暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

経営管理論

問題数97


No.1

マズローの欲求階層説における,5つの欲求(低次から順番に)(B-B)

No.2

自己実現の欲求が有する,満たされることにより一層関心が強化されるという性質(B-B) 

No.3

欲求が満たされるとそれ以上の行動が喚起されない

No.4

労働者が1日になす標準的な仕事量(B-B)

No.5

テイラーが,課業を設定するために行った2つの研究(B-B)

No.6

過去の経験と勘だけに頼った管理方法(B-B)

No.7

賃下げへ抵抗するために行われた従業員の怠慢

No.8

シャインが提唱した「人間は、経済人、社会人、自己実現人のいずれかのモデルに分類できるような単純な存在ではなく、さまざまな欲求やその時々の状況に影響を受けて行動するという複合的な存在である」という人間モデル

No.9

テイラーが提唱した管理方法

No.10

生理的欲求と安全的欲求に対応した伝統的管理法が想定した人間モデル

No.11

テイラーが導入した、家業を達成した労働者に対して割増賃金を支給し、達成しない非効率で労働意欲のない作業者には罰則的に低い賃率を支給する制度(B-B)

No.12

テイラーが導入した,1つの業務を職能別に分けて,それぞれに専門の担当者(職長)を配置 する制度(B-B)

No.13

フォード・システムにおける,生産の合理化(コスト削減)のための方策(2つ)(B-B) 

No.14

労使の繁栄共存を目指すべきという考え方

No.15

ファヨールの管理原則のうち、組織内の仕事を細分化し、各人がそれぞれの仕事を専門的・継続的に担当することにより仕事能率を向上させ、分業利益を獲得しようとする原則(A-A)

No.16

ファヨールの管理原則のうち、ある活動の担当者は一人の責任者からの命令のみを受け取らなければならないという原則(A-A)

No.17

ファヨールの管理原則のうち、組織がタテ割りに構成された場合、命令一元化を維持するため、組織を階層化し、階層ごとに権限を付与すべきという原則(B一B)

No.18

ファヨールの管理原則のうち、各構成員に付与される責任と権限は一致していなければならないという原則(B-C+)

No.19

組織において一人の上司が直接指示する部下の数を限定する原則

No.20

ファヨールの管理原則のうち、日常的・反復的な仕事に関する権限をできるだけ下位に委譲し、例外的な事項だけを上司である経営者・管理者が処理するというもの(B-B)

No.21

ファヨールが挙げた管理の5つのプロセス(A-A)

No.22

PDCAサイクルの,「P」「D」「C」「A」の意味(英単語1話)(A-A)

No.23

ファヨールの唱えた理論

No.24

ファヨールが唱えた理論

No.25

「人間は賃金等の経済的動機を唯一の目的として働く」と捉えるモデル(B-B)

No.26

良好な人間関係を求める人間モデル

No.27

仕事のやりがいを求めるモデル

No.28

人間関係論で、生産性に影響を与える主たる要因である、従業員の心理的要因(B-B)

No.29

企業が決めた業務管理上の区分ではなく、従業員の間で自然的に発生した集団(B-B)

No.30

ルールに基づいて編成され、公に認められた組織

No.31

インフォーマル組織における非合理的な価値基準(B-B)

No.32

メイヨーやレスリスバーガーによって提唱された人間を機械視する科学的管理法以来の伝統的な考え方を打ち破った、管理に対する新しい考え方

No.33

メイヨーやレスリスバーガーが参加した、人間関係論の提唱のきっかけとなった実験(B-B)

No.34

マグレガーが提唱した動機づけの理論

No.35

アージリスが提唱した動機づけ理論

No.36

ハーズバーグが提唱した動機づけ理論

No.37

Y理論における管理方法(部下が自分自身か上司との話し合いによって,測定可能で具体的・ 短期的な業績の目標を設定し,自らその業績の達成度合いを評価しその報告を行う方法)(B-B)

No.38

担当する仕事そのものの幅を広げて、細切れでない包括的な職務にするように、仕事の範囲を拡大すること(職務の水平的拡大)(A-B)

No.39

従業員に対して不満をもたらす要因のこと(A-B)

No.40

従業員の仕事へのやる気を起こす要因

No.41

職務担当者にできるだけ権限や責任を与えることによって、仕事そのものをやり甲斐のある、魅力的なものにするように、仕事の内容を充実させること(職務の垂直的拡大)(A-B)

No.42

アルダファにより提唱された理論名(C+一C+)

No.43

アルダファにより提唱された3つの欲求(低次から順番に)

No.44

マクレランドにより提唱された理論名

No.45

マクレランドにより提唱された3つの欲求(低次から順番に)

No.46

物事に対する強い興味や探求心など、人の内面的要因によって生まれる動機付け(B-B)

No.47

賃金や評価・罰則や懲罰といった外部からの刺激による動機付け

No.48

デシが主張した外的報酬の2つの側面のうち、報酬の受け手の自己決定の感覚を弱め、外的報 酬を得るために活動に従事していると知覚させる側面(A-A)

No.49

統制的側面が内発的動機付けを弱めること

No.50

No.51

情報的側面が内発的動機付けを強めること

No.52

ブルームの期待理論で挙げられている、動機付けの度合いを表す三つの要因(B-B)

No.53

ブルームによって提唱された外発的動機付けに着目した理論

No.54

アダムスが提唱した、「報酬(O)÷努力・仕事量(I)」を自身と他者で比較したときの大小 関係がモチベーションに影響を与えるとする理論(A-A)

No.55

人間を「ものごとの選択に関して自由であり、意思決定においても自由であるが、同時に物的,生物的,社会的,個人的要因に由来する制約を受ける存在」と捉えるモデル(A-A)

No.56

全人モデルの制約を克服するために組織メンバーが組織の中で行うべきこと(2文字)(A-A)

No.57

バーナードが提唱した、組織が成立するための3つの条件(A-A)

No.58

共通の信念(道徳準則)を創造し、それを協働する個人に吹き込み、人々の意思決定を鼓舞(こぶ)していく(人々をやる気にさせる)リーダーシップ(A-A)

No.59

組織共通の行為規範

No.60

組織メンバーの有する二つの人格のうち、共通目的の達成のために仕事を遂行するという機能 的かつ非人格的な側面(B-B)

No.61

個人の動機を満足させるための人間本来の人格的な側面

No.62

バーナードが提した,組織が存続するための2つの条件(A-A)

No.63

サイモンが組織均衡論において提唱した公式「( )>=( )」(A-B)

No.64

組織の有効性の特徴(外部環境の変化への対応が求められるという意味)(C+一C+)

No.65

組織の能率の特徴(誘因の原資を配分することにより維持する原理)

No.66

組織は外部環境に対して開かれた存在と捉えること(B-B)

No.67

組織と外部環境の関係を無視して捉えること

No.68

オハイオ研究の結果明らかになった、リーダーシップにおける2つの行動次元(B-B)

No.69

PM理論において、リーダーシップに求められるP機能(B-B)

No.70

PM理論において、リーダーシップに求められるM機能(B-B)

No.71

リッカートの提唱した、部下を完全に言頼し、友好的な相互作用を持つ、参加的で民主的なリーダーシップ(B-B)

No.72

管理者が一方的な決定を行い,命令や指示によって部下の行動を喚起するリーダーシップ

No.73

参加的リーダーシップにおいて果たすべき、集団間のコミュニケーションを繋ぐ役割(A-B)

No.74

リピットやホワイトによるアイオワ実験にて明らかとなった、最も望ましいリーダーシップのあり方(あらゆる方針はリーダーの激励と援助のもとに集団討議で決定すべき)(B-B)

No.75

リーダーシップの次元を、業績に対する関心と人間に対する関心の2種類に区分(関心を9段階に分けて計81種類の管理形態に識別)した、ブレイクとムートンの提唱した理論(B-B)

No.76

マネジリアル・グリッド論による2つの指標「( )に対する関心と( )に対する関心」

No.77

「部下の成熟度」によって望ましいリーダーシップのあり方は変わるとした、ハーシーとブランチャードにより提唱された理論(A-A)

No.78

SL理論における部下の成熟度に合わせて取るべき4つのリーダーシップ

No.79

フィードラーの提唱したモデルで用いられた、直訳すると「最も一緒に仕事をやりたくない同僚」という意味の指標(アルファベット3文字)(A-A)

No.80

セルズニックの提唱した,トップマネジメントが果たすべきリーダーシップ(B-B)

No.81

バーナードが主張した、権限は部下が受容することによって決まるとする考え方(B-B)

No.82

人間は命令を無意識に受け入れる部分が存在するという考え方(バーナードが主張)(A-A)

No.83

日本的経営における、三種の神器(B-B)

No.84

「年功序列制」の対義語

No.85

日常業務を行いながら、業務に必要とする知識・技術を身につける教育研修方法(A-A)

No.86

社員を弾力的に様々な仕事や部門に移動させていく制度(A-A)

No.87

ジョブローテーションによって育成されやすい複数の職種がこなせる人

No.88

主要な案件を会議によらず全員一致で決定する、日本企業における意思決定方式(B一B)

No.89

会社全体を巻き込む全社的品質管理(B-B)

No.90

職場ごとに従業員が小集団を組んで、グループごとに作業の改善策などの提案を行い、工程の改善や製品・サービスの品質向上を目指す活動(B-B)

No.91

必要な時に必要なものを必要なだけ生産することで在庫ゼロを目指す生産方式(アルファベット3文字)(B-B)

No.92

組み立て製造業において、1人~数人の作業員が部品の取り付けから組み立て、加工,検査までの全工程を担当する生産方式(B-B)

No.93

製品設計から資材の調達,部品製造,組み立て,検査、包装、出荷、販売にいたるまでの様々な生産活動を、必要最小限の生産資源で実行しようとする方式(B-B)

No.94

サイモンにより提唱された、経営人モデルを前提とした意思決定を行う際の基準(A-A)

No.95

サイモンにより提唱された、経済人モデルを前提とした意思決定を行う際の基準(A-A)

No.96

経営人モデルにおける意思決定の合理性の水準(A-A)

No.97

経営人モデルにおける意思決定の合理性の水準(A-A)

No.98

意思決定前提のうち意思決定者の主観的な価値観(目標・結果の評価基準となるもの)(A-A)

No.99

意思決定前提のうち意思決定者の客観的に観測可能な前提(解決や決定・判断の材料となるもの)(A-A)

No.100

アンゾフが提唱した3S(戦略、組織,システム) モデルにおいて掲げられている、意思決定の名称3つ(組織の上位者が行うものから順番に)(A-A)

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta