暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

臨床検査医学総論I

問題数100


No.1

病気の原因としての内因4つで誤っているものを選べ

No.2

病気の原因としての外因2つで誤っているものを選べ

No.3

心不全とは心臓の(1)で機能が低下し、全身組織に必要な(2)を送れなくなる状態

No.4

心不全の診断に有用な血液検査

No.5

左心不全の兆候を二つ選べ

No.6

右心不全の兆候を二つ選べ

No.7

高心拍性心不全の疾患を二つ選べ

No.8

心不全時症状軽減のためにとる体位は(1)位で、心臓を足より(2)する

No.9

心不全には、急性心不全と( )心不全、収縮不全と( )不全がある

No.10

NYHAの心不全分類、クラス4では安静時に症状が

No.11

AEDは一次救命処置に

No.12

静脈ルート確保は一次救命処置に

No.13

昏睡では強い痛み刺激に

No.14

ショックの定義で収縮期血圧は( )以下である

No.15

不整脈で心停止とみなされる状態2つを選べ

No.16

徐脈性不整脈は( )以下

No.17

頻脈性不整脈は( )以上である

No.18

心房細動では血栓による( )が重篤な合併症

No.19

心室細動ではただちに( )による治療が必要である

No.20

心室頻拍は心室性期外収縮が( )以上連続するものである

No.21

ファロー四徴症で認められないもの

No.22

先天性心疾患で最も多いもの

No.23

成人で最も多いもの

No.24

僧帽弁狭窄症の雑音は( )雑音である

No.25

動脈管開存症では( )雑音が特徴である

No.26

大動脈弁搾取症の原因は①が多く、心雑音は②雑音である。治療としては侵襲の少ない③が行われる

No.27

僧帽弁狭窄症治療は( )が第一選択

No.28

大動脈弁閉鎖心不全では( )雑音が聴取される

No.29

僧帽弁閉鎖不全症では( )雑音が聴取される

No.30

狭心症発作時に投与する薬剤は①で、②で使用

No.31

心筋梗塞の逸脱酵素診断で最初に上昇するもの

No.32

心筋梗塞の逸脱酵素診断で2番目に上昇するもの

No.33

次のマーカーの中で上昇が早いもの

No.34

労作性狭心症ではSTは

No.35

心筋梗塞ではSTは

No.36

心タンポナーデの3兆候でないもの

No.37

高血圧の診断は収縮期①mmHg以上、拡張期②mmHg以上である

No.38

二次性高血圧で副腎皮質腫瘍でのコルチゾールが高いもの

No.39

二次性高血圧で髄質腫瘍でのカテコラミンが高いもの

No.40

深部静脈血栓症では( )に注意が必要

No.41

大動脈の内膜が剥離するものを( )大動脈瘤という

No.42

深部静脈血栓症では、( )の合併症に注意が必要

No.43

レイノー病は①に多く、②の攣縮で生じる

No.44

パルスオキシメーターでは酸素飽和度と( )が測定できる

No.45

血液のpHを測定する因子は血中重炭酸イオンHCO3-と( )である

No.46

院内肺炎は入院後( )以降に発症したものである

No.47

細菌性肺炎の原因として最も頻度が高いもの

No.48

非定型肺炎の原因菌

No.49

結核既感染の検査法としてはツベルクリン反応と( )がある

No.50

結核の多剤耐性菌とは少なくともINHイソニアジドと( )に耐性がある

No.51

非結核性抗酸菌症の原因菌の多くは

No.52

気管支喘息の3つの特徴でないもの

No.53

気管支喘息ではスパイロメーターの一秒率は①し、②を示す。

No.54

気管支喘息ではピークフローメーターのピークフローは

No.55

動脈血中酸素濃度を見る方法は動脈血中酸素濃度PaO2と( )SPO2がある

No.56

呼吸不全ではPaO2①mmHg以外、SPO2②以下である

No.57

慢性閉塞性肺疾患(COPD)では、スパイロメーターで①性換気障害、拡散能の②、解剖学的死腔の③がある

No.58

予防には( )ワクチンが有効である

No.59

特発性間質性肺炎では、肺の聴診で副雑音の①音を聴取し、スパイロメーター検査では②性換気障害、肺コンプライアンスでは③している

No.60

肺がんの病理分類では50%が( )癌である

No.61

原発性肺がんは、本邦のがん死亡原因の○位

No.62

原発性肺がんの増加の原因(2こ)

No.63

ブリンクマン指数は( )以上で危険群になる

No.64

睡眠時無呼吸症候群では(①)以上の呼吸停止が1時間の睡眠中に(②)以上出現する。治療には(③)が用いられる

No.65

石綿肺では、肺がんと( )の合併がある

No.66

肺サルコイドーシスは①病変を示し、血中②上昇が認められる

No.67

過換気性症候群は若い①に多く、ガス分析では呼吸性の②を示す

No.68

慢性胃炎の多くの原因は①感染で、酸性下でウレアーゼにより尿素を分解し②を産生して中和する

No.69

ヘリコバクターピロリ菌の検査方法2つ

No.70

胃癌は( )が多い

No.71

食道癌は( )が多い

No.72

大腸癌は( )が多い

No.73

イレウスは腸閉塞であり、胸部X線で、①ある二ボーが見られ、器質的狭窄によるものを②イレウストという。

No.74

腸重積は小腸が①に入り込んだ状態で、②に多い

No.75

大腸癌の腫瘍マーカーは①で、②に多い

No.76

大腸癌は( )と( )に好発する

No.77

大腸癌の血行転移は( )が多い

No.78

胃がんの手術ではダンピング症候群が生じ、胃全摘では、①欠損によりビタミンB12の呼吸障害で②貧血が生じる

No.79

逆流性食道炎の治療には、胃酸を抑えるH2阻害薬と( )が推奨される

No.80

A.C型肝炎ウイルスは( )ウイルスである

No.81

A型肝炎ウイルスでは( )感染

No.82

B.C型肝炎ウイルスでは( )感染

No.83

B型肝炎ウイルスでの抗体は中和抗体であるが、C型肝炎ウイルスでは活動性の確認には( )検査が必要である

No.84

肝硬変の原因の50%は( )肝炎である

No.85

胆石症のシャルコーの三徴で誤っているものを一つ選べ

No.86

デュビン・ジョンソン症候群は、常染色体劣性遺伝で( )ビリルビンが上昇する

No.87

ジルベール症候群ではグルクロン酸抱合①で、②ビリルビンが増加

No.88

急性膵炎の二大成因

No.89

急性膵炎の診断に最も重要な逸脱酵素

No.90

膵臓がんは本邦では( )傾向で予後は悪い

No.91

膵臓癌の危険因子2つ

No.92

ガストリノーマで難治性胃潰瘍をきたすものを( )症候群という

No.93

細菌感染症

No.94

ウイルス感染症

No.95

真菌感染症

No.96

経口感染の代表的な疾患

No.97

接触感染の代表的な疾患

No.98

血液感染の代表的な疾患

No.99

飛沫感染

No.100

空気感染の代表的な疾患

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta