暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

試験問題A(法規)

問題数53


No.1

労働者に支払う賃金に関する次の記述のうち,労働基準法令上,誤っているものはどれか。

No.2

年少者・女性の就業に関する次の記述のうち,労働基準法令上,正しいものはどれか。

No.3

労働安全衛生法令上,工事の開始の日の 30 日前までに,厚生労働大臣に計画を届け出なければならない工事が定められているが,次の記述のうちこれに該当しないものはどれか。

No.4

高さが 5 m 以上のコンクリート造の工作物の解体等の作業における危険を防止するために,事業者又はコンクリート造の工作物の解体等作業主任者(以下,解体等作業主任者という)が行わなければならない事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法令上,誤っているものはどれか。

No.5

技術者制度に関する次の記述のうち,建設業法令上,誤っているものはどれか。

No.6

火薬類の取扱い等に関する次の記述のうち,火薬類取締法令上,誤っているものはどれか。

No.7

道路上で行う工事又は行為についての許可又は承認に関する次の記述のうち,道路法令上,正しいものはどれか。

No.8

河川管理者の許可に関する次の記述のうち,河川法令上,正しいものはどれか。

No.9

工事現場に設ける延べ面積 60 m2 の仮設建築物に関する次の記述のうち,建築基準法令上,正しいものはどれか。

No.10

騒音規制法令上,指定区域内における建設工事として行われる作業に関する次の記述のうち,特定建設作業に該当しないものはどれか。 ただし,当該作業がその作業を開始した日に終わるもの,及び使用する機械が一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境大臣が指定するものを除く。

No.11

振動規制法令上,特定建設作業における環境省令で定める基準に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.12

船舶の航行又は工事の許可等に関する次の記述のうち,港則法上,誤っているものはどれか。

No.13

就業規則に関する次の記述のうち,労働基準法令上,誤っているものはどれか。

No.14

労働基準法令に定められている労働時間,休憩及び年次有給休暇に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

No.15

事業者が統括安全衛生責任者に統括管理させなければならない事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法令上,誤っているものはどれか。

No.16

労働安全衛生法令上,高さが 5 m 以上のコンクリート造の工作物の解体作業における危険を防止するために,事業者が行わなければならない事項に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.17

技術者制度に関する次の記述のうち,建設業法令上,誤っているものはどれか。

No.18

火薬類取締法令上,火薬類の取扱い等に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

No.19

車両制限令で定められている通行車両の最高限度を超過する特殊な車両の通行に関する次の記述のうち,道路法上,誤っているものはどれか。

No.20

河川管理者以外の者が,河川区域内(高規格堤防特別区域を除く)で工事を行う場合の手続きに関する次の記述のうち,河川法上,誤っているものはどれか。

No.21

建築基準法上,工事現場に設ける仮設建築物に対する制限の緩和が適用されないものは,次の記述のうちどれか。

No.22

騒音規制法令上,特定建設作業に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.23

振動規制法令上,指定地域内で特定建設作業を伴う建設工事を施工しようとする者が,市町村長に届け出なければならない事項に該当しないものは,次のうちどれか。

No.24

船舶の航行又は港長の許可に関する次の記述のうち,港則法令上,誤っているものはどれか。

No.25

労働基準法に定められている労働契約に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.26

労働時間及び休暇・休日に関する次の記述のうち,労働基準法上,正しいものはどれか。

No.27

事業者が統括安全衛生責任者に統括管理させなければならない事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法上,誤っているものはどれか。

No.28

高さが 5 m 以上のコンクリート造の工作物の解体等の作業における危険を防止するために,事業者またはコンクリート造の工作物の解体等作業主任者(以下,解体等作業主任者という)が行わなければならない事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法令上,誤っているものはどれか

No.29

技術者制度に関する次の記述のうち,建設業法令上,誤っているものはどれか。

No.30

火薬類取締法礼上,火薬類の取扱い等に関する次の記述のうち,正しいものはどれか。

No.31

道路上で行う工事,又は行為について許可,又は承認に関する次の記述のうち,道路法令上,誤っているものはどれか。

No.32

河川管理者以外の者が,河川区域内(高規格堤防特別区域を除く)で工事を行う場合の手続きに関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.33

工事現場に設ける仮設建築物の制限の緩和に関する次の記述のうち,建築基準法令上,適用されないものはどれか。

No.34

騒音規制法令上,指定地域内で行う次の建設作業のうち,特定建設作業に該当しないものはどれか。ただし,当該作業がその作業を開始した日に終わるもの,および使用する機械が一定の限度を超える大きさの騒音を発生しないものとして環境大臣が指定するものを除く。

No.35

振動規制法令上,指定地域内で行う次の建設作業のうち,特定建設作業に該当しないものはどれか。

No.36

船舶の航行,または工事の許可等に関する次の記述のうち,港則法上,正しいものはどれか。

No.37

常時 10 人以上の労働者を使用する使用者が,労働基準法上,就業規則に必ず記載しなければならない事項は次の記述のうちどれか。

No.38

労働時間および休憩に関する次の記述のうち,労働基準法上,誤っているものはどれか。

No.39

次の作業のうち,労働安全衛生法令上,作業主任者の選任を必要とする作業はどれか。

No.40

高さが 5 m 以上のコンクリート造の工作物の解体作業における危険を防止するために,事業者が行わなければならない事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法令上,誤っているものはどれか。

No.41

元請負人の義務に関する次の記述のうち,建設業法令上,誤っているものはどれか。

No.42

火薬類取扱い等に関する次の記述のうち,火薬類取締法令上,誤っているものはどれか。

No.43

道路占用工事における道路の掘削に関する次の記述のうち,道路法令上,誤っているものはどれか。

No.44

河川管理者以外の者が河川区域(高規格堤防特別区域を除く)で行う行為の許可に関する次の記述のうち,河川法上,誤っているものはどれか。

No.45

工事現場に延べ面積 45 m2 の仮設現場事務所を設置する場合,建築基準法上,適用されるものは次のうちどれか。

No.46

騒音規制法令上,指定地域内で行う次の建設作業のうち,特定建設作業に該当しないものはどれか。

No.47

振動規制法令上,特定建設作業に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.48

船舶の入出港および停泊に関する次の記述のうち,港則法令上,誤っているものはどれか。

No.49

労働者に支払く賃金に関する次の記述のうち,労働基準法令上,誤っているものはどれか。

No.50

災害補償に関する次の記述のうち,労働基準法令上,誤っているものはどれか。

No.51

次の作業のうち,労働安全衛生法令上,作業主任者の専任を必要とる作業はどれか。

No.52

高さが 5 m 以上のコンサート造の工作物の解体作業における危険を防止するために,事業者またはコンクリート造の工作物の解体等作業主任者が行うべき事項に関する次の記述のうち,労働安全衛生法令上,誤っているものはどれか。

No.53

元請負人の業務に関する次の記述のうち,建設業法令上,誤っているものはどれか。

No.54

火薬の取扱いに関する次の記述のうち,火薬類取締法令上,正しいものはどれか。

No.55

河川管理者以外のものが河川区域(高規格堤防特別区域を除く)で工事を行う場合の許可に関する記述のうち,河川法令上,誤っているものはどれか。

No.56

工事用現場に設置する仮設の現場事務所に関する次の記述のうち,建築基準法令上,正しいものはどれか。

No.57

騒音規制法令上,特定建設作業における環境省令で定める基準に関する次の記述のうち,誤っているものはどれか。

No.58

振動規制法令上,指定地域内で行う次の建設作業のうち,特定建設作業に該当しないものはどれか。ただし,当該作業がその作業を開始した日に終わるものを除く。

No.59

港長の許可又は届出に関する次の記述のうち,港則法令上,正しいものはどれか。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta