暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

企業会計2

問題数74


No.1

APV法で企業価値を算定する際に求められる視点のうち、適切でないものを一つ選びなさい

No.2

金銭の時間的価値に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.3

現在価値に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.4

割引率と現在価値の関係についての記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.5

1年後から3年間、毎年100万円ずつもらえる事業があります。この事業の価値はいくらと考えられるか、最も適切なものを一つ選びなさい(割引率は10%とします)

No.6

金銭の時間的価値を前提としたとき、企業経営について注意しなければならない点を説明したものとして、適切でないものを一つ選びなさい

No.7

ファイナンスにおける割引率という用語について、適切なものを一つ選びなさい

No.8

割引率の大きさを決める要素について、適切でないものを一つ選びなさい

No.9

割引率と将来価値、現在価値の関係を説明したものとして、適切なものを一つ選びなさい

No.10

5年後の100万円について、割引率5%(年率)とした場合の現在価値を求めたい。計算方法について、適切なものを一つ選びなさい

No.11

経営において割引率の見積りがどのような意味を持つか、適切でないものを一つ選びなさい

No.12

フリー・キャッシュフローに関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.13

フリー・キャッシュフローの性質に関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.14

フリー・キャッシュフローの算出方法に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.15

フリー・キャッシュフローの算出方法に関する記述について、適切なものを一つ選びなさい

No.16

営業利益:50、減価償却費:30、 WC:5、税率:30%の場合のフリー・キャッシュフローで、適切なものを一つ選びなさい

No.17

企業の成長局面におけるフリー・キャッシュフローについて、どのような点について留意する必要があるでしょうか。適切なものを一つ選びなさい

No.18

WACCを説明した記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.19

ファイナンスにおけるリスクに関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.20

分散投資に関する記述して、適切なものを一つ選びなさい

No.21

ポートフォリオ理論とCAPMに関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.22

有利子負債コストに関する記述して、適切なものを一つ選びなさい

No.23

MM理論に関する記述して、適切でないものを一つ選びなさい

No.24

節税効果に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.25

最適資本構成に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.26

CAPMに関する考え方の記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.27

CAPMにおけるベータを説明した記述して、適切なものを一つ選びなさい

No.28

CAPMにおいて株式の期待収益率(rE)を求める関数について、以下の記述のうち適切なものを一つ選びなさい

No.29

実務上ベータの値をはかる際の留意点について、以下の記述のうち適切なものを一つ選びなさい

No.30

リスクフリー・レート0.5%、マーケット・リスクプレミアム6.0%という条件のとき、CAPMを用いてベータの値が1.5の会社の株式期待収益率を求めるとします。以下のうち最も適切な値を一つ選びなさい

No.31

CAPMによれば、ベータの値の大きい株式は比例して期待収益率も高くなります。なぜ、「ベータ値が大きいと期待収益率も高くなる」という関係が成り立つのでしょうか。その説明として最も適切なものを一つ選びなさい

No.32

有利子負債の節税効果に関する記述して、適切なものを一つ選びなさい

No.33

1期分の節税効果を計算する方法として、適切なものを一つ選びなさい

No.34

ファイナンスにおいて節税効果を考慮する場合の説明として、適切なものを一つ選びなさい

No.35

総資産規模や事業内容が全く同じA社とB社があり、A社は無借金、B社は5億円の有利子負債(借入金利は年1.0%)を有するとします。ある期の両社の営業利益がともに1億円、税率は30%のとき、B社がA社と比べて得られる当期の節税効果額は次のうちどれか、適切なものを一つ選びなさい

No.36

節税効果の存在を考慮すると、企業の財務政策(資金調達政策)についてどのようなことが言えるでしょうか。適切でないものを一つ選びなさい

No.37

マルチプル法についての説明として、適切なものを一つ選びなさい

No.38

マルチプル法の代表的な指標の基準として、適切でないものを一つ選びなさい

No.39

株価収益率(PER)の求め方として、適切なものを一つ選びなさい

No.40

マルチプル法を活用するメリットとして、適切でないものを一つ選びなさい

No.41

まだ利益を出していないベンチャー企業の企業価値を測る際に用いるマルチプル法の指標として、適切なものを一つ選びなさい

No.42

マルチプル法で求めた企業価値とDCF法で求めた企業価値の関係性について、適切でないものを一つ選びなさい

No.43

サンクコストについての説明で、適切なものを一つ選びなさい

No.44

サンクコストと合理的な投資判断の関係性について、適切なものを一つ選びなさい

No.45

次の文章の括弧に入るものとして、適切でないものを一つ選びなさい 「( )ために、サンクコストの概念を理解するのが大切だ」

No.46

サンクコストについて考える際の留意点として、適切なものを一つ選びなさい

No.47

システムエンジニアという職種が向いていないのではと感じ始めたあなたが友人に相談したところ、選択肢のようなアドバイスをもらった。 サンクコストと意思決定の考え方を理解している友人のアドバイスはどれか

No.48

次の文章の括弧に当てはまるものとして、適切なものを一つ選びなさい 「NPVとは、Net Present Value の略で、投資によって生み出されるキャッシュフローの()から、初期投資額を引いた差額のことを指す」

No.49

NPVとIRRについての説明として、適切なものを一つ選びなさい

No.50

NPVとIRRの投資判断についての説明として、適切でないものを一つ選びなさい

No.51

NPV法とIRR法を用いる際の留意点として、適切なものを一つ選びなさい

No.52

毎年7億円のキャッシュフローが5年間にわたって継続的に得られる事業があると仮定します。 初期投資額を30億円、割引率を6%としたとき、この事業に投資する価値はあるでしょうか。 NPV法を用いてExcelで事業価値を算出し、適切なものを一つ選びなさい

No.53

毎年2億円のキャッシュフローが7年間にわたって継続して得られる事業があると仮定します。 初期投資額を10億円、ハードルレートが9%であるとすると、この事業に投資する価値はあるでしょうか。IRR法を用いてExcelで期待収益率を算出し、適切なものを一つ選びなさい

No.54

ABCの説明として、適切なものを一つ選びなさい

No.55

ABCを活用する場面として、適切でないものを一つ選びなさい

No.56

伝統的原価計算とABCの特徴の説明として、適切なものを一つ選びなさい

No.57

ABC導入時における留意点として、適切なものを一つ選びなさい

No.58

採用という活動(アクティビティ)について、次のような前提を置き、ABCを用いて各部門に間接費を割り振ることになりました。 ・15,000千円をかけて30名の社員を採用した ・現在の従業員数はA部門110名、B部門160名、C部門130名である ・30名は、A部門に8名、B部門に12名、C部門に10名配属された ・採用は全社一括で行い、入社後に各部門へ配属している 各部門にはいくら配賦すればよいでしょうか。 コストドライバを採用者数と設定した上で計算してください

No.59

損益分岐点分析の説明として適切でないものを一つ選びなさい

No.60

損益分岐点分析を行う際の固定費、変動費の説明として適切でないものを一つ選びなさい

No.61

限界利益の説明として適切でないものを一つ選びなさい

No.62

損益分岐点の説明で適切でないものを一つ選びなさい

No.63

変動費型ビジネスを固定費型ビジネスと比較した際の特徴として適切なものを一つ選びなさい

No.64

管理会計に関する記述として適切なものを一つ選びなさい

No.65

KPIに関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.66

KPIの使い方に関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.67

コストに関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.68

損益分岐点分析で用いられる用語の解説として、適切でないものを選びなさい

No.69

ABC分析に関する記述として、適切でないものを一つ選びなさい

No.70

KPIを説明した記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.71

KPIの効果に関する記述して、適切なものを一つ選びなさい

No.72

KPIの設定方法に関する記述して、適切でないものを一つ選びなさい

No.73

KPIの留意点に関する記述として、適切なものを一つ選びなさい

No.74

ある営業の活動KPIとして「客先訪問件数」 「提案率(商品提案数/客先訪問件数)」「受注率(受注数/商品提案数)」があります。最終的な成果KPIに「受注した件数」があります。今期の結果は、訪問件数・提案率は目標に達し、受注件数も目標達成しましたが、受注率が目標値以下でした。このKPIの結果の活かし方について、適切なものを選びなさい

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta