暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

医療福祉概論②

問題数99


No.1

IgAは1型アレルギーに関与する

No.2

IgMは胎盤を通過する

No.3

血漿中に最も多く存在する抗体は、IgEである。

No.4

全身性エリテマトーデスは、男性に多い

No.5

全身性エリテマトーデスは、日光浴で寛解する

No.6

1型糖尿病では、インスリン分泌が亢進する

No.7

強皮症では、レイノー現象がみられる

No.8

シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する。

No.9

強皮症…食道蠕動の亢進

No.10

強皮症…食道蠕動の亢進

No.11

強皮症…食道蠕動の亢進

No.12

シェーグレン症候群…涙液分泌の増加

No.13

シェーグレン症候群…涙液分泌の増加

No.14

バセドウ病…徐脈

No.15

橋本病…皮膚の湿潤

No.16

全身性エリテマトーデス・・・ 蝶形紅斑

No.17

唾液は、分泌型IgAを含む

No.18

B細胞は、胸腺で成熟する

No.19

B細胞は、胸腺で成熟する

No.20

T細胞は、免疫グロブリンを産生する

No.21

アナフィラキシーショックは、IgGが関与する

No.22

ワクチン接種による免疫は、受動免疫である

No.23

乳糖不耐症は、1型アレルギーである

No.24

オボアルブミンは、加熱により抗原性が低下する

No.25

グルテンは、加熱により抗原性が増大する

No.26

鶏卵アレルギーでは、鶏肉を除去する

No.27

大豆は、特定原材料として表示する義務がある。

No.28

溶血性貧血は、Ⅲ型アレルギーの機序で起こる

No.29

ツベルクリン反応は、Ⅱ型アレルギーの機序で起 こる

No.30

形質細胞は、液性免疫を担う

No.31

IgAは、免疫グロブリンの中で最も血中濃度が高い

No.32

IgGは、5量体である

No.33

強皮症では、胃食道逆流症がみられる

No.34

全身性エリテマトーデス(SLE)は、男性に多い

No.35

関節リウマチでは、蝶形紅斑がみられる

No.36

シェーグレン症候群では、涙液分泌の増加がみられる

No.37

食物依存性運動誘発アナフィラキシーは、IgA 依存性である

No.38

免疫グロブリンは1本のH鎖と1本のL鎖から構成される

No.39

免疫グロブリンは液性免疫を担当する

No.40

血中に最も多く存在するのは、IgEである

No.41

母乳中に最も多く存在するのは、IgMである

No.42

IgAは胎盤を通過する

No.43

急性糸球体腎炎…低血圧

No.44

強皮症…蝶形紅斑

No.45

シェーグレン症候群…唾液分泌低下

No.46

バセドウ病……体重増加

No.47

橋本病…眼球突出

No.48

好中球は、自然免疫を担っている。

No.49

ナチュラルキラー(NK)細胞は、特異的防御機構担っている。

No.50

Bリンパ球は、胸腺で成熟する

No.51

Tリンパ球は、免疫グロブリンを産生する。

No.52

免疫グロブリンは、細胞性免疫を担っている

No.53

全身性エリテマトーデス(SLE)は、男性に多い

No.54

強皮症では、食道の蠕動運動は低下する。

No.55

バセドウ病は、甲状腺刺激ホルモン(TSH)に対する抗体により発症する

No.56

シェーグレン症候群では、唾液の分泌が増加する

No.57

エイズ (AIDS)では、日和見感染が起こる。

No.58

バナナは、交差抗原を含む。

No.59

ヒスタミンは、アレルギー症状を抑制する。

No.60

加熱処理により、アレルゲン性は減少する。

No.61

食物アレルギーは口腔粘膜の症状が、出現する。

No.62

アナフィラキシーショック時には、エピペンを用いる

No.63

IgMは胎盤を通過する。

No.64

IgAは唾液中に含まれる

No.65

IgGは、即時型アレルギー反応に関わる

No.66

IgEは肥満細胞から分泌される。

No.67

IgEは、免疫グロブリンの中で最も血液中濃度が高い

No.68

橋本病では、甲状腺機能は亢進する。

No.69

強皮症では、嚥下障害がみられる

No.70

関節リウマチでは蝶形紅斑がみられる。

No.71

シェーグレン症候群では、唾液分泌が増加する

No.72

全身性エリテマトーデス(SLE)は、男性に多い

No.73

卵白のアレルゲンには、オボムコイドがある。

No.74

小麦のアレルゲンには、グルテンがある

No.75

ピーナッツは、アナフィラキシーの原因となる

No.76

鶏肉のアレルゲン性は、加熱により低下する

No.77

牛乳アレルギーで、ヨーグルトを代替食品とする

No.78

ヘルパーT細胞は、非特異的防御機構を担う。

No.79

形質細胞は、非特異的防御機構を担う。

No.80

ナチュラルキラー(NK)細胞は、特異的防御機構を担う

No.81

B細胞は、細胞性免疫を担う。

No.82

抗原提示細胞は、細胞性免疫と体液性免疫を 担う

No.83

食物アレルギーの発症には、IgMが関与する。

No.84

鶏卵の食物アレルギーは、乳児期に最も頻度の高い原因食物で ある。

No.85

食物アレルギーは、Ⅲ型アレルギー反応に分類される。

No.86

食物経口負荷試験は、家庭で行う

No.87

アナフィラキシーショックには、抗ヒスタミン薬が第一選択である。

No.88

食物アレルギーで最も多い症状は、下痢である。

No.89

食後の運動で、アナフィラキシーショックが誘発される。

No.90

減感作療法では、食物アレルゲンを完全除去 する。

No.91

非特異的治療では、食物アレルゲンを少量から漸増する。

No.92

鶏卵は、加熱によりアレルゲン性が低下する。

No.93

不顕性感染は、病原性の低い病原体による感染をいう。

No.94

E型肝炎はイノシシ肉の生食で起こる

No.95

デング熱は、新興感染症である。

No.96

オウム病の病原体は、リケッチアである

No.97

梅毒の病原体は、クラミジアである。

No.98

宿主は、感染症の原因となる微生物である

No.99

潜伏期は、症状が改善した後でも病原体が残 存している期間である。

No.100

不顕性感染は、感染しても症状が現れない感 染をいう。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta