暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

応用情報技術者試験 システム構造技術

問題数12


No.1

障害発生時、待機系に引き継ぐこと。

No.2

障害が復旧し、待機系から現用形に処理を戻すこと

No.3

稼働中のシステム状態を監視して、ログなどの情報を取得すること。

No.4

求められるリソースを見積もり、最適なシステム構成を計画すること。

No.5

仮想サーバ上で稼働しているOSやアプリケーションを停止せずに、別に物理サーバへ移り処理を継続させる仕組み

No.6

複数のコンピュータを統合・連携させることで、システムのアベイラビリティやスケーラビリティを、高めるためのツール。

No.7

複数台の物理サーバので運用していたものを、1台の物理サーバに統合すること。 仮想化

No.8

ゲストOS使わないタイプの仮想化方式 ホストOSしか使えない

No.9

一般のユーザーや企業向けにクラウドコンピューティング環境をインターネット経由で提供するサービスのこと。

No.10

ストレージを仮想化して割り当てる技術

No.11

システムや装置の信頼性についての考え方の1つで、障害が発生しても外部に影響が伝わらないような仕組みにすること。

No.12

個々の構成要素の品質を高めたり、十分なテストを行ったりして、故障や障害の原因となる要素を極力排除することで信頼性を高めるという考え方

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta