暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

薬理学💊

問題数100


No.1

歯痛にジクロフェナクナトリウムを投与した。該当する薬物療法はどれか。

No.2

原因療法に用いられるのはどれか。

No.3

補充療法に用いられるのはどれか。

No.4

対象者、適用薬物および薬物療法の種類に組み合わせを表に示す。正しいのはどれか。
画像

No.5

薬理作用の基本形式はどれか。 (1)興奮作用 (2)刺激作用 (3)協力作用 (4)拮抗作用

No.6

花粉症による鼻水症状に対する薬物治療を図に示す。①の薬理作用はどれか。
画像

No.7

局所作用を目的として用いられるのはどれか。2つ選べ。
画像

No.8

薬用量の用語を用量順に並べて図に示す。50%有効量はどれか。
画像

No.9

同じ用量を示している組み合わせはどれか。
画像

No.10

50%有効量(ED50)で正しいのはどれか。

No.11

LD50はどれか。

No.12

薬物の用量ー反応曲線の図を示す。用量①と用量②を用いて求めるのはどれか。
画像

No.13

薬物Aと薬物Bの用量有効率曲線と用量致死率曲線およびそれぞれの50%有効量と50%致死量を図に示す。用量を対数で表示する。薬物Aと薬物Bの安全性を表す安全域Aと安全域Bの関係で正しいのはどれか。
画像

No.14

薬物動態(薬の生体内運命)について誤っているのはどれか。

No.15

薬物動態について正しいのはどれか。

No.16

抱合によって起こる薬物の性質の変化はどれか。

No.17

薬物Aの薬物動態に影響するのはどれか。
画像

No.18

薬物の代謝過程で正しいのはどれか。 (1)酸化 (2)ろ過 (3)分泌 (4)抱合

No.19

薬物の血中濃度の時間経過を図に示す。 2時間の生物学的半減期をもつのはどれか。
画像

No.20

薬物の投与時間と血中濃度を表に示す。 この薬物の生物学的半減期はどれか。 a,10分 b,20分 c,30分 d,40分
画像

No.21

直腸内投与に用いるのはどれか。

No.22

医薬品の吸収部位と剤形との組み合わせで正しいのはどれか。
画像

No.23

薬物の血中濃度の変化を図に示す。 投与方法はどれか。
画像

No.24

図は薬物の適用方法による血中濃度の推移を示す。①はどれか。
画像

No.25

筋肉内投与、経口投与、静脈内投与および皮下投与の血中薬物濃度ー時間曲線を図に示す。経口投与はどれか。
画像

No.26

経口投与した薬物のバイオアベイラビリティ(生物学的利用能)に影響するのはどれか。

No.27

薬物の経口投与で正しいのはどれか。

No.28

肝臓の初回通過効果を受けるのはどれか。
画像

No.29

薬効に影響する要因で二重盲検法によって除かれるのはどれか。

No.30

偽薬により出現する薬理学的効果はどれか。

No.31

正しいのはどれか。
画像

No.32

薬物の連用で作用が増強される現象はどれか。

No.33

薬物の連用で生物学的半減期の長さと関係があるのはどれか。

No.34

薬物AとBの単独投与、およびAとBを併用したときの薬理作用の強さを模式図に示す。薬物の併用による作用はどれか。
画像

No.35

局所麻酔薬に血管収縮薬を添加することで得られる作用はどれか。

No.36

薬物について正しいのはどれか。2つ選べ。
画像

No.37

併用した薬物の効果が減弱するのはどれか。

No.38

薬物Aの単独適用と薬物Bとの併用適用による用量・反応関係を図に示す。薬物Aと薬物Bとの相互作用はどれか。
画像

No.39

図はある薬物を連続投与した場合の血中濃度の推移を示す。この図が示す薬物の作用はどれか。
画像

No.40

薬物Aを単独投与した時と薬物AとBを併用したときの用量反応曲線を図に示す。薬物の併用による作用はどれか。
画像

No.41

ある薬物を水または牛乳で服用後の血中薬物濃度ー時間曲線を図に示す。服用した薬物はどれか。
画像

No.42

薬物動態について誤っているのはどれか。

No.43

抗生物質とその副作用との組み合わせで正しいのはどれか。
画像

No.44

硬組織の形成不全を起こすおそれのある抗菌薬はどれか。

No.45

口腔乾燥に関与するのはどれか。

No.46

フェニトイン服用患者で高頻度に見られるのはどれか。

No.47

歯の形成不全を起こす薬物はどれか。

No.48

65歳男性。歯肉の腫れを訴えて来院した。医師が処方した薬を服用してから顕著になったという。疑われる内科疾患はどれか。
画像

No.49

8歳の女児。てんかんの治療中で、口腔内に歯肉増殖が認められた。服用していると思われるのはどれか。

No.50

高齢者にみられる基礎疾患と服用薬および副作用との組み合わせを表に示す。正しいのはどれか。
画像

No.51

53歳の男性。歯肉の異常を訴え来院した。全身的には糖尿病、高血圧、狭心症があり、それぞれに投薬を受けているという。上顎臼歯部頬側面観の口腔内写真(A)と同口蓋側面観(B)を示す。この患者の歯肉異常に関与する薬剤はどれか。
画像

No.52

歯質変色の副作用がある薬物はどれか。

No.53

32歳男性。知的能力障害があって障害者の施設に通所している。歯科検診で歯肉の腫脹と口臭を指摘され、施設職員と一緒に来院した。服用を疑う薬はどれか。
画像

No.54

副作用として口腔乾燥を認める服用薬剤はどれか。2つ選べ。

No.55

68歳男性。下顎前歯部の歯肉の腫脹を主訴として来院した。線維性の歯肉の腫脹が認められた。3年前から内科医の処方薬を服用しており、その頃から歯肉の腫脹が気になったという。考えられる処方薬はどれか。2つ選べ。

No.56

顎骨壊死と関係があるのはどれか。

No.57

小児の薬用量を求めるアウグスベルガー(Augsberger)式を示す。□に入るのはどれか。
画像

No.58

アウグスベルガー(Augsberger)式を用いて計算されるのはどれか。

No.59

高齢者の薬物療法において副作用の発現率が高い理由はどれか。

No.60

高齢者の薬物動態で正しいのはどれか。

No.61

医療用医薬品添付文書について正しいのはどれか。2つ選べ。
画像

No.62

日本薬局方を公示するのはどれか。

No.63

薬事法の規則の対象でないのはどれか。

No.64

薬事法で定められているのはどれか。

No.65

薬事法について正しいのはどれか。2つ選べ。
画像

No.66

劇薬の正しい表示はどれか。
画像

No.67

毒薬の正しい表示はどれか。
画像

No.68

毒薬の保管場所で正しいのはどれか。

No.69

医薬品のラベルの模式図を示す。薬事法で定められた文字と枠の色はどれか。
画像

No.70

医薬品表示の図を別に示す。法令で定められている保管条件はどれか。
画像

No.71

口腔粘膜の局所治療に適用されるのはどれか。

No.72

処方せん交付義務を規定しているのはどれか。

No.73

処方せんの記載事項はどれか。2つ選べ。

No.74

処方せんについて正しいのはどれか。2つ選べ。

No.75

医薬品の管理温度域が最も広いのはどれか。

No.76

薬物の保存容器の写真を別に示す。アンプルはどれか。
画像

No.77

アンプルの特徴はどれか。

No.78

薬物の保存の写真を別に示す。細菌の混入を防ぐ目的のものはどれか。
画像

No.79

受容体と遮断薬との組み合わせで正しいのはどれか。

No.80

正しい組み合わせはどれか。

No.81

交感・副交感神経の模式図を示す。ノルアドレナリンが作用する部位はどれか。
画像

No.82

末梢神経を模式図に示す。この神経の作用はどれか。
画像

No.83

副交感神経遮断薬はどれか。

No.84

アナフィラキシーショックによる呼吸困難やチアノーゼに対して投与すべき薬物はどれか。

No.85

アナフィラキシーショックの治療で用いられるのはどれか。

No.86

自律神経系および運動神経系の伝達様式を模式図に示す。アトロピンによって遮断される受容体はどれか。
画像

No.87

ムスカリン性アセチルコリン受容体に対する薬物Aの作用を模式図に示す。薬物Aはどれか。
画像

No.88

神経細胞の活動電位発生時のイオン透過性の変化を図に示す。各イオンの細胞内流入および細胞外流出について①と②の組み合わせで正しいのはどれか。
画像

No.89

膜電位と刺激強度を図に示す。閾値はどれか。
画像

No.90

ジアゼパムを使用した時の細胞内外のイオンの動きを模式図に示す。①はどれか。
画像

No.91

吸入麻酔薬はどれか。

No.92

中枢神経系に作用する薬物と薬物分類との組み合わせで正しいのはどれか。

No.93

中枢神経系に作用する薬物はどれか。2つ選べ。

No.94

抗不安薬はどれか。

No.95

一次止血の過程で活性化されるのはどれか。

No.96

一次止血でみられるのはどれか。

No.97

局所性止血薬はどれか。

No.98

局所に適用される止血薬はどれか。

No.99

血管壁を強化する薬物はどれか。

No.100

全身性に投与する止血薬はどれか。

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta