暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営学総論

問題数72


No.1

私企業の中の種類 合名会社、合資会社、合同会社() 株式会社()

No.2

合名会社 資本を提供する()を負って共同で経営に従事する会社形態 合資会社 資本を提供して事業経営を担う()と、資本は提供するが事業経営には参加しない()が存在する 合同会社 株式会社と同様に() 株式会社 ()

No.3

会社を所有する者と、会社を実際に動かし経営する者が分離している株式会社の重要な特徴を示した言葉。 ()はこの株式所有の分散化が経営者支配成立の根拠として説いた。

No.4

株式会社の基本的な特質

No.5

株主に与えられる権利

No.6

現代の社会環境 ()の到来

No.7

現代企業の求められるモノ ()が必要不可欠

No.8

中長期的な視点を伴う基本的な活動指針を思考し、行動を促すものが()と呼ばれるもの

No.9

アンゾフの名言

No.10

経営戦略の機能4つ

No.11

アンドリュース 経営戦略は()と()2つ

No.12

石井 必要不可欠な4つ

No.13

theodore ()

No.14

鉄道という物的存在や技術だけにフォーカスし()

No.15

企業、事業ドメインの設定の際に、本来望ましいとされるドメインよりも狭いドメインを選択したことにより、大きな環境の変化に対応できないといった問題が生じること

No.16

事業ポートフォリオと資源展開の決定の際に判断するもの2つ

No.17

事業ポートフォリオの決定のキー 2つ

No.18

競争戦略決定の際の基本 2つ ()と呼ばれる分析手法 ()と呼ばれるフレームをまず用いるのが一般的

No.19

5フォースとは

No.20

整合化 4つ

No.21

戦略とリスク 2つ

No.22

全社戦略の役割は()

No.23

企業のアイデンティティを規定し、競争相手と闘う土俵を特定する

No.24

企業内の経営資源の分散を防ぐことができる。シナジーの実現を助ける

No.25

望ましい全社的なドメイン 3つ

No.26

ゼロックスの事例

No.27

まず考えなければならないとされる代表的なものが()

No.28

()とは別に、()も検討する

No.29

将来の時点で活用することで正の影響を及ぼすという時間差を持ったシナジー効果のこと

No.30

事業ポートフォリオを決定する手段

No.31

PPMとは

No.32

PPMの特徴 各事業のキャッシュフローに影響する要因として特に()を重視する

No.33

PPMでは ():所与の外部環境を想定 競争上のポジション:()

No.34

製品ポートフォリオ、マトリックスの中では4つのセル

No.35

PPM メリット 資源配分に向けた()を可能にする 企業の()を促す ()する

No.36

多角化とは

No.37

新事業開発の代表的手法

No.38

M&Aの目的 4つ

No.39

規模の経済 ()が減少するという考え方

No.40

規模の経済の効果 ():絶対にかかるコストが生産、販売の規模を増やすことによって分散する

No.41

M&Aのプロセス 2つ

No.42

その他の代表的な新事業開発

No.43

新事業開発前に明確にすべき基本的な事項 5つ

No.44

事業戦略 4つ

No.45

顧客分析の基本的な課題

No.46

顧客は製品やサービスに関して一般的に次のような要因に何らかのニーズを持っている

No.47

顧客ニーズ そのため()の()を重視するのかを企業自らが判断して()する必要がある

No.48

セグメントを知るための基本的な手段

No.49

顧客の要求を知るうえでは、() ()1986

No.50

事業戦略策定時に考慮される基本的概念 2つ

No.51

競争の分析 事業戦略の策定には()することも必要不可欠

No.52

マイケルポーターの提唱した()である 別名

No.53

3つの基本戦略 マイケルポーター別名

No.54

ポーターの3つの基本戦略

No.55

中途半端に戦略を遂行した結果として身動きが取れなくなってしまう企業を()とよぶ

No.56

競争が極端になればお互いのメリットのない()に陥る

No.57

競争戦略の本質は()ことにある

No.58

非競争的な状態の志向 3つの手段

No.59

差別化に向けた策 2つ

No.60

顧客との接点での差別化は4パターン

No.61

ポーター 企業が自らの組織で顧客にとっての価値をどのように創造するかを企業の業務活動の全体系として表す概念を()とよんだ

No.62

製品やサービスの差別化に関する留意点

No.63

経営資源を一定の仕組みでシステム化したもの

No.64

事業システムによる差別化の特徴 2つ

No.65

企業が目指す差別化 ただし ()という仕組みのレベルで()と()を実現するということが差別化で成功するために検討すべき重要な課題

No.66

事業システムと戦略の適合 ()が重要。()することを念頭に置く

No.67

事業システムづくりの最も基本的な課題

No.68

事業システムの構築には2つの課題

No.69

事業の幅とは

No.70

事業の深さとは

No.71

社外の様々な取引相手との間にどのような関係を築くか まず()という選択が必要 一方は純粋な()を行うか もう一方は()を行うか

No.72

市場取引と社内取引の基本 どのような形態で取引を行うかという() 取引相手に()という選択

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta