暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

宅建 第3編 法令上の制限 国土利用計画法

問題数14


No.1

一定面積以上の土地取引について知事へ届出をさせることによって、地価の上昇を抑制して土地の有効利用を図ることを目的とした法律。

No.2

規制区域(地価の高騰が予想される地域)

No.3

注視区域(それほどでもないが地価が上昇することが予想される地域)

No.4

監視区域(それほどでもないが地価が上昇することが予想される地域)

No.5

規制区域、注視区域、監視区域以外の土地

No.6

土地に関する権利に該当するものはどれか。

No.7

対価を得ているものはどれか。

No.8

市街化区域は、()㎡未満の場合届出が不要となる。

No.9

市街化調整区域は、()㎡未満の場合届出が不要となる。

No.10

非線引き区域は、()㎡未満の場合届出が不要となる。

No.11

準都市計画区域の場合、()㎡未満の場合届出が不要となる。

No.12

都市計画区域外の場合、()㎡未満の場合届出が不要となる。

No.13

次のものは区域·規模にかかわらず開発許可不要となる。 ·()必要な建築物(図書館·公民館·駅舎·変電所) ·()の応急処置 ·「〜事業の施行として行う」()

No.14

公益性のある建築物である学校·医療施設·社会福祉施設は許可が必要か。

No.15

国·都道府県等が行う開発行為は、国の機関·都道府県等と()との協議が成立することをもって、開発許可があったものとみなされる。

No.16

国·都道府県等が行う開発行為は、国の機関·都道府県等と()との協議が成立することをもって、開発許可があったものとみなされる。

No.17

以下の場合には、事後届出は不要となる。 ①()法による調停に基づく場合 ②国·地方公共団体がからんだ場合 ③農地法()条()項の許可を受けた場合

No.18

事後届出の手順 権利取得者は、土地の利用目的や額などについて、契約締結から()週間以内に、市町村長を経由して()に届出をする。

No.19

事後届出をしない場合には、罰則があるが、契約自体は有効となる。◯☓

No.20

事後届出をしない場合、買主と売主が罰せられる。◯☓

No.21

事後届出は、利用目的について審査され、問題がある場合には、届出の日から()週間以内に、土地の利用目的を変更するように勧告することができる。

No.22

事後届出は、額についても審査され、勧告される。◯☓

No.23

買主が利用目的についての勧告に従った場合、都道府県知事は、当該土地に関する権利の処分について、()等の措置を講じるように努めなければならない。

No.24

買主が利用目的についての勧告に従わない場合、都道府県知事は、勧告の内容と勧告に従わなかった旨を()することができる。

No.25

利用目的についての勧告に従わない場合、罰則の適用はなく、契約も有効となる。◯☓

No.26

事後届出は、()に届出義務がある。

No.27

事後届出は、()が規定面積以上で届出必要

No.28

事後届出は、額について審査()。

No.29

事前届出は、()に届出義務がある。

No.30

事前届出は、()が規定面積以上で届出必要

No.31

事前届出は、額について審査()

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta