暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営管理

問題数39


No.1

○○とは、組織を運営する際、両視点の組織成果をいかにバランスよく保つかについて試行錯誤することであり、経営学とはそうしたバランスの妥当性や正当性を探究する。

No.2

有名大学の ○○○(経営学修士号)となると、まさに憧れの的ともなる。

No.3

○○○=最高経営責任者

No.4

経営学の研究対象は○○である。

No.5

経営学が分析対象とする組織は、大きく○○○○と○○○○○の2つ。

No.6

組織がその目標を達成するために、2つの仕事群を必要とすれば、経営学 は当然、これらの2つの仕事群ができる人材を育てなければならない。専門的な仕事群を主に担当する「○○○○○○○」と、ある特定の仕事に縛られ ることのない「○○○○○○」の育成である。

No.7

ゼネラリストの仕事は、大きく2つに分けることができる。 1つは主任、係長、課長など「○○○○○○○○」にかかわる仕事群である。具体的に、個人のやる気を引き出したり、リーダーシップを発揮したり、グループをマネジメントしたりする仕事である。

No.8

もう1つは、経営者や取締役などが行う「○○○○○○○○○」にかかわる仕事群である。具体的に組織が直面している環境を分析した上で、組織の計画や戦略を立てたり、戦略をうまめに組織体制を作ったりする仕事である。

No.9

こうした負のアウトプットを生み出さないためには,外部環境から監視を受 けるだけでなく、チェック機能を組織体が自ら備えていなければならない。 そのためには、多様な○○○○○(ステイクホルダー)に対して企業は責任を果たすと同時に、それらの行動に影響を及ぼす要因にも目を向けなければならない。

No.10

1人の人間の中には個人の利害と組織の利害とが常に共存している。バーナード(1938)は、このような1人の人間がまとっている 二重の人格を「個人○○」と「組織○○」とよぶ。(二重○○)そして、経営の重要な課題は、この両者をいかに統合するかにある。

No.11

ところで、こうした経営に対する責任を負う管理階層には○○○マネジメント(取締役層) ○○○マネジメント(中間管理層),○○○マネジメント(現場監督層)の3つのレベル が存在する。

No.12

ロワー(現場監督層)は他の管理階層に比べ、○○○スキルが強く求められる。

No.13

ミドル(中間管理層)は戦術を構想さる○○○スキルが必要。

No.14

○○○○スキルは、周囲の人々の考え方や感情を理解する能力で、すべての管理者に等しく求められる。

No.15

対人関係の領域について、第一の「○○○○○○」は、組織や部門を代表するシンボルとしての役割を果たすことをさす。

No.16

次の「○○」という役割は、主に管理している組織や部門の外部との接触を持ち、繋げる役割である。

No.17

最後の○○○○としての役割は、主にモチベーションを中心とした部下たちへの働きかけである。

No.18

情報伝達の領域について、最初の○○○○は組織や部門に重要な影響を与える可能性がある内・外の情報を収集する役割である。

No.19

次に、○○○○○の役割は管理者が自ら持っている情報を、主に部下へ与える役割の事である。

No.20

最後の「○○○○○○○」の役割とは、反対に組織や部門の内・外に組織にとって重要は情報を発信する役割のことである。

No.21

「○○○」として管理者が果たすべき役割は事業や組織を新たに創造するための変革をうながすことである。

No.22

「○○○○○」の役割とは、想定していなかった問題や課題に管理者が事後的に対処すること。

No.23

「○○○○○には、①自分や周囲の時間をスケジューリングする役目,②業務手続き (誰が何をどのように行なうか)を確立する役目、③周囲の行動を許可する役目がある。

No.24

○○○としての管理者の役割は、リアルタイムで資源を取引することである。

No.25

組織の経営を、個人の視点から眺める場合(○○○○○○○○ともよぶ) と、組織の視点から眺める場合(○○○○○○○○ともよぶ)

No.26

テイラーは科学的分析を通じて、仕事のやり方における「○○○○○○○」を見つけた

No.27

テイラーは、工場生活に区切りをつけた後は、生涯、経営コンサルタントとして活躍し ながら、自らの○○○○○○の普及に残りの人生を捧げた。

No.28

テイラーが考える、夢を実現するために何よりも必要なことは、○○○○だった。

No.29

当時の労働者を蝕む最大の悪習が○○○○○

No.30

不思議にも現場のマネジメントは、組織的怠慢を起こしていた働き手である熟練工や職人たちに委ねられており、これら の人々の経験や勘に頼る「○○○○○○○○」が横行していたのである

No.31

細かいタスクをもっと効率よく行える人間な動作、つまり、まったく無駄のない動きを研究し、確定することを○○○○という。

No.32

まったく無駄のない動作でタスクを行なった場合にかかる平均時間をストッ プウォッチで測り、それぞれのタスクにかかる標準時間を決める(○○○○)

No.33

働き手の仕事に関する不満は募るばかりで、このような○○○○は労働者の頻 繁な欠勤や離職、ストライキを招いた。

No.34

さらに、科学的管理法は、職場で働く人々を「構想や計画を練る人(管理者たち)」と、「命令通りにただ実行するだけの人(一般労働者)」とに、二分化する弊害も生み出した。いわゆる、「○○○○○○○○」とよばれる現象である。

No.35

この○○○○であるが、一般に、メイヨー をはじめとするハーバード大学の研究者たちが深くかかわっている とされている

No.36

つまり、当時ホーソン工場で勤めた従業員は○○○○と○○○○の2 つに分けられた。

No.37

人間の心理的・社会的・精神的要因の解釈は、○○○○として有名となる。

No.38

以降、ハーバード大学の影響力は決定的なものとなる。ハーバード大学は ホーソン研究の解釈を通じて組織のなかで人間的な側面を強調する○○○○と、それを継承・発展させた○○○○という大きな流れを生み出す。

No.39

われわれが組織を、ただ単に目標達成のために人間が機械のように黙々と仕事をする「○○○○」ではなく、人々が集まっている小さな世界で、その内部では人間の喜怒哀 楽が繰り広げられる「○○○○」としてとらえるようになったのは、ホーソン研究のおかげである。

No.40

○○○○=動機づけ、やる気

No.41

モチベーションに関する様々な理論は、「○○○○」と「○○○○」の2つ。

No.42

マズローが提唱=○○○○

No.43

Alderferの○○○○

No.44

Herz-bergらの○○○○

No.45

モチベーションの要因は、 「○○○○」と、「○○○○」の2つ。

No.46

二要因理論の作った流れの1つ「○○○○」

No.47

人々のやる気をもたらす要因2つ

No.48

QWL=「○○○○」

No.49

QWLのうち、仕事を「縦」の面で充実化しようとする試みのこと。

No.50

QWLのうち、仕事を「横」の面で広げようとする試み

No.51

QWLのうち、テイラーの科学的管理法によって設計された仕事を、JCMにしたがって再設計しようとする試みのこと

No.52

マグレガーの人間観のうち、人間を「否定的、受身的な存在」としてとらえるもの

No.53

マグレガーの人間観のうち、人間を「肯定的・能動的な存在」としてとらえるもの。

No.54

モチベーション理論の中でも重要なもの?

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta