暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

介護の基本 中間テスト

問題数12


No.1

「2015年の高齢者介護~高齢者の尊厳を支えるケアの確立に向けて~」の基本理念は、「自立支援」と「尊厳の保持」である。

No.2

外国人介護人材の受け入れについては、経済連携協定(EPA)、在留資格「介護」、外国人技能実習制度、「特定技能1号·特定技能2号」の4つの制度がある。

No.3

QOLは、「生活の質」などと訳され、生活着の満足感・安定感・幸福感を規定している諸要因の質をいう。

No.4

施設に入所している高齢者や障害者には、ノーマライゼーションの考え方は適応しない。

No.5

「求められる介護福祉士像」では、介護ニーズの複雑化・多様化, 高度化に対応し、本人や家族等のエンパワメントを重視した支援ができることが求められている。

No.6

「吸引器にたまった汚水の廃棄や吸引器に入れる水の補充、吸引チューブ内を洗浄する目的で使用する水の補充を行うこと」は、医行為外業務である。

No.7

社会福祉士及び介護福祉士法に規定されている義務規定は、「誠実義務」「信用失墜行為の禁止」 「秘密保持義務」「連携」の4つであ る。

No.8

介護福祉士は、業務独占の専門職である。

No.9

日本介護福祉士会倫理綱領では、利用者の質のニーズを受け止め、 介護福祉士がそれを代弁する重要性を語っている。

No.10

身体拘束は、①切迫性、②非代替性、③一時性の3つの要件を満たした場合に、緊急やむを得ない場合として認められる。

No.11

緊急やむを得ず身体拘束を行う場合、利用者本人や家族に対し事前に説明してあれば、実際に身体拘束を行うときの本人への説明は省略できる。

No.12

事業所内で実施するカンファレンスに施設職員以外の者が同席する場合、情報の提供について利用者の同意を得る必要はない。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta