暗記メーカー

カテゴリ

  • 資格(財務、金融)
  • 資格(IT)
  • 資格(医療系)
  • 資格(不動産系)
  • 資格(法務系)
  • 資格(工業系)
  • 語学

医学・科学

問題数12


No.1

運動時に見られる腹部症状は女性よりも男性で少なくみられる。

No.2

ランニング運動よりもサイクリングのほうが腹部症状が多くみられる。

No.3

運動時の腹痛予防策として、運動中のこまめな水分補給が効果的である。

No.4

試合や練習前にイモ類の摂取量を増やすことで運動中の腹部症状を予防できる。

No.5

長距離走者の80〜90%がレース中の激しい腹痛を経験している。

No.6

一本の神経で複数の筋線維を支配している。

No.7

〇〇の運動単位に含まれる筋線維数は300〜800本である。

No.8

大声で神経細胞の興奮が高まり、筋収縮力の増加につながることもある。

No.9

全身反応時間が短縮するのは、興奮が伝わる際に介するシナプスが少なくなるからである。

No.10

適切な負荷を筋肉にかけると、トレーニング開始から数ヶ月は神経-筋単位の増加による筋力の向上が見られる。

No.11

最大酸素摂取能力を規定する要因

No.12

女性競技者ではHb<11g/doであれば貧血の可能性が高い。

No.13

非貧血時と比較して、一般的に心拍出量は減少する。

No.14

血清フェリチンはヘモグロビンよりも先に低下する。

No.15

ヘモグロビンは貯蔵鉄よりも先に低下する。

No.16

ビタミンCは鉄吸収を阻害する。

No.17

筋線維組成には遺伝的要素が強く影響するがトレーニングでも筋線維タイプの移行が見られる。

No.18

陸上競技短距離選手の外側広筋には、速筋線維の割合が高い。

No.19

50m爽の速度を12分間走の速度の差からおよその筋線維組成を推定できる。

No.20

運動時腹部症状は、女性よりも男性で少なくみられる。

No.21

運動時腹部症状は、ランニングよりもサイクリングで多くみられる。

No.22

長距離走者の80〜90%の人がレース中の激しい腹痛を経験している。

No.23

最大酸素摂取量を規定する要因

No.24

非貧血時と比較して、一般的に心拍出量は減少する。

No.25

血清フェリチンはヘモグロビンよりも先に低下する。

No.26

ヘモグロビンは貯蔵鉄よりも先に低下する。

No.27

ビタミンCは鉄吸収を阻害する。

No.28

過換気症候群では器質的疾患を除外することが最も大切である。

No.29

一般的に若年の男性に多い。

No.30

過換気症候群は一般的に若年の男性に多い。

No.31

糖尿病患者における運動禁忌について

About

よくある質問

お問い合わせ

運営会社

Copyright @2021 ke-ta