暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

厨房設備士2021年試験問題

問題数25


No.1

舟形シンクは洋食料理に書くことのできない機器である

No.2

フレームロッド方式の立ち消え安全装置には交流電源が必要である

No.3

(一財)日本ガス機器検査協会の「業務用ガス機器検査規格」に適合した製品にはPSEマークが表示されている

No.4

冷蔵庫は90分以内に食品の芯温を3〜4℃まで下げる能力が必要とされる

No.5

乾熱式の消毒保管庫でも、食器の付着水が蒸気化することにより湿熱効果で消毒を行ったことになる。

No.6

蒸気湯沸器は電気湯沸器よりも沸き上げに時間がかかる

No.7

米サイロの貯米量は米の変質、劣化なども考えると一週間分くらいまでが適量である

No.8

厨房の廃棄物はほとんどが一般廃棄物の可燃物に該当するが、廃油は廃油回収業者に引き取られる

No.9

フランジ加工やシゴキ加工はプレス加工の一種である

No.10

厨房レイアウトの基準寸法によれば、二人歩きの場合は通路幅が900mmとなっている

No.11

喫食時に美味しく感じる温度を嗜好温度というが、熱い料理は60〜70℃、冷たい料理は6〜15℃である

No.12

厨房施設は「大量調理施設衛生管理マニュアル」において湿度80%以下、温度は25℃以下を保つことか望ましいとされている

No.13

業務用厨房不完全燃焼警報センサは、ガス機器から水平距離が8m以内、かつ床から170cm±20cmの位置に設置する

No.14

プロパンガスの着火温度は550℃〜730℃である

No.15

グリスフィルタは廃棄中に含まれる油脂分を75%以上除去することができ、かつ容易に取り外し、清掃できる構造で無ければならない

No.16

水道水などをそのまま電気分解するものとして「強酸性水」がある

No.17

長辺が1,100mmのステンレス製の排気フードを設ける場合、板厚は0.5mm以上どなければならない

No.18

バキュームブレーカは給水管路に負荷が生じて水が逆流することを防止するものである。

No.19

「新エネルギー」とは太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーのうち、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出が少なくエネルギー源の多様化に貢献するエネルギーを指す

No.20

消毒は生存する微生物の数を減らすために用いられるで処置法で、必ずしも微生物をすべて殺滅したり、除去するものではない。

No.21

排煙設備には区画化による防炎方式、自然排煙方式、機械排煙方式(吸引)、加圧防止方式がある

No.22

発注形態が分離発注の場合、建築内装、設備関連業者と打ち合わせを行い、厨房設備施工を進行させなければならない、

No.23

不完全燃焼とは、燃焼ガスが空気中の二酸化炭素と反応し、水蒸気と酸素を生成・中間生成物を排出しない現象を言う

No.24

温泉ホテル、旅館の洗浄セクションの設置位置は、盛付セクションから離し、できるだけ宴会場に隣接させるように配慮する

No.25

JFEA基準で要求される安全とは、大きく分けて食品衛生・使用者の安全・環境保護である

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta