暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

行政法 行政組織法 ③権限の委任と代理

問題数7


No.1

行政庁の権限の委任がなされた場合に於ては、委任した行 政庁はその権限を失い、委任を受けた機関が自己の名と責任 でその権限を行使する。

No.2

行政庁の権限の委任は、直接私人の利益を害するものでは ないことから、特に法令の根拠がない場合でも認められる。

No.3

行政庁の権限の委任は、上級行政庁が下級行政庁に対して のみ行うことができる。

No.4

上級の行政庁は、下級の行政庁に対し権限を委任した場合 であっても当該下級の行政庁を指揮監督することができる。

No.5

授権代理は、本来の行政庁が他の機関に対し自己に代理し てその権限の一部を行う権能を与えるものであり、法律の根拠が必要である。

No.6

行政庁の権限の委任とは、本来の行政庁が欠けたり、これ に事故があって、実際に権限を行使できない場合に、法律の 定めに従い指定された他の行政機関が本来の行政庁に代わっ て権限を行使することをいう。

No.7

法定代理は、行政庁が欠けたときまたは行政庁に事故があっ たときに、法律に定めるところに従い、他の行政機関が、本 来の行政庁の権限のすべてを当然に代行することである。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta