分社化のパターンの1つといえる。 d.今日の高度に多角化した企業においては、分社化やグループ戦略等の外部戦略が必要となりうる。 e.市場取引では、知識やノウハウ等の情報的経営資源を得ることは難しいが、戦略的提携の場合は、一緒に協働する場を通して獲得することができる。

No.52

以下に示す戦略的適合(図のA、B及びC)の全体像に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。
画像

No.53

業界における競争構造を決定するものとして、5つの要因がある(ファイブ・フォース・モデル)。5つの要因に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.54

競争優位性を実現するための戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.55

プロセス型戦略論とコア・コンピタンスの考え方として不適切なものは、次のうちどれか。

No.56

参入障壁の構築方法に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.57

SBU(Strategic Business Unit)であるための条件として不適切なものは、次のうちどれか。

No.58

企業・事業ドメインに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.59

競争を回避する戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.60

事業システム戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.61

M.E.ポーターが提唱したバリューチェーンにおける支援活動として不適切なものは、次のうちどれか。

No.62

バリューチェーンに関するa~eの記述のうち適切なものは、いくつあるか。 a.バリューチェーン分析の目的として、最終的に顧客に提供する価値を考えることにより、自社事業の強みや欠点を把握することがあげられる。 b. バリューチェーンの再構築とは、従来自明とされていた事業のルールがバリューチェーンの根本的な変化によって作り直され、まったく別のものになってしまうことを表している。 c. コストドライバーの1つとして、習熟度があげられる。 d. バリューチェーンを常に分析し、再構築を行うことは、消費者に対して提供している価値の再認識や競争優位性の獲得に繋がる。 e.事業システムの連鎖的な活動によって価値やコストが順次付加・蓄積され、顧客に向けた最終的な価値が生み出されるとする考え方がバリューチェーンである。

No.63

ハンバーガー・チェーン業界では、圧倒的な規模を誇るリーダー企業のF社(シェア65%)、チャレンジャー企業に位置づけられるG社等、数社が事業を展開している。F社・G社の戦略に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.64

戦略と組織を相互浸透的に捉えようとしたマイルズ&スノーの環境適応類型に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.65

ミンツバーク&ウォータースによって示された類型モデルのうち、「熟考的戦略(計画された戦略)」及び「創発的戦略(実現された戦略)」に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.66

運輸業における経営戦略に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.67

地元の特産品を活用した地方の焼酎メーカーH社が、全国市場で通用するブランドを構築するために行った戦略的計画の取組に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.68

7Sモデルを活用し、組織を設計又は再設計する場合の留意事項に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.69

組織文化の諸機能に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.70

組織における意思決定のプロセスに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.71

経営戦略の評価に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.72

マネジメント・プロセスとしての統制システムの設計に当たって検討すべき内容として不適切なものは、次のうちどれか。

No.73

トップ・マネジメントの今日的な役割に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.74

経営戦略の人間的側面に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.75

組織を構成する人々の動機づけ理論に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

No.76

現在の企業環境に関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.77

ネットワーク組織のタイプについて、構成ユニット間の連関の強さを並べたものとして適切なものは、次のうちどれか。 タイト  ⇔ ルーズ

No.78

新規事業開発のパターンについて、市場の連続性と技術・ノウハウの連続性の2軸で評価した場合のパターンとして適切なものは、次のうちどれか。

No.79

イノベーションに関する記述として不適切なものは、次のうちどれか。

No.80

クリステンセンが分析した「イノベーションのジレンマ」に関する記述として適切なものは、次のうちどれか。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta