暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

税務2級

問題数40


No.1

30万円以下の生活用動産の譲渡について利益が発生する場合の課税方法は?

No.2

30万円以下の生活用動産の譲渡について損失が発生する場合の課税方法は

No.3

損失額が損益通算の対象となる所得は不動産所得、事業所得、譲渡所得または山林所得である

No.4

不動産所得の損失の金額のうち土地等を取得するために要した負債の利子相当額損益通算の対象とならない

No.5

譲渡所得の損失の金額のうち土地建物等の譲渡により生じた金額などは損益通算の対象とならない

No.6

生活用動産(家具・什器・衣服等)の譲渡による所得は1個または1組の価格が30万円を超える貴石・貴金属・真珠・さんご製品など書画骨董及び美術工芸品のこれらの譲渡所得は総合課税扱いとなる

No.7

給与所得=給与収入から給与所得控除額を差し引いて所得の金額を求める

No.8

不動産所得=家賃収入から必要経費及び青色申告特別控除を差し引いて所得の金額を求める

No.9

譲渡所得=譲渡収入から必要経費及び特別控除額を差し引いて所得の金額を求める

No.10

各所得額を計算し総所得金額を計算するその際に長期譲渡所得の金額は2分の1相当額を合算する

No.11

課税総所得金額は総所得金額から所得控除額を差し引いて求める

No.12

所得税額算出:課税総所得金額に累進税率を適用して求める

No.13

復興特別所得税額:算出所得税額× 2.1%により求める

No.14

申告納税額:算出所得税額+復興特別所得税額−源泉徴収額により求める

No.15

青色申告制度は不動産所得、事業所得、山林所得を生ずべき業務を営む人に限定されている

No.16

青色申告制度の特典は次のようなものがある

No.17

配当金控除:国内に本店等のある法人から支払いを受けた配当金等がある時、所定の金額を算出所得税額から控除するものである

No.18

配当金控除が適用されるのは、配当金について総合課税を選択した場合に限られている。申告分離課税を選択した場合は適用されない。

No.19

個人事業者の必要経費として、同一生計の親族に支払った費用は必要経費とならないが、逆にその親族が支払った費用は必要経費に参入することができる

No.20

所得税額の計算の順序

No.21

申告分離課税とは総合課税と分離して計算する

No.22

所得税と復興特別所得税(原則として、その年分の基準所得税額の2.1%)を併せて申告・納税することになります

No.23

居住用住宅を譲渡した場合の特別控除3000万円の主な適用要件

No.24

譲渡所得を短期と長期に区別するときの基準について

No.25

建物:所有期間が10年を超えている場合には、課税の特例(軽減税率)として課税長期譲渡所得金額のうち6000万円以下の部分については10%の税率で所得税を計算することになる

No.26

贈与により取得した不動産を譲渡した場合の取得費は贈与者の取得費を引き継ぐ。また贈与者の取得時期を引き継ぐ

No.27

家屋の取得費は譲渡時点までの減価償却費の累計額を控除した未償却残高になる

No.28

雑損控除の対象となるものは

No.29

扶養控除とは、納税者に控除対象扶養親族がいる場合に、一定額を総所得金額等から控除する制度を言う。扶養親族は以下の通り

No.30

雑損控除は、納税者本人及び納税者と生計を一にする配偶者その他の親族で、その年分の総所得金額等が48万円以下の者が所有する資産について損失を受けた場合に適用を受けることができる

No.31

医療費控除は、納税者本人や納税者と生計を一にする配偶者親族のために支払った医療費について、総所得金額等から控除する制度である

No.32

総所得金額から控除できるものとして以下のものがある

No.33

路線価方式とは、市街地的形態を形成する地域内の1画地ごとの宅地の価額を、その宅地の面する道路に付された路線価に、その宅地の面積を乗じて算出した金額によって評価する方式である

No.34

倍率方式とは、路線価の定められていない区域内の宅地についてその宅地に定められている固定資産税評価額に国税局長がその地域に定めている倍率を乗じて算出した金額によって評価する方式である

No.35

相続税の課税価格は、各人の取得財産の価額をもとに次のように計算し、各人の課税価格を合計したものを課税価格の合計額と言う

No.36

小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の適用を受ける場合の計算

No.37

相続財産の賃貸アバート (貸家) と 賃貸アパートの敷地 (貸家建付地) の評価額は次の算式によって求める。

No.38

相続時精算課税の適用を受けるには

No.39

贈与税の配偶者控除とは

No.40

贈与税率には特例税率と一般税率がある

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta