暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

技能照査(電気理論)

問題数61


No.1

1.1Aとは、1秒間に1Cの電荷が移動した時の単位である。

No.2

1mVは1000Vである。

No.3

電圧をかけ電流を流すと、導体内の電子は+極からー極へ移動する。

No.4

電流を流そうとする電気的な力を起電力という。

No.5

10Ωの抵抗を2つ直列につないだ場合の合成抵抗は20/3Ωである。

No.6

20Ωの抵抗を3つ直列につないだ場合の合成抵抗は60Ωである。

No.7

電流Iは10Aである。
画像

No.8

電流は5Aである。
画像

No.9

10Ωの抵抗を2つ並列につないだ場合の合成抵抗は5Ωである。

No.10

5Ωの抵抗を2つ並列につないだ場合の合成抵抗は10Ωである。

No.11

電圧Vは2.5Vである。
画像

No.12

電圧Vは10Vである。
画像

No.13

800Wの電熱器を10時間使った場合、電力量は8kWhである。

No.14

1000Wの電熱器を5時間使った場合、電力量は10kWhである。

No.15

ある負荷の電圧が200V、電流が20A,力率0.8のとき、電力は3200Wである。

No.16

ある負荷の電圧が100V、電流が5Aの場合、電力は20Wである。ただし、力率は1とする。

No.17

電流には4つの作用がある。磁気作用、化学作用、熱作用、光作用である。

No.18

ベクトルの和は三角関数の法則できまる。

No.19

電線の抵抗は長さに比例し、断面積に反比例する。

No.20

抵抗率とは、電流の通しやすさを表したもので、(1/導電率)で表せる。

No.21

導電率とは、電流の通しやすさを表したもので、(1/抵抗率)で表せる。

No.22

導電率の大きい順に次の金属を並べると、銅→銀→アルミニウムの順になる。

No.23

導体は温度が上昇すると、抵抗値は減少する。

No.24

1gの水を1℃温度を上げるために必要な熱量は4.2Jである。

No.25

消費電力300Wの電熱器を2時間使用したときの発熱量は、2160kJである。

No.26

2枚の並行板間の静電容量は平行板面積に比例し、平行板間隔に反比例する。

No.27

10μFのコンデンサに100Vの電圧をかけると1000μCの電荷が蓄えられる。

No.28

20μFのコンデンサを2つ並列につないだときの合成容量は、40μFである。

No.29

10μFのコンデンサを2つ直列につないだときの合成容量は、20μFである。

No.30

次の回路の合成容量は10μFである。
画像

No.31

10μFのコンデンサに100Vの電圧を加えると1Jのエネルギーが蓄えられる。

No.32

6μFのコンデンサに100Vの電圧を加えると0.06Jのエネルギーが蓄えられる。

No.33

正弦波交流100Vの最大値は約141Vである。

No.34

周期0.02秒の交流の周波数は、50Hzである。

No.35

周期0.5秒の交流の周波数は、20Hzである。

No.36

200Hzの周波数の周期は0.005秒である。

No.37

下図におけるインピーダンスは12Ωである。
画像

No.38

下図におけるインピーダンスは10Ωである。
画像

No.39

電流Iは10Aである。
画像

No.40

電流Iは20Aである。
画像

No.41

電流Iは20Aである。
画像

No.42

電流Iは約12Aである。
画像

No.43

電流Iは約20Aである。
画像

No.44

皮相電力100VA、無効電力80varのときの有効電力は、20Wである。

No.45

皮相電力50VA、無効電力40varのときの有効電力は、30Wである。

No.46

三相交流回路において、線間電圧200V、線電流10A,力率80%のとき、電力は約1550Wである。

No.47

三相交流回路において、線間電圧200V、線電流20A、力率80%のとき、電力は約5500Wである。

No.48

2πラジアンは360°である。

No.49

2本の線に同じ方向に電流が流れる場合、2本の線には反発力がはたらく。

No.50

磁力線はS極から出てN極に入る。

No.51

電流の流れる向きと磁界の向きは、右ねじの法則で説明できる。

No.52

下図はフレミング左手の法則で力の向きは図のようになる。
画像

No.53

透磁率は磁束のとおしやすさを表したものである。

No.54

鉄は銅より比透磁率が大きい。

No.55

磁束の単位は「T」(テスラ)である。

No.56

コイルに貫く磁束が変化すると、起電力が発生する。この現象を電磁誘導という。

No.57

インダクタンスLの単位は「H」(ヘンリー)が使われる。

No.58

鉄など強磁性体はヒステリシス現象があり、このため、損失を生じる。これを、鉄損という。

No.59

誘導性リアクタンスの大きさは周波数に比例する。

No.60

容量性リアクタンスの大きさは周波数に比例する。

No.61

下図の方向に電流が流れると磁力線は図のようになる。
画像

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta