暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学Ⅰ①

問題数100


No.1

疾病の原因を断つ治療法

No.2

疾病に伴う症状の緩和や軽減を行う治療法

No.3

疾病の発現を予防する治療法

No.4

生体機能を維持するために必要かつ不足している物質を補う治療法

No.5

原因療法の例

No.6

対症療法の例

No.7

予防療法の例

No.8

補充療法の例

No.9

薬理作用とは

No.10

器官、組織、細胞の機能を促進する作用

No.11

器官、組織、細胞の機能を減少、低下させる作用

No.12

興奮作用の例

No.13

抑制作用の例

No.14

適用部位に限局して発現する作用(血中に入らない)

No.15

全身の組織に到達して発現する作用

No.16

局所作用の例

No.17

全身作用の例

No.18

全身の臓器に一様ように作用する

No.19

特定の臓器や細胞に作用する

No.20

神経系の中枢神経系に対する作用

No.21

末梢神経、末梢各臓器に対する作用

No.22

ある器官、臓器に直接作用して、機能を変化させる作用

No.23

直接作用の結果、ほかの器官の機能を二次的に変化させる作用

No.24

治療上目的とする作用

No.25

治療上目的以外の作用

No.26

有害性の程度が高く、きわめて危険な作用 非可逆的な(後遺症)を残す場合がある作用

No.27

薬物との因果関係が認められる有害で好ましくない作用

No.28

薬物との因果関係がはっきりしていないものを含めた好ましくない作用

No.29

作用の持続時間が長い

No.30

作用の持続時間が長い

No.31

作用発現までの時間が短い

No.32

作用発現までの時間が長い

No.33

即効性作用の例

No.34

用量反応曲線の特徴

No.35

薬理作用を発現しない用量

No.36

有効量の最低量

No.37

有効な治療効果を示す量の範囲

No.38

中毒症状を示す直前の用量

No.39

中毒症状が発現する用量

No.40

人や動物が死に至る薬の量

No.41

試験動物を死亡させる最も少ない薬物量

No.42

50%有効量

No.43

50%致死量

No.44

ED50の特徴

No.45

LD50の特徴

No.46

治療係数(安全域)の式

No.47

薬物の作用点、生体高分子、薬物標的分子

No.48

2つの薬を同時に投与すると両方の薬の作用の和以上の反応が得られないこと

No.49

2つの薬を投与して両方の作用の和以上の高い反応が得られること、2つの作用が薬効を強め合うこと

No.50

ある薬物の効果がほかの薬物の存在下で減少したり、完全に阻害されること

No.51

受容体と結合し、受容体を活性化状態で安定化すること

No.52

受容体と結合してもシグナル伝達調節効果を示さない。それ自体がなんの刺激作用も有さない薬物

No.53

体内で正反対の作用を持ち、互いの薬効を打ち消し合う2つの薬物の相互作用(受容体を介さない)

No.54

体内で正反対の作用を持ち、互いの薬効を打ち消す2つの薬物相互作用

No.55

アゴニストと共通の作用部位に結合し、可逆的に同一の受容体を奪い合うもの

No.56

受容体結合に競合せず、作用を示す薬物が結合する受容体の別の部位やシグナル伝達系に働き、反応を抑制するもの

No.57

全ての受容体を完全に活性化させるもの

No.58

完全アゴニストの内活性

No.59

アゴニストの濃度が飽和状態であったとしても完全な反応を起こすことができないもの

No.60

部分アゴニストの内活性

No.61

受容体に結合し、受容体を不活性化状態で、安定化し、受容体シグナルを低下させるもの

No.62

逆アゴニストの内活性

No.63

受容体に親和性を持つが生体本来の反応を起こさないもの

No.64

アンタゴニストの内活性

No.65

競合的アンタゴニストが作用した時のアゴニストの用量反応曲線の変化の特徴

No.66

非競合的アンタゴニストが作用した時のアゴニスト用量反応曲線の変化の特徴

No.67

アゴニストの作用強度を表す指標のこと

No.68

競合アンタゴニストの作用強度を表す指標のこと

No.69

非競合的アンタゴニストの作用強度を表す指標のこと

No.70

薬物の効果が持続、反復投与によって徐々に減弱すること

No.71

特に短時間の頻回投与によって起こる現象

No.72

受容体数が減少すること

No.73

脱感受性とは

No.74

薬物の反復投与によって同じ薬効を得るために増量が必要となる現象

No.75

耐性とは

No.76

過感受性とは

No.77

定期的に作用していた薬物の服用を中止した場合、その薬物が単に消失して服用前に戻るだけでなく、服用前よりも悪い方向の変化として現れること

No.78

過感受性が起こる原因

No.79

受容体が増加すること

No.80

生体維持及び生体の恒常性維持に必要な機能を調節および支配する末梢神経系

No.81

運動や近くに関与する末梢神経系

No.82

中枢から末梢に司令を伝える神経

No.83

末梢で受けた情報を中枢に伝える神経

No.84

緊急時、運動時に働く神経

No.85

休息時に働く神経

No.86

節前繊維と節後繊維の中継部位

No.87

交感神経の節前繊維から分泌される神経伝達物質

No.88

交感神経の節後繊維から分泌される神経伝達物質

No.89

副交感神経の節前繊維から分泌される神経伝達物質

No.90

副交感神経の節後繊維から分泌される神経伝達物質

No.91

アセチルコリンが伝達物質である神経

No.92

ノルアドレナリンが伝達物質である神経

No.93

α‬受容体の種類

No.94

α‬1受容体が存在する場所

No.95

α‬2受容体が存在する場所

No.96

β1、2、3受容体が存在する場所

No.97

ノルアドレナリンが結合して作用を発現する受容体

No.98

アセチルコリンが結合して作用を発現する受容体

No.99

NN受容体が存在する場所

No.100

NM受容体に存在する場所

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta