暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

行政法

問題数100


No.1

命令の種類

No.2

行政機関が制定する命令は行政法の根源になりうるか

No.3

条約は行政法の法源になりうるか

No.4

憲法は行政法の法源になりうるか

No.5

下級裁判所の判決と最高裁判所の判決はそれぞれ行政法の法源となりうるか

No.6

地方公共団体の長が定める条例と議会が定める条例はそれぞれ行政法の法源になりうるか

No.7

法律による行政の原理

No.8

国民の権利義務に変動を及ぼす一般ルールを創造するのは法律である

No.9

いかなる行政活動も法律の定めに違反してはならない

No.10

一定の行政活動については法律によって一定の要件の下に一定の行為をするように授権されていなければ行えない

No.11

法律の留保の原則において現在の実務でもとられている考え方

No.12

行政法の一般原則

No.13

行政法の根源

No.14

成文法に属する法源

No.15

不文法に属する法源

No.16

慣習法の例

No.17

日本国憲法で認められていない命令

No.18

国民の権利や自由を侵害する行政活動について、法律の授権を必要とする

No.19

行政の活動の全部について、法律の授権を必要とする

No.20

侵害行政だけでなく、社会権の確保を目的として行われる生活配慮行政にも法律の授権を必要とする

No.21

行政活動のうち、権力的行政活動について、法律の授権を必要とする

No.22

国民の基本的人権にかかわりのある重要な行政活動については、基本的内容について、法律の授権を必要とする

No.23

法規命令と条例の違法判断基準は同一か否か

No.24

租税法律主義を定めた憲法84条が関連をもつ考え方

No.25

授益的行政行為を撤回するための個別的な法律上の根拠は必要か否か

No.26

強制執行するために必要なもの

No.27

行政機関ができる行政指導

No.28

権限が委任された場合受任機関はなにとして権限行使するか

No.29

委任機関は自らが委任した権限を行使できるか否か

No.30

代理機関が行わなければいけないこと

No.31

法律により権限を与えられた行政機関の名において権限を行使すること

No.32

専決が行われた場合、法律が定めた処分権限を変更することになるか否か

No.33

代執行する場合法律による明文の根拠が必要であるか否か

No.34

行政活動を行う権能を与えられた法人

No.35

公営住宅の使用関係

No.36

国に対する損害賠償請求と消滅時効は何年

No.37

権限全部の授権代理は認められるか否か

No.38

行政機関は自己の主要な権限を他の行政機関に委任できるか否か

No.39

権限の代理が行われた場合、その行為は当該代理機関の行為と被代理機関の行為どちらとして効果を生じるか

No.40

権限の委任に法律の根拠は必要か否か

No.41

専決が行われた場合、本来の行政庁と補助機関どちらの名で権限が行使されるか

No.42

公衆浴場法における業者の利益

No.43

公水使用権は絶対不可侵の権利であるか否か

No.44

村道の通行の自由権が妨害された場合、妨害排除請求をすることができるか否か

No.45

生活保護の受給権は相続の対象となるか否か

No.46

地方議会の議員の報酬請求権は譲渡できるか否か

No.47

公務員の免職辞令交付前の退職願の撤回は自由か否か

No.48

公衆浴場営業許可の申請が競願関係にある場合、申請に関する先願後願の基準はいつか

No.49

所得税確定申告書の記載内容にある錯誤が客観的に明白かつ重大である場合。

No.50

無効な国籍離脱を前提に行われた国籍回復に関する許可

No.51

公営住宅の使用関係において、信頼関係の破壊がない場合、公営住宅の使用者に明渡請求できないか否か

No.52

国税滞納処分による差押えについては何条の適用か

No.53

国が私人と対等の立場で行った私法上の契約は公法と私法どちらが適用されるか

No.54

首長が行う契約締結行為には何が適用される余地がある

No.55

道路に対する妨害行為を行う者に対して占有保全の訴えを提起できるか否か

No.56

公営住宅の使用関係には何の適用がある

No.57

法規命令は規則の形式をとることがあるか否か

No.58

法規命令は根拠法が廃止された場合どうなるか

No.59

新たに国民の権利や義務を創設する命令

No.60

執行命令を制定するためには法律の一般的な授権で十分か不十分か

No.61

法律において定められている国民の権利義務の具体的細目や手続きを規定する命令

No.62

内閣が制定する行政立法

No.63

内閣総理大臣が制定する行政立法

No.64

各省大臣が制定する行政立法

No.65

外局の長および委員会が制定する行政立法

No.66

行政立法はなにとなにに分けられるか

No.67

法規命令の国民への拘束力、法律の授権、形式

No.68

行政規則の国民への拘束力、法律の授権、形式

No.69

酒税法施行規則は合憲か違憲

No.70

農地法施行令旧16条は合憲か違憲か

No.71

銃砲刀剣類登録規則4条は合憲か違憲か

No.72

監獄法施行規則旧120条・124条は合憲か違憲か

No.73

児童扶養手当法施行令は合憲か違憲か

No.74

監督行政庁が組織上の監督権に基づいて所管の下級行政機関を指揮するために発する命令

No.75

行政権が一定の公目的のために目標を設定し、その目標を達成するための手段の総合的に提示するもの

No.76

行政計画の種類

No.77

法的根拠が必要な行政計画

No.78

工場誘致施策の変更は合憲か違憲か

No.79

第二種市街地再開発事業計画は合憲か違憲か

No.80

通達に従った処分の司法審査は、通達の解釈基準、処分の適法性どちらに着目して行われるか

No.81

処分基準、審査基準の制定に際して意見公募手続を実施する必要があるのはどちらか

No.82

裁量基準、行政規則の定立において法律の根拠を要するのはどちらか

No.83

通達が法の正しい解釈に合致する場合、処分はなにに基づいて行われるか

No.84

指導要項を守られるために給水契約の締結を留保するのは許されるか否か

No.85

国民が本来有していない特別な権利を設定する行為とその例

No.86

ある事実関係や法律関係について疑いや争いがない場合にの存在を公に証明する行為で法律効果の発生が予定されているものとその例

No.87

ある事実関係や法理関係について疑いや争いがある場合に、その存否・成否について公の権威を持って確定し、認定する行為とその例

No.88

第三者の行為を補充してその法律上の効果を完成させる行為とその例

No.89

行政庁の意思表示によって成立する行政行為のこと

No.90

行政庁の意思表示ではなく、それ以外の判断・認識・観念の表示に対し、法律が一定の法的効果を結合させることによって成立する行政行為のこと

No.91

法律行為的行政行為と準法律行為的行政行為において行政裁量と附款はどうか

No.92

国民が生まれながらに有している活動の自由に関係する行為

No.93

国民に一定の作為義務(〜せよ)を負わせる行為とその例

No.94

国民に一定の不作為義務(〜するな)を負わせる行為とその例

No.95

法令などによって一般に行われている行為を解除する(〜しなくてもよい)行為とその例

No.96

第三者のなすべき行為を行政機関が代わって行い、それにより第三者が行ったのと同一の法効果を生じさせる行為とその例

No.97

特定の事項を特定または不特定多数に知らせる行為で法律効果の発生がよていされているものとその例

No.98

他人の行為を有効な行為として受け付ける行為で、法律効果の発生が予定されているものとその例

No.99

認可を要件としているにも関わらず認可を得ないで行われた契約等はどうなるか

No.100

公証行為は抗告訴訟の対象になるか否か

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta