暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

看護研究

問題数61


No.1

研究とは、明らかになっていなかった疑問や問題を解決するために、(      )を用い探求すること。

No.2

研究のプロセスは、(      )の明確化→研究計画の作成→研究実施、研究結果の解釈・まとめ と進む。

No.3

文献を読む際に、研究の内容を吟味し、間違いのないよう解釈をし、その研究の限界や課題を明らかにすることを(     )という。

No.4

人を対象とした研究をする際に、対象者が守られるべき権利には、(  )、(  )、(  )、(  )、(  )、(  )の6つがある。

No.5

人や動物を対象とする研究を実施する場合、所属する機関の(     )による審査を受け、倫理的に問題がないか承認を得る必要がある。

No.6

キーワードをかけあわせる

No.7

or

No.8

not

No.9

看護研究を始めるにあたっては、過去に行われてる研究との()を避け、これまで蓄積された文献を見て、関係のある情報を得ることが重要。

No.10

研究における「文献」とは、主に雑誌と図書に記録された「」のことを指す。

No.11

文献として主に参考とする文献(種類)は研究成果の最終まとめの論文である()である。

No.12

文献の必要性とは、()を明確にすること、研究テーマの知識を深めること、先行研究の内容を知ることである。

No.13

文献を検索する際に使用する統一されたキーワードを()という。

No.14

研究計画書には、研究の背景を記載するにあたって()を参照する必要があります。また、研究計画書で()が記載されていなければ計画書の意味がなくなりますので、記載は必須です。また、()は()に記載する必要があり、データの()や()、()も含みます。

No.15

研究計画書は、研究遂行の()となるものです。また、自分が考えている研究を()・()し、()を受けたり、()を訂正したりすることに役立ちます。 企業などの協力を得る場合もありますが、宣伝することを()とはしていません。

No.16

必要な専門用語を使用することは必要ですが、それで()を防ぐことを目的とはしておらず、むしろ()のないようにわかりやすい言葉を使うことが勧められます。

No.17

一つの計画に複数の目的を含むと研究自体の()がつぶれてしまう可能性があります。()を踏んで一つずつ研究を重ねていくことが良いでしょう

No.18

()(新しい、これまでにない)、()(役に立つ)のある研究が望ましいですね。

No.19

大規模であれば良いというものではなく、()な研究であることが重要です。()や()に応じて、()での研究を行うことができるようにしましょう。

No.20

結論と目的を読む際は、論理の()があることを確認します。結果には()な情報が記されていることが重要です。また、()に沿った結果が示されていることが重要で、量が多ければよいというものではありません。 考察では、()な結果に対する考察を加えていきますので、()も重要です。()は、誰かが言っ ていたことや自分自身の経験ではなく、()を根拠にします。 研究は、()できることが重要です。()の確保がされていることを確認します。

No.21

対象者の選定法やデータ収集法、解釈を明示しているか

No.22

トライアンギュレーションの活用がなされているか

No.23

異なる方法、研究者、データ源、理論を複数組み合わせて結果の信頼性、妥当性を高める手法

No.24

ある文脈で得られた解釈が他の文脈においても可能かどうか

No.25

現実との関連性:

No.26

研究によって明らかにしたい「問い」を(        )という。

No.27

リサーチクエスチョンとは、素朴な疑問、気になることからスタートし、疑問を、研究で答えを出す「問い」の形にしていく。

No.28

既に答えは出ているが、自分は知らなかった「問い」はリサーチクエスチョンになる。

No.29

みんなの役にたたない「問い」でも、リサーチクエスチョンになる。

No.30

検証できない「問い」でも、リサーチクエスチョンになる。

No.31

量的研究は()を扱う研究である

No.32

数量データは良い結果が出るように研究者が()

No.33

尺度はどんなものでも自由に使用してよい

No.34

自己流で作成した尺度でも広く一般的に使用できる

No.35

示されているデータはすべての要素を含み正しいので疑う必要はない

No.36

平均値とは大きく外れた値に左右されない

No.37

中央値とは数値を()に並べたちょうど真ん中の値である

No.38

中央値と平均値は必ず一致する

No.39

名義尺度とは

No.40

順序尺度

No.41

間隔尺度

No.42

比尺度

No.43

一貫して同様の結果を得ることができること。誰が、いつ、どのような条件で測定しても一貫した結果が得られる こと

No.44

測定したいもの・ことが正確に測定できるというもの あるものを測定する際にこの尺度を用いることができるということ

No.45

標本(サンプル)に見られる特徴から、全体(母集団)を推測する

No.46

手元にある()をわかりやすく記述したもの。具体的な数字。 年齢別や、男女比、平均など。

No.47

すべての研究の基礎となる面と、独立した研究になる面がある。

No.48

自ら調査を行い、文献を使用して研究を行う

No.49

関心のあるキーワードに絞って内容を整理することができる。

No.50

明らかにしたい事柄の経緯を把握し、現在までに分かっていることは何かが把握できる。

No.51

特定の項目について発表された国内外の論文をまとめて解説・紹介したもの

No.52

研究の成果を報告した論文の中でも独創性の高い論文

No.53

原著論文・研究報告には至らないが,専門領域、テーマ課題に貢献するデータを有する論文

No.54

原著論文ほど全体的に整備されてはいないが、新しい知見が掲載され、学術的に価値があると判断された論文

No.55

学術論文の基本的な構成とは

No.56

IMRADとは

No.57

文献研究の5つのステップ

No.58

質的研究に関係しない事柄を1つ選びなさい。 ① グラウンデッド・セオリー・アプローチ ② 現象学的アプローチ ③ 内容分析 ④ 多変量解析

No.59

科学的方法による探求のプロセス

No.60

解決は()で、()である

No.61

研究での解決策は()・()である

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta