暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

宅建業法Part1

問題数30


No.1

用途地域内の土地であっても宅地にあたらないものとは

No.2

破産管財人が、破産財団の換価のため、自ら売主となって宅地・建物の取引を反復継続して行うことは業にあたるか

No.3

免許無しで宅建業を営める者(3つ)

No.4

事務所に必要なもの(5つ)

No.5

事務所の定義の一つである、「宅建業に係る契約締結権限を有する使用人を置くもの」の、宅建業に係る契約締結権限を有する使用人とは

No.6

帳簿の保存義務期間は

No.7

従業員名簿の保存義務期間

No.8

宅建業を営もうとする者が、国交大臣または都道府県知事から免許を受けた場合の、免許の有効期間は?

No.9

成年者である専任の宅建士の設置義務について、どのくらいの割合で設置するのか(何名に何名の割合でという形で答える)

No.10

未成年者の場合でも、成年者である専任の宅建士とみなされる場合は?(2つ)

No.11

未成年者の場合に、成年者である専任の宅建士とみなされる場合があるが、みなされない場合とは?

No.12

成年者である専任の宅建士の設置義務が、欠員などにより果たせない場合、何日以内に補充する等の必要な措置をとるか

No.13

宅建業の免許の申請について、一定の書類の提出先はどこか(①都道府県知事の免許を受ける場合と②国交大臣の免許を受ける場合とに分けて答えなさい。)

No.14

禁錮以上(禁錮、懲役)の刑に処された者は、宅建業の免許の欠格自由だが、刑務所を出てから何年経てば免許を取得できるようになるか

No.15

破産手続き開始の決定を受けた者は、宅建業の免許の欠格事由だが、その者が復権を得た場合、いつから免許を受けることができるようになるか

No.16

罰金刑であっても5年間免許を受けられない者(8つ)

No.17

5年間免許が受けられなくなる、宅建業法の免許取消事由とは(3つ)

No.18

「法人」に欠格事由があった場合、①役員は免許を受けられるか、また、②政令で定める使用人は免許を受けられるか

No.19

案内所の設置の届出先は?(「2名!」)

No.20

宅建業者の死亡の時の届出義務者と免許失効の時期

No.21

合併により消滅した時の届出義務者と免許失効の時期

No.22

宅建「業者」が破産手続き開始の決定を受けた場合の届出義務者と免許失効の時期

No.23

合併、破産手続き開始以外の理由により解散した場合の届出義務者と免許失効の時期

No.24

案内所等についての届出(①届出期間②届出先)

No.25

書き換え交付をすべき時とは

No.26

新規交付、更新の場合に受けなければならない講習とはどんな講習か(例外も含めて)

No.27

宅建士の事務(3つ)

No.28

宅建士登録がなされない場合とは(実務経験についての制限)

No.29

死亡等の届出(禁錮以上の刑に処せられた、 ・破産手続きを受けた等、宅建「士」の登録の削除について)は、原則として何日以内にするか

No.30

宅建士証に伴う義務に関して、違反しても罰則がないのはどんな時か(2つ)

No.31

不正手段によって試験を受けようとした者が、受験を禁止される期間は何年以内の期間?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta