暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

法学演習第3回

問題数51


No.1

国家統治の基本を定めた法としての憲法を

No.2

1789年のフランス人権宣言は近代立憲主義の

No.3

憲法の内容に着目すると、「固有の意味の憲法」

No.4

憲法は個々の国民に自由を保障したが、

No.5

近代立憲主義とは、成文憲法に基づいて

No.6

憲法という名前で呼ばれる成文の法典

No.7

国家は、いかなる社会・経済構造をとる場合でも、必ず政治権力

No.8

「固有の意味の憲法」とは、国家の統治の

No.9

「形式的意味の憲法」とは、憲法という名称

No.10

「硬性憲法」とは、日本国憲法のように、

No.11

形式的意味の憲法にはいかなる内容を

No.12

第10章「最高法規」中に公務員の憲法尊重

No.13

憲法の最高法規性は憲法規範

No.14

憲法改正に法律の改正より困難な手続が

No.15

(A)支配を排斥し、

No.16

(B)の思想と硬く結びついているのであり、

No.17

(C)人権の保障、適正手続の補償、

No.18

(D)に見られるような司法権の拡大強化

No.19

「法の支配は」、「人による支配」を排斥し

No.20

「法の支配」は、「法律による行政」の原理を

No.21

日本国憲法も、憲法の最高法規性

No.22

大日本帝国憲法と異なり、

No.23

憲法第27条第1項は、勤労の義務を定めている。

No.24

憲法第27条第1項は国民の勤労義務を定めるがら

No.25

憲法第30条の定める国民の納税義務は

No.26

憲法第26条第2項前段は、国民がその保護する子女

No.27

憲法第27条第1項は、国民の勤労の義務を定めている、したがって、憲法第18条で禁止されている

No.28

憲法第30条は、国民の納税義務を定めている。

No.29

裁判所がその固有の権限に基づいて審判することのできる対象は、

No.30

「板まんだら」事件判決は、

No.31

自分の居所から遠く不便となることから地方裁判所

No.32

憲法第81条は「最高裁判所は、一切の法律、

No.33

憲法は国の最高法規であってこれに反する法律命令等は

No.34

とりわけ第二次世界大戦後、議会が制定する法律自体の

No.35

卒業式等の式典における

No.36

国旗に向かって起立し国歌を斉唱する行為

No.37

卒業式等の式典における国歌斉唱の際の起立斉唱行為は、一般的、客観的に見て

No.38

この判決は、校長の職務命令が、

No.39

この判決は、「君が代」のピアノの伴奏

No.40

この判決は、入学式の国歌斉唱の際に

No.41

この判決は、公立小学校の校長が、

No.42

憲法第19条の思想・良心の自由は、

No.43

最高裁判所の判例によれば、良心の自由とは是非弁別

No.44

最高裁判所の判例によれば、「単に事態の真相を

No.45

憲法第19条は、内心の告白を強制されないという意味では

No.46

a.思想・良心の意味は、人の内心における b.思想・良心の自由が保障される

No.47

a.思想・良心の意味は、 b.憲法第19条は、

No.48

a.思想・良心の自由のうち、良心の自由については、 b.欧米諸国では良心の自由と信教の自由が不可分

No.49

憲法第19条の保証する良心の自由は、

No.50

公立中学校の校長が、

No.51

中学校の内申書に

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta