暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学(再試)

問題数26


No.1

イオンチャネル内蔵型受容体ー( )

No.2

Gタンパク質共役型受容体ー( )

No.3

キナーゼ連結型受容体ー( )

No.4

核内受容体ー( )

No.5

血漿タンパク質(アルブミン)に結合した結合型の薬物が作用を発現する。

No.6

イオン型の薬物は細胞膜を受動拡散する。

No.7

脂溶性の薬物は脂肪組織に蓄積する。

No.8

排泄がゼロ次速度論に従う薬物は、その除去速度は一定である。

No.9

薬物代謝の第Ⅱ相反応は、シトクロムP450によって行われている。

No.10

腎臓の尿細管から薬物は分泌されない。

No.11

フェノバルビタールは尿をアルカリ性にすると、排泄が促進される。

No.12

カルシウムイオンーテトラサイクリン系抗菌薬・・・( )

No.13

サリチル酸ーフェニトイン・・・( )

No.14

カルシウム拮抗薬ーグレープフルーツジュース・・・( )

No.15

ベンジルペニシリンー( )

No.16

テトラサイクリン塩酸塩ー

No.17

オフロキサシンー( )

No.18

スルファメトキサゾールー( )

No.19

アムホテリシンBー( )

No.20

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)ー( )

No.21

サイトメガロウイルスー( )

No.22

単純ヘルペスウイルスー( )

No.23

インフルエンザウイルスー( )

No.24

アミノグリコシド系抗菌薬ーフロセミド

No.25

テトラサイクリン系抗菌薬ー鉄剤

No.26

エリスロマイシンーテオフィリン

No.27

タクロリムスー( )

No.28

抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリンー( )

No.29

アザチオプリンー( )

No.30

ミコナゾールーグリベンクラミド(血糖降下薬)

No.31

セフメタゾールナトリウムーアルコール(飲酒)

No.32

クロモグリク酸ナトリウムー( )

No.33

スプラタストトシル酸塩ー( )

No.34

ケトチフェンフマル酸塩ー( )

No.35

オザグレル塩酸塩水和物ー( )

No.36

モンテルカストナトリウムー( )

No.37

アスピリンー( )

No.38

スリンダクー( )

No.39

セレコキシブー( )

No.40

チアラミド塩酸塩ー( )

No.41

メトトレキサートー( )

No.42

コルヒチンー( )

No.43

アロプリノールー( )

No.44

プロベネシドー( )

No.45

刺激薬ー( )

No.46

遮断薬ー( )

No.47

分解酵素阻害薬ー( )

No.48

再取り込み阻害薬ー( )

No.49

自己受容体作動薬ー( )

No.50

放出薬ー( )

No.51

アドレナリンー( )

No.52

ドパミン塩酸塩ー( )

No.53

クロニジン塩酸塩ー( )

No.54

プラゾシン塩酸塩ー( )

No.55

サルブタモール硫酸塩ー( )

No.56

タムスロシン塩酸塩ー( )

No.57

メトプロロール酒石酸塩ー( )

No.58

亜酸化窒素ー( )

No.59

イソフルランー( )

No.60

プロポフォールー( )

No.61

チオペンタールー( )

No.62

トリアゾラムー( )

No.63

ニトラゼパムー( )

No.64

ジアゼパムー( )

No.65

タンドスピロンクエン酸塩ー( )

No.66

パロキセチン塩酸塩水和物ー( )

No.67

次の【A群】の抗精神病薬の説明として当てはまるものを【B群】から選びなさい (A群) a.クロルプロマジン bハロペリドール cリスペリドン dアリピプラゾール (B群) 1鎮静とα受容体遮断作用が最も強い 2パーキンソン症候群の発症率が最も高い 3ドパミンおよびセロトニン受容体にも作用し、陰性症状にも有効である。 4ドパミン神経系の活動を調整し、安定させる

No.68

以下の薬物とその特徴について対応するものをA〜Eで答えなさい ①イミプラミン塩酸塩 ②ミアンセリン塩酸塩 ③フルボキサミンマレイン酸塩 ④ミルナシプラン塩酸塩 ⑤炭酸リチウム A 躁状態を静穏化 B SSRI C SNRI D 四環構造 E 三環構造

No.69

片頭痛治療薬とその対応する特徴をA〜Cで答えなさい ①スマトリプタンコハク酸塩 ②ロメリジン塩酸塩 ③エレヌマブ A 片頭痛の予防に用いる抗体医薬である B 脳の血管の収縮を抑える C 急性の痛みを抑える

No.70

次の【A群】の降圧薬に関する作用機序として当てはまるものを【B群】から答えなさい (A群) ①ヒドロクロロチアジド ②クロニジン塩酸塩 ③レセルピン ④プラゾシン塩酸塩 ⑤プロプラノロール塩酸塩 ⑥ニフェジピン ⑦カブトブリル ⑧ロサルタンカリウム (B群) A アンギオテンシンⅡ受容体拮抗作用を有する B アンギオテンシン変換酵素を阻害する C カルシウム拮抗薬である D α1受容体遮断薬である E 腎臓からのレニン分泌を抑制する F 中枢神経系のα2受容体に作用する G NaとClの尿細管での再吸収を抑制する H 交感神経終末のノルアドレナリンを枯喝させる

No.71

次の【A群】の抗不整脈に関する記述として当てはまるものを【B群】から選びなさい (A群) ①プロカインアミド塩酸塩 ②プロプラノロール塩酸塩 ③アミオダロン塩酸塩 ④ベラパミル塩酸塩 (B群) A 全身性エリテマトーデス型薬疹を生じる B 交感神経系の興奮によって生じる不整脈を抑制する。 C 心筋のペースメーカ細胞へのCa流入を抑制する D 心筋からのKの流出を抑制して、不応期を延長させる

No.72

次の【A群】の利尿薬に関する記述として当てはまるものを【B群】から選びなさい (A群) ①アセタゾラミド ②ヒドロクロロチアジド ③スピロラクトン ④Dーマンニトール (B群) A 浸透圧効果で利尿作用が生じる B 近位尿細管でNa、HCOの再吸収を抑制 C 高カリウム血症を生じることがある D 遠位尿細管でのNa.Clの再吸収を抑制する

No.73

止血薬についてそれぞれの適切な作用機序をA〜Dで答えなさい ①アドレナリン ②トラネキサム酸 ③フィトナジオン ④ゼラチン A 外用止血剤 B ビタミンK効果 C 抗プラスミン作用 D 血管収縮作用

No.74

薬物名に対応する説明文をA〜Eで答えなさい ①クエン酸マグネシウム ②ラクツロース ③ポリカルボフィルカルシウム ④ラモセトロン塩酸塩 A 肝性脳症に使用される B 麻痺性腸閉塞(イレウス)に使用される C 腸管の5ーHT受容体を遮断することにより、下痢・腹痛を抑える D 腸管で水分を吸収してゲル化することにより下痢をとめる E 内視鏡検査の前処置に使用される。

No.75

以下の薬物と使用される疾患をA〜Fで答えなさい ①アシクロビル ②オフロキサシン ③クロモグリク酸ナトリウム ④アトロピン硫酸塩水和物 ⑤ラニビズマブ ⑥ジピベフリン塩酸塩 A 加齢黄斑変性症 B アレルギー性結膜炎 C 緑内障 D 細菌感染症 E 単純ヘルペスによる結膜炎 F 眼底検査

No.76

以下の薬物は緑内障の治療に使用されるものである。関係のあるものをA〜Dで答えなさい ①ピロカルピン塩酸塩 ②イソプロピルウノプロストン ③チモロールマレイン酸塩 ④ドルゾラミド塩酸塩 A β遮断 B 炭酸脱水酵素阻害 C プロスタグランジン D コリン作動薬

No.77

当てはまるものをA〜Lで答えなさい ①ナロキソン塩酸塩 ②プラリドキシムヨウ化物(パム) ③ホメビゾール ④アセトアミノフェン ⑤亜硝酸化合物 ⑥キレート薬 ⑦サルモネラ属 ⑧腸炎ビブリオ菌 ⑨ノロウイルス ⑩感染型食中毒 ⑪ボツリヌス菌 ⑫一酸化炭素中毒 A 鶏肉・卵 B 抗血清 C 麻薬中毒 D 高圧酸素療法 E メタノール中毒 F 抗菌薬 G 有機性リン化合物中毒 H シアン化合物中毒 I 魚介類 J 肝障害 K 腸管感染 L 重金属中毒

No.78

薬物名に対応する説明文をA〜Gで答えなさい ①ジゴキシン ②リドカイン塩酸塩 ③プロプラノロール塩酸塩 ④アトロピン硫酸塩水和物 ⑤ベラパミル塩酸塩 ⑥ニカルジピン塩酸塩 ⑦ニトログリセリン A 冠動脈を拡張して狭心症発作を改善する B β受容体を遮断し、心臓の刺激伝導を抑える C 心筋細胞内のカルシウム濃度を高めて心筋の収縮力を増加させる D カルシウムチャネルを抑制して心臓の刺激伝導を抑える E 徐脈性不整脈・有機リン剤中毒に使用される F 高血圧緊急症に使用される G ナトリウムチャネルを抑制して心臓の刺激伝導を抑える

No.79

①tーPA ②フロセミド ③マンニトール ④サルブタモール硫酸塩 ⑤モルヒネ塩酸塩 ⑥フェニトイン ⑦炭酸水素ナトリウム ⑧ガベキサートメシル酸塩 A 腎臓のヘンレループでナトリウムの排泄を促進して尿量を増やす B 痙攣重積に使用される C プラスミノゲンをプラスミンに変化させて血栓のフィブリンを溶解する D 急性膵炎に使用される E 気管支喘息発作に使用される F 急性心筋梗塞・急性腹症・外傷などによる急性の激しい痛みに使用される G 脳浮腫に対して脳圧低下のために使用される H アシドーシスに使用される

No.80

神経伝達物質の作用を変化させる薬物とその機序について対応するものをA〜Fで答えなさい ①刺激薬 ②遮断薬 ③分解酵素阻害薬 ④再取り込み阻害薬 ⑤自己受容体作動薬 ⑥放出薬 A プラゾシン塩酸塩 B ノルアドレナリン C イミプラミン塩酸塩 D ネオスチグミン E メタンフェタミン塩酸塩 F クロニジン塩酸塩

No.81

薬物とその効果について対応するものをA〜Gで答えなさい ①アドレナリン ②ドパミン塩酸塩 ③クロニジン塩酸塩 ④プラゾシン塩酸塩 ⑤サルブタモール硫酸塩 ⑥タムスロシン塩酸塩 ⑦メトプロロール酒石酸塩 A 狭心症の予防 B 前立腺肥大による排尿障害の改善 C 気管支の拡張 D 末梢性α1受容体遮断による血圧降下 E 中枢性α2受容体刺激による血圧降下 F 失血性ショック時の循環改善 G 局所出血の止血

No.82

受容体とその分類についてA〜Dで答えなさい ①イオンチャネル内蔵型受容体 ②Gタンパク質共役型受容体 ③キナーゼ連結受容体 ④核内受容体 A エストロゲン受容体 B アドレナリン受容体 C サイトカイン受容体 D GABAA受容体

No.83

A群にあげた組み合わせは、どのような相互作用を起こすのか、B群より選びA〜Cで答えなさい (A群) ①カルシウムイオンーテトラサイクリン系抗菌薬 ②サリチル酸ーフェニトイン ③カルシウム拮抗薬ーグレープフルーツジュース (B群) A 複合体形成 B アルブミン置換 C 代謝酵素阻害

No.84

以下の抗感染症薬とその対応する抗菌メカニズムをA〜Eで答えなさい ①ベンジルペニシリン ②テトラサイクリン塩酸塩 ③オフロキサシン ④スルファメトキサゾール ⑤アムホテリシンB A 細胞膜障害 B 細胞壁合成阻害 C タンパク質合成阻害 D DNA複製阻害 E 葉酸合成阻害

No.85

次のウイルス感染症に用いられる薬物をA〜Dで答えなさい ①ヒト免疫不全ウイルス(HIV) ②サイトメガロウイルス ③単純ヘルペスウイルス ④インフルエンザウイルス A ザナミブル水和物 B アシクロビル C ガンシクロビル D エムトリシタビン

No.86

次の2つの薬物を併用した際に生じると考えられる結果をA〜Eで答えなさい ①アミノグリコシド系抗菌薬ーフロセミド(利尿薬) ②テトラサイクリン系抗菌薬ー鉄剤 ③ミコナゾール(抗真菌薬)ーグリベンクラミド(血糖降下薬) ④セフメタゾールナトリウム(セフェム系抗菌薬)ーアルコール(飲酒) ⑤エリスロマイシンーテオフィリン A 腎毒性・聴器毒性をもたらす B 薬物と鉄剤が結合し、吸収が低下する C 血糖降下薬の作用を増強する D 吐きけ、嘔吐などの消化器症状や、顔面紅潮、頻脈、頭痛を起こす E テオフィリンの作用を増強する

No.87

以下の免疫抑制薬とその対応するメカニズムをA〜Cで答えなさい ①タクロリムス ②抗ヒト胸腺細胞ウサギ免疫グロブリン ③アザチオプリン A DNA合成阻害 B T細胞障害 C ヘルパーT細胞でのサイトカイン生合成抑制

No.88

以下の抗アレルギー薬とその対応する作用機序をA〜Eで答えなさい ①クロモグリク酸ナトリウム ②スプラタストトシル酸塩 ③ケトチフェンフマル酸塩 ④オザグレル塩酸塩水和物 ⑤モンテルカストナトリウム A 選択的ロイコトリエン受容体遮断 B サイトカイン生成阻害 C ケミカルメディエーター遊離阻害とヒスタミン受容体遮断作用 D ケミカルメディエーター遊離阻害 E トロンボキサン合成酵素阻害

No.89

以下の抗炎症薬とその対応する特徴をA〜Dで答えなさい ①アスピリン ②スリンダク ③セレコキシブ ④チアラミド塩酸塩 A COX-2選択的抗炎症薬 B シクロオキシゲナーゼ阻害作用は弱い C 生体内で活性化されるプロドラッグ D 少量で抗血小板凝集作用

No.90

以下の薬物とその対応する特徴をA〜Dで答えなさい ①メトトレキサート ②コルヒチン ③アロプリノール ④プロベネシド A 体内での尿酸産生を抑制 B 白血球の遊走を抑制 C 腎での尿酸再吸収を阻害 D 抗がん薬であるが、免疫反応を抑える作用も強いため、抗リウマチ薬としても使用される

No.91

全身麻酔薬とその特徴についてA〜Dで答えなさい ①亜酸化窒素 ②イソフルラン ③プロポフォール ④チオペンタール A 筋弛緩作用 B 低酸素症による低血圧 C バルビツール酸誘導体 D 日帰り手術

No.92

次の【A群】の睡眠薬および抗不安薬の説明として当てはまるものを【B群】より選び、A〜Eで答えなさい 【A群】 ①トリアゾラム ②ニトラゼパム ③ジアゼパム ④タンドスピロンクエン酸塩 ⑤パロキセチン塩酸塩水和物 【B群】 A セロトニン受容体に作用して抗不安作用を発現する B 半減期が数時間の超短時間作用型の催眠薬である C セロトニンの再取り込みを阻害して、抗うつ作用を発現し、パニック発作にも有効である。 D ベンゾジアゼピン系の中等時間作用型催眠薬で、抗てんかん薬でもある E 脊髄反射を抑制して筋弛緩作用をもつベンゾジアゼピン系薬物である

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta