暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

地域理学療法学

問題数27


No.1

人の幸福度 歳を重ねるごとに幸福感が高まるアメリカ人v.s.歳を重ねるごとに幸福感が薄れる日本人 (①)

No.2

国と地方自治体では役割が異なる、地域ごとに医療体制・生活環境等の実情が異なる、理学療法士に要求されることも異なる、理学療法士の専門性に加えて,チームの一員としての理学療法士の立場、これらのことを何という?

No.3

地域包括ケアシステム ○住み慣れた地域で自分らしい生活を人生の最後まで持続できるよう,(①),(②),(③),(④),(⑤)を一体的に提供する必要性 ○背景  ・(⑥)年問題(団塊の世代が75歳以上となる)  ・(⑦)高齢者の増加  ・(⑧)の不足  ・(⑨)の不足  ・(⑩)高齢者の増加  ・高齢化の進展状況の地域差(都市部:人口は横ばいで75歳以上人口が急増⇔75歳以上人口の増加は緩やかだが地域の人口は減少)          ↓ 保険者である市町村や都道府県が、(⑪)や(⑫)に基づき、(⑬)に応じて作り上げていく

No.4

地域包括ケアシステムとは?

No.5

地域包括ケアシステム ○住み慣れた地域で自分らしい生活を人生の最後まで持続できるように、介護、医療、住まい、生活支援といったサービスを一体的に提供するシステム  ・介護サービスの主体:(①)→(②)  ・ケアの場:(③)→(④)

No.6

対象者に合わせたリハビリテーションプラン ・機能だけでなく(①)•(②)レベルにアプローチ  ・ROMの改善、筋力の改善などの機能も大事→要介護度が改善した、買い物ができるようになったなど、(③)の変化を示す必要がある ・(④)•(⑤)を含めたチームでの目標共有           ↓    対象者に合わせたベストな提案

No.7

日本社会の現状 ・(①)社会(1970〜):   65歳以上の人口が全人口の(②)%以    上を占めている社会 ・(③)社会(1995〜):   65歳以上の人口が全人口の(④)%以上を占めている社会 ・(⑤)社会(2010〜):   65歳以上の人口が全人口の(⑥)%以上を占めている社会

No.8

高齢化の進行に関する国際比較について、日本の65歳以上の人口割合の到達年次は社会のどのような変成をたどっている?

No.9

2025年問題 ○2015年に「ベビーブーム世代」が前期高齢者(65〜74歳)に到達した ○その10年後(今から5年後:2025年)には高齢者人口は約3500万人(高齢化率30%)に達すると推計されている ○これまでは高齢化の進展の(①)が問題であったが、今後は高齢化率の(②)(=高齢者数の多さ)が問題となる

No.10

障害の有無に関わらず、同じように生活を送ることを何という?

No.11

障害を有する者や高齢者が、社会の中で安全・快適に暮らせるような環境を何という?

No.12

誰もが使いやすい施設・製品・環境を作ることを何という?

No.13

ノーマライゼーションの父とされる人物の名前は?

No.14

知的障害者が一般人と同等の生活を送るために必要とされている生活のリズムや環境について整理した人物は?

No.15

ベンクト・ニィリエの8つの原則を答えよ

No.16

ベンクト・ニィリエの8つの原則の具体的なものを答えよ

No.17

大規模施設から地域で生活できる小規模なグループホームへと行った人物は?

No.18

デザインの種類と説明の組み合わせで正しいのはどれか?

No.19

ノーマライゼーションで正しいのはどれか?

No.20

高齢者福祉政策の変遷 1961年 (①)の実現  全ての国民が誰でも平等に医療を受けられる、現在に続く日本の医療制度 1973年 (②)  老人医療費の無料化→「高齢者の行き過ぎた受診」「社会的入院」など、老人医療費の増大を招く 1983年 (③)施行 1987年 (④)改正  医療機関から家庭に復帰するために、機能訓練や看護、介護が必要な高齢者に対する橋渡しとしての中間施設→現在の介護老人保健施設の前身 1989年 (⑤)  ホームヘルパー10万人、ショートステイ5万床、寝たきり老人ゼロ作戦などの具体的目標を掲げ、保険、医療、福祉サービスを提供する基盤となった 1994年 (⑥)法制定  病院、劇場、集会場、展示場、デパートなど不特定かつ多数の人が利用する政令が定める公共施設において、出入口、廊下、階段、エレベータ、トイレなどを高齢者や身体障害者が支障なく利用できるよう対策を促すもの 2000年 (⑦)法施行  ①急速な少子高齢化が進む我が国において、介護を行う主体を(⑧)から(⑨)へ移行する必要性②利用者のニーズに適切に応える③社会的入院の解消 2012年 介護保険制度改正  住み慣れた地域で暮らし続けることができるよう、住まい・医療・介護・予防・生活支援サービスを一体的に提供する(⑩)の推進

No.21

介護保険制度導入の背景と考え方 [背景] ✔︎高齢者人口の増加に伴う(①)の増加、(②)の長期化など、(③)の拡大 ✔︎その一方で(④)の進行、介護する家族の(⑤)など家族構造の変化 ✔︎従来の老人医療・老人福祉制度による対応の限界          ↓ (⑥)制度(高齢者の介護を(⑦)で支え合う仕組み)を創設 [基本的考え方] ✔︎(⑧)→要介護高齢者の身の回りの世話をするだけでなく、自立を支援することを理念とする ✔︎(⑨)→利用者の選択により、多様な保険医療サービスを総合的に受けられる制度 ✔︎(⑩)→給付と負担の関係が明確な社会保険方式を採用

No.22

介護保険サービスの利用者負担割合は?

No.23

第1号被保険者は何歳?

No.24

第2被保険者は何歳?

No.25

第2被保険者 加齢に伴う疾病( )が原因で要介護(要支援)認定を受けた時に介護サービスを受けることができる

No.26

特定疾病を16項目答えよ

No.27

介護保険の定める特定疾病に含まれないのはどれか?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta